心理カウンセラーの通信講座と通信大学の違いなど

心理カウンセラーの資格を取る場合に、通信講座や通信大学を選ぶ人も多いでしょう。

ここでは通信講座と通信大学の違いや専門性、文系理系のどちらかが良いのかなどについてを詳しくまとめています。

心理カウンセラーの通信講座について

心理カウンセラーは国家資格ではないのですが、一定の知識、経験を証明するために資格を保有している方が信頼性があるので、民間資格が数多く存在しています。

心理カウンセラーは民間の団体が出していますがそれぞれ求める基準が異なるので、自分が将来どんな職業のカウンセラーになりたいのか、企業内で働くのか、将来独立を考えているのかにより選ぶ必要がります。

心理カウンセラーになるための通信講座は民間の団体が個別に用意しているところの資格専門会社が取り扱っている場合もあります。

取得できる資格により費用と学習期間が異なりますが、6万円で4か月や4年で30万円と幅があるので、目的にあわせて、お好きな通信講座を選べます。

通信講座では複数の課題を解いて添削してもらうスタイルが一般的ですが、カウンセリングの実習やスクーリングを実施するところもあります。

インターネットを利用したeラーニングも取り入れている講座もあるので、質問もその場でメールを出すことができ、回答もすぐにもらえることも可能なので便利です。通信講座と資格受験がセットになってる講座もあり、自宅にいて資格試験を受験することもできます。

応用問題が主なので、テキストを見て回答しても問題ありません。卒業後もアフターフォローしてくれる通信講座もあり、就職の世話もしてくれるので助かります。

心理カウンセラーになるために通信大学を卒業しよう

心理カウンセラーは心を病んでいる人を相手にしなければなりません。そういう人達を相手にするのは想像以上に難しいといえます。そのため、十分に必要な治療を施せるようになるには専門知識や専門スキルが必要ですが、特に国家資格を取得しなくてもよいです。

なぜなら国家資格が存在しないからです。それではどうしたらよいかと言うと、大学の心理学部を卒業すればよいのです。それが資格代わりになります。4年制の大学を卒業するのが一般的ですが、最近では通信大学を卒業して心理カウンセラーになる人も増えています。

ただし、卒業後は実際に経験を積む必要があります。医師と違い、国家資格が存在しないため、実際にどれだけの専門知識や専門スキルを有しているかが重要になるのです。そのため、通信大学を卒業した後は、近くの精神科で下働きして経験を積むといいでしょう。

精神科医に教えを仰ぎ、カウンセラーとしての礎を気付くのです。精神科医にはなれませんが、日常的に多くの経験を積むことができるため、大きな第一歩になることでしょう。心理カウンセラーになるには通信大学を卒業すれば良いですが、その後の経験を積むためには、通信では不可能なので、実際に足を運びましょう。

中学生の悩み、心理カウンセラーに相談

中学生は非常に多感な時期であり、話ができる人とできない人を本能的に判断します。悩みや心配事を話しやすい人というのは、この時期は大抵が友達になりますが、中には人付き合いの苦手な子供もいます。

小学校のうちに、6年間かけて積み上げてきた人間関係が、入学と同時に新しく変わるのは不安な事でしょう。中学生の不安な気持ちや悩みを相談できる人が、親や先生ならうれしいことですが、そうではない場合が多いのが現状です。

そんな時に、気軽に心理カウンセラーのような人に相談できるなら、気が楽になるのではないでしょうか。中学生になると、人間関係も難しくなり、親や先生との関係がうまくいかなくなる場合もあります。

子供も大人もどうしていいかわからなくなり、矛先が定まらないと、非行にはしったり、いじめの加害者になってしまったり、自殺という最悪の事態に陥ってしまうことになりかねません。そんな時、心理カウンセラーの存在があれば、救われる人は多いのではないでしょうか。

話をきいてもらえるということは、それだけで安心感が生まれ、聞いてもらううちに心も満たされてきます。そして話の聞き手が、心理カウンセラーから親、先生、子供に変わる時がくるでしょう。

専門性が求められる心理カウンセラーについて

近ごろでは、さまざまな場面で多くの人の心のケアを行う心理カウンセラーの需要が高まってきています。小中学校や高校、大学などの教育機関には、スクールカウンセラーが常駐している学校も年々増えてきています。

また、地域福祉を担っている障害者福祉施設や老人福祉施設などにおいても、悩みや不安な気持ちを親身になって聞いてくれる心理カウンセラーの存在は非常に大きいといえます。人々の心に寄り添い相談を受ける心理カウンセラーには、高い専門性が求められています。

大学などで心理学を学び、カウンセリングの専門知識やスキルを身に付けることが重要です。また、相手の気持ちを落ち着けて、ゆったりとした心で悩みや心配事を打ち明けることができるようさまざまな配慮を行うことも必要となります。

根気強く患者の気持ちに寄り添うことのできる心理カウンセラーは、多くの人々から非常に厚い信頼を得ているのです。心理カウンセラーには、人の心に関わる専門職として、高い倫理観や受容の精神が求められます。守秘義務に関してもしっかりとした対応がとれる専門性が必要な仕事といえます。

多くの人々から頼られる心強い心理のスペシャリストとして親しまれているのです。

文系でもなれる?心理カウンセラー

心理カウンセラーの勉強をしたいんだけど、自分は文系だけどついていけるかなあ、と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。大学は全然関係のない学部だったんだけど今から勉強できますか、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

心理カウンセラーの勉強をしていると、文系、理系というくくりではくくれない幅広い勉強をすることに気づきます。たとえば、理論を学んだり、歴史や法律を学んだりという点は文系の範疇と言えるかもしれません。ですから文系だったあなたであればそれほど心配はないでしょう。

ではどういう点が心配なのか、おそらく研究のため統計の知識がいるのではないか、あるいは医学てきな知識は理系でないとついていけないのではないかという点があるのではないでしょうか。こういった心配もごもっともですが、それほど心配はいらないのではないかと思います。

まず心理カウンセラーの勉強ではそれこそ大学にでも進もうというレベルでない限り統計の知識は求められません。また医学の地誌といっても実際に治療をするのはお医者さんですからそのお医者さんに繋ぐことができるようなレベルの知識で十分対応できます。

自分は文系だから、と決め付けずもし興味があるのでしたら是非心理カウンセラーの勉強をしてみてください。

心理カウンセラーになるための文理選択

文理選択は大学や学科を選ぶ上でとても大切なポイントなのでしっかり考えて決めたいところです。心理カウンセラーになるには、心理系の学科で勉強するのが一般的と言われています。日本では心理系の学科はほとんど文系の学部にあるので、文系に進む方も多いでしょう。

しかし実際は理系でも心理カウンセラーとして活躍されている方もいます。実際に心理学を学ぶ中では、統計学が必須ですし、生理心理学、神経心理学など実験系の心理学では、生物、物理などの研究のアプローチとして理系の要素がかなり必要とされます。

心理カウンセラーと一口に言っても、産業カウンセラー、スクールカウンセラー、 臨床心理士など様々な種類があります。また、心理カウンセラーの領域には、数多くの任意資格があるので必要になる知識や臨床経験も多岐にわたります。

まずはどんな種類のカウンセラーになりたいかを決めてから学科選び、文理選択をすると良いでしょう。しかしながら一度文理選択をしてしまったら後戻りできないという訳ではありません。

例えば臨床心理士の場合ですと、受験資格に「医師免許取得者で、取得後2年以上の心理臨床経験を有する者。」という項がありますので、まずは医学部に進むという選択肢もあるのです。