心理カウンセラーは患者のストレスを取り除いてあげる仕事

日本人の多くは深いストレスを抱えていますが、それを取り除いてあげるのが心理カウンセラーのお仕事です。

ここでは心理カウンセラーとして、様々なストレス解消方法についてまとめています。

ストレス解消のきっかけを与える心理カウンセラー

心理カウンセラーは、人間が抱えているストレスを、少しでも和らげるきっかけを与える大切な役割を果たします。現代人は、ストレスと共存しているといっても過言でない程に、何らかの悩みや不安といった懸案事項を抱えて生活しています。

それらを生きるための励みと捉えずに、重くのしかかるものと位置付けていますと、いつの間にか精神面で大きな影響を与えてしまうことがあります。

心理カウンセラーは、日々向かい合う、物事に対する捉え方や接し方を見直すきっかけを与えます。まず、本人の性格や置かれている立場、環境などから、どのような思考をおこなっているのかについて分析していきます。その考え方の傾向に対して、改善方法を提案します。

相談者としては、このストレスを何とか改善したいという思いで、心理カウンセラーのカウンセリングを受けに来ている訳ですが、心理カウンセラーのアドバイスをなかなか受け入れられずに抵抗を感じることもあります。

その固く閉ざされた殻を打ち破るべく、心理カウンセラーは本人の考え方を少しづつ軟化させていきます。

多くの相談者は、ストレス解消策を頭でわかっていても、心理カウンセラーの後押しを待っています。そのアドバイスに基づく行動こそが、生き方の見直しにつながっていきます。

心理カウンセラーを利用してストレス解消

仕事や隣近所とのお付き合いなど、人間関係には何かとストレスがつきものです。上司から無理な仕事を押しつけられたり、部下は言うことを聞かなかったり、また両者の板挟みになって辛い思いをすることもあるでしょう。また、口うるさい近所の人との付き合いなどにはとても気を使うものです。

そのように、毎日こつこつとためこんだ日常生活の小さなストレスは、ある日突然爆発してしまうことがあります。普段温和な人ほど、怒った時にはすさまじく感情が爆発するものですが、そのようなことを防ぐためには、日頃からストレス解消に努めることが大切です。

しかし、身近にはなかなか相談できる人がいない、という人は少なくありません。家族や友人に心配をかけたくないために、かえって彼らには悩みを打ち明けられない、ということが多いのです。

そのような時には、心理カウンセラーを頼ってストレス解消することを考えましょう。心理カウンセラーは、人のあらゆる悩みに対応してくれるので、どんなことでも相談できる心強い存在です。

医者にかかるほどではないが、何となく気分がすぐれない、というような状態の時こそ、心理カウンセラーに相談して、日頃の元気な状態を取り戻したいものです。

セラピストと心理カウンセラー その違いとは

セラピストと心理カウンセラー、どちらもなんとなく「心を癒やすお仕事」といった印象の言葉ではありますが、その2つにはどのような違いがあるのでしょうか。

セラピストとは、不安定な精神状態を治療するセラピー、療法を行う人のことです。薬などを用いず、様々な方法で患者さんの心に働きかける癒やしを与えます。フラワーセラピー、アロマテラピー、ドッグセラピー、その治療法は様々です。

精神の内側から癒していく、例えるならば心の「内科治療」だといえます。心理カウンセラーとは、対話によるカウンセリングを行い、心の中に抱えた問題を引き出し切り分け解決に導いていくという、いわば「外科治療」のようなものです。

はっきりと分かる悩み事から、本人も自覚しないまま抱え込んだ問題まで、根本的に解決しようと試みるのが心理カウンセラーの仕事です。広義の「サイコセラピー」、つまり心理療法は対話によるカウンセリングを伴うものもあり、双方はあまりはっきりとした区別がされない場合もあります。

しかし、どちらも悩み多き現代社会において、大切な役割を果たすものでしょう。適切な治療を受けることで、より多くの人が楽に生きられることを望んでやみません。

アロマを使った心理カウンセラーについて

アロマを使った心理カウンセリングが今、注目されています。実際に、この方法を取り入れている心理カウンセラーの方が、とても増えてきております。心理カウンセリングに、アロマを併用することで、リラックスした気分になれて、心の中に貯まってしまった不要なものを浄化していく効果があります。

アロマには、さまざまな症状に対して、いろいろな効果が期待されています。アロマを使った心理カウンセリングは、実際にカウンセリングを受けた人の、心の中のモヤモヤしていた気持ちを癒してくれる不思議な効果があります。

優しくて、ほっとするような香りに包まれながらカウンセリングを受けることで、よりリラックスでき、閉ざされていた気持ちがどんどん癒やされていきます。

心理カウンセラーの方が、ゆっくりと話を聞いてあげて、カウンセリングを受けている人の状態に合った香りを選んであげることで、よりリラックスさせる効果があります。

家庭でのストレス、職場の人間関係でのストレス、人生の中での様々な悩みで、心が疲れてしまった方、傷ついてしまった方の心をケアしてあげるために、このアロマを使った心理カウンセラーは、とても効果があり、今、とても注目されている方法です。

ボードゲームから新しい発見がある心理カウンセラーの経験

心理カウンセラーは繊細な仕事ですし、僅かな違いから状況を把握する技術がありますから、ボードゲームも心理を探る道具になりますし、問題解決に役立つツールとして活用出来る能力を持ちます。

ボードゲームは遊びの道具ですが、心理カウンセラーにとってはカウンセリングに活用出来る強力な方法ですし、様々な心理カウンセラーのテクニックを身に付ける事が出来れば、複数を組み合わせたり効果的な方法を選択する事が可能になります。

学びに無駄はないので、心理カウンセラーは常に学ぶ姿勢が必要ですし、ボードゲームを活用する事も一つの方法になりますから、多くの事から小さな事でも学び取る事にセンスが必要です。

頭脳のセンサーにある感度を磨き常に情報に目を向ける事で、新たな発見や感動が得られる結果になり、ボードゲームの様なテクニックを身に付ける事が出来れば、技術として身に付き価値を発揮出来る機会に備えられます。

準備は常に必要ですから、必要な場面で役立てる備えが欠かせませんし、心理カウンセラーにも多様な応用力や柔軟性が結果に結び付くので、役立つ情報は多く吸収する事が肝心です。

ボードゲームが役に立つのかと疑問に思う場合は、工夫を行い役立たせる方向に力を注ぐ事が有意義ですし、現場で活用出来る可能性を確かめる事も仕事として行えます。

心理カウンセラーになるメリットとは

心理カウンセラーは相手の話を聞く仕事ですから、聞き上手になれるメリットがありますし、話から心理を分析する事により、内面に抱える問題点を発見する事が出来ます。

仕事の選択に幅が持てる事もメリットなので、心理カウンセラーとしての学ぶ姿勢は無駄になる事はなく、何らかの形で仕事に結び付ける事は出来ますから、長期的に見て選択肢が増やせます。

自己の内面も客観的に見る事が出来るので、心理カウンセラーの技術を学ぶ事で、自身の状態を冷静に把握出来る様になり、精神的な負担が大きい状況であっても、乗り越えられるスキルを手に出来る点もメリットです。

新しい分野を学ぶ事には少なからずメリットがあり、物事の見方が変わる事も大きな変化ですから、良くない状況に陥った場合であっても、抜け出す事が出来る力を身に付けられます。

心理カウンセラーになる事は一つの選択肢ですから、誰かの役に立てる仕事の一つですし、社会的に担える役割は小さくないので、困った人にとって大きな存在となれます。

メリットだけが心理カウンセラーに存在するとは限りませんが、時間を掛けて学ぶ事に意味はあり、活用出来る技術を得られる事によって、自信や他者にも役立てる人材に変われます。