働きながら社会福祉士になるにはどうするべきか

社会福祉士は国家資格なので、学生から社会人まで幅広い層に人が資格の取得をしたいと思っています。

ここでは働きながら社会福祉士の資格を取るためにするべきことをまとめています。

働きながら社会福祉士を取得するには

社会福祉士になるには福祉系の大学や短大を卒業すことが条件になっていますが、学歴がない人は受験できないわけではありませんので、働きながら試験合格を目指すことも可能です。

学歴がない人の場合、あくまでも実務経験があることを条件としていますが、一般養成施設に通い学ぶ必要があります。全日制や夜間制もありますし通信制もありますが、それぞれに必要な修学期間は異なっています。

大学や短大を卒業している人でも受験資格がない場合がありますが、その場合には短期養成施設に通い学ぶ必要があります。どちらも社会福祉士の受験資格を働きながら持つことが可能ですから、指定の学歴がなくても取得の道はあります。

社会福祉士は指定の大学を卒業しなくても受験の道がありますので、大学に行かなくても取得は可能です。高卒でも相談支援業務の経験が5年以上あり一般養成施設の課程を終えれば受験できますので、それぞれにあった道で取得が可能です。

社会福祉士は資格がなくてもできる業務ですから、指定の大学を卒業しなくても受験できる道があります。しかし資格がなくてもできる業務ですから、資格を取得しても能力がなければ続けていくことができない業務となります。

社会福祉士取得後の働き方とは

資格取得後の社会福祉士の働き方ですが、福祉分野に関する専門知識を豊富に持つ社会福祉士には何らかの問題で安定した生活を送れなくなってしまった方の相談を受け、その相談者に最も適切であると思われる解決策を提案することが求められます。

そのため社会福祉士の資格を取得した後は、民間もしくは公営の福祉士施設に所属して、その相談窓口業務を行ったり、市町村の福祉関連業務の窓口を担当したり、各老人ホームに勤務したりといった福祉施設で仕事をするのが一般的な働き方になります。

これ以外でも社会福祉士としての職場はいくつか存在しますし、高齢化社会となった日本では今後も福祉関連の業務は増え続けると思われるので、社会福祉士の資格に対する需要は今後も増え続けるでしょう。

ただし、福祉関係の知識を多く持つ社会福祉士はどの業務についたとしても、業務外の仕事について相談や依頼を受けることが多いと思いますので、できるからとって何でも任されてしまうようになって倒れてしまわないように、就職先を決める前に自分はこの資格を利用してどのような仕事をしたいのか。

自分の生活に合った勤務形態とはどのようなものかといった細かい部分についても決めておいた方が良いでしょう。

社会福祉士の働き口について

社会福祉士になりたいと思っている場合、働き口はどのようなところがあるのだろうと疑問に思うことは、当然のことです。きちんと知っておくことで、就職する時などに役立てることが出来るでしょう。社会福祉士は介護関係の働き口があります。

高齢者福祉施設やグループホーム、地域包括支援センター、ケアハウス、短期入所型施設などです。介護を必要としている施設で、施設を利用したいと考える人たちに対してアドバイスをしたり、相談を受けたりすることが業務になってきます。

社会福祉士は医療の現場でも働き口があります。医療の現場の主なところでは総合病院などです。総合病院では、医療保険の説明をすることがありますし、患者からの相談を受けたりアドバイスをしたりします。

社会福祉士は福祉の現場でも働き口があります。福祉協議会などにおいて、地域の人々からの相談を受けたりします。その他、社会福祉士が働くことが出来る場所としては、知的障害者福祉施設、母子支援施設、児童相談所、身体障害者福祉施設、精神障害者福祉施設などがあります。

このように、社会福祉士の働き口は多種多様な場所があります。職場によって業務の内容も異なってきますが、基本的には利用者の相談を受けることが仕事です。

社会福祉士の仕事を派遣で探すメリット

社会福祉士とは、高齢者や障がい者、福祉サービスを必要とする人に対して、福祉に関する相談やアドバイスを行う人のことです。国家資格であり、福祉業界では広く知られた資格です。専門的な知識と相談技術が必要で、福祉社会を支える専門職として、行政機関、高齢者福祉、児童福祉、また医療機関や民間企業まで働く場所は多いです。

高齢化社会の現代において、介護、福祉の利用者は多も多く、ニーズも高いです。社会福祉士の資格を持ち、その分野での仕事をお探しなら、専門分野に強い派遣会社を選ぶことがおすすめです。
専門分野の派遣会社で仕事を探すことのメリットは、その分野の情報を多く保有し、その分野の知識を持つスタッフが仕事を紹介してくれるからです。

社会福祉士としての経歴をお持ちなら、経験やスキルを生かせるようスタッフがフォローしてくれます。また、派遣で働く理由として、家事などと両立しやすい、自分の勤務体系や勤務時間など希望条件に合ったところを探すことができる、ということが挙げられます。

雇用契約が派遣会社となるので、勤務先ではなく派遣会社から給与が支払われ、仕事を始めた後も就業条件などの交渉はスタッフがフォローしてくれます。

社会福祉士で副業はできるのか

最近、介護や福祉の現場は大変注目を浴びる分野になっています。その理由は様々ですが、一つは結婚の晩婚化に伴い、女性が一生のうちに、出産する回数が昔に比べると確実に下がっているという事が一つの原因となっています。

また、人口は増えないのに、高齢者の割合は増える為、将来、高齢者をケアする施設等の不足などの深刻な問題が出る可能性は高いです。このような中で、少しでも多くの人が、介護や福祉の現場で活躍できる人材になるように、国は積極的な施策をとる事が必要です。

介護や福祉の現場で活躍できる資格の一つに、社会福祉士の資格があります。これは、国家試験を受験する必要がありますが、とても幅広い仕事ができるチャンスです。社会福祉士を目指すためには、専門学校や大学などでカリキュラムをしっかりと受講する事が一番大切です。

社会福祉士の仕事内容としては、身体上あるいは、精神上障害のある人を、介護の現場のスタッフと連携して、あらゆるケアをするという内容です。橋渡し的な役割をになっているので、現場でも幅広い活躍をする必要があります。

また、社会福祉士という職業は副業などではなく本業でしっかりと働く事が条件になります。また、副業は禁止されている学校なども多いので気をつけると良いです。