社会福祉士は必要がある職業なのか

介護や福祉の現場では、非常に似たような職業が沢山あります。

その中でも社会福祉士は相談業務が主な仕事であり、実際に必要なのかどうかが議論されていますが、実際はどうなのでしょうか。まとめてみました。

助けが必要な人のために働く社会福祉士

社会福祉士は、さまざまな理由で、自力での生活が困難な場合や手助けが必要な人を支援する仕事をしています。助けが必要な人から話を聞いたり、状況を把握したりして、解決策を考えるのです。公的機関などの支援が必要と判断すれば、その機関に連絡を入れて調整を行うこともします。

援助が必要な人に対して、具体的にどのように支援するかの計画を立てる中心的な役割を担っています。今後、高齢化などが進めば、さらにこのような支援を必要とする人は増えると予想されます。
それに伴い、社会福祉士の資格が活かせる仕事も、今後増えていくと予想されます。

福祉関係の仕事というと、公的なものを思い浮かべる人も多いようですが、民間施設の仕事も多くあります。在宅ケア会社や病院、老人ホームなどでも社会福祉士の資格が活かせる求人が多くあります。

具体的な仕事の内容は、職場によってさまざまです。希望の仕事ある場合、あらかじめ仕事の内容を調べておきます。収入に関しても、働く職場によって異なります。職場によっては、公務員としての扱いとなります。

その場合、公務員の給与規定が適用されます。ただし、資格があることで、資格がない人に比べて給与が高くなる職場が多い傾向にあります。

高齢化社会の進展で社会福祉士の必要性は高くなる

いま、わが国では世界でも例を見ないような高齢化社会が進展しています。高齢化が進むということは、それだけお年寄りの数が多くなるということを意味します。これは最近の統計を見てもよく分かることなのですが、実に全人口の25%以上が65歳以上の高齢者なのです。

つまり国民4人に1人が高齢者ということになるのです。お年寄りが多いということは、介護が必要になる人が増えることを意味します。そうした介護の一端を担うのが社会福祉士なのです。なぜなら、社会福祉士の職務には、高齢者などの日常生活に支障がある人に対して、相談に乗ったり、助言や指導を行うケースワーカーとしての任務があるからです。

また、高齢者だけでなく、障害者や子どもに対するケアの仕事も職務範囲に入っています。こうしたことを考えれば、社会福祉士の仕事は、ここしばらくは増えることはあっても減ることはないでしょう。

高齢化社会は、少なくても今後20年間は続くと予想されています。こうした状況にあって、経済格差が広がる現代社会では、経済的弱者の増加は必至と考えられており、公的な支えが必要な老人は増加の一途をたどると予想されています。

それ故に社会福祉の一翼を担う社会福祉士の必要性は今後益々高くなってくるのです。このように今後必要性が高まることが必至と考えられている社会福祉士こそ、ヤリガイのある仕事ではないでしょうか。

社会福祉士になった時の魅力

社会福祉士は、高齢者や障害を持っている方の悩みに対応し、一緒に解決に向けて歩んでいける魅力が存在しています。高齢者の方や障害がある方は、生活を送る上での悩みを感じやすくなってきますが、この悩みに対応して生活しやすい環境を整えられるようになるのです。

困っている方の役に立ちたいという希望を持たれている方も、満足して働けるようになるでしょう。また、社会福祉士は国家資格になるため、就職先が見つけやすくなる魅力も存在しています。
仕事を見つけたいと思っても、資格を持っていない限り条件に合う仕事を見つけることはできません。

社会福祉士は、福祉の専門的な知識を持っていることもあり、全国で求人を見つけられるようになるのです。福祉施設から医療機関まで、就職できる職場は多くなってくるため、仕事が見つからない悩みを感じることもなくなってくるでしょう。

社会福祉士には、人の役に立てる魅力とともに、就職もしやすくなるメリットが存在しています。年齢にかかわらずに長く仕事を行いたいと感じたときにも適していますし、結婚した後も、人の役に立ちながら働くことができますので、社会福祉士として働くために必要になる知識を学んでみるとよいでしょう。

社会福祉士の役割とはなにか

社会福祉士とは、高齢者や障害を抱える方など福祉サービスを必要とする人の相談にのり、助言や援助を行う仕事のことです。また、医療その他の保健医療サービスを提供したり、サービスに関わる機関の人と連携をとったりする役割も抱えています。

活動領域は行政機関から民間企業までと幅広く、児童相談所などの行政、知的障害者施設や地域活動支援センターなどの障害者福祉、病院や保健所など保健・医療、老人ホームなど高齢者福祉、母子生活支援施設など児童・家庭福祉などに関わる機関で様々に活躍することが可能です。

社会福祉士は国家資格であるため、社会福祉士国家試験に合格しなくてはなりません。現代は超高齢社会ということもあり、社会的な格差や経済的な問題から公的な支援が必要となるお年寄りは増えると予測されています。

そのため、以前は社会福祉全般を対象として働いていた社会福祉士の役割は、高齢者よりにシフトしつつあります。高齢者が増えている中で、福祉施設と各自治体や病院の連携がスムーズに行われているかなど、その社会福祉士が介入するべき仕事は多くあります。

職場によって立ち位置は様々となりますが、利用者の視点に立ち、求められるサービスを円滑に提供していくことが、社会福祉士の役割であるといえます。

社会福祉士のやりがいについて

社会福祉士は、不景気のなかでも人気の国家資格となっています。具体的な仕事内容はというと、介護サービスを受けていたり、日々の生活に対して不安を覚えておられる方々の心の悩みに寄り添い、相談などを受け、社会福祉に関する専門的な技術や知識など駆使することによって、相談者に対してアドバイスなどを行います。

そしてアドバイスの結果、相談者の方が抱えておられる問題を解決することを目的としています。

悩みや状況がそれぞれ異なる相談者の悩みや状況などを聞くことにより正確に把握したうえで、問題を解決するためにあらゆる方法を分析し、専門的な技術や知識を用いて、その相談者に適した方法をアドバイスし、問題の解決へと導くことが非常に大切になってきます。

社会福祉士のやりがいとしては、相談者の方の心の悩みやなどを取り除き、相談者の日々の生活を改善することができるので、悩みが解決した相談者から笑顔感謝され、相談者の役に立っている実感が大きいことが挙げられます。人の役に立っていると大きく実感がわき、やりがいのある仕事がこの社会福祉士です。

また社会福祉士は、世代も広く様々な人々にあらゆる福祉のサービスを行うため、社会貢献度が高い点もやりがいの1つですし、国家資格で一生働くことができ、福祉施設や医療機関など様々なフィールドで働くことができる点もやりがいとなります。

役に立たない人材を雇うことを防げる社会福祉士の資格

社会福祉士は、高齢や障害などがあったり、環境が原因となったりして、日常生活をおくるのが大変な人の相談にのり、アドバイスや指導などを行います。また、必要に応じて医療機関や福祉機関などと連絡をとり、適切な援助が受けられるように手配を行います。

社会福祉士は国家資格であり、受験するには一定の条件をクリアしている必要があります。資格がとれても、実際の現場で役に立たない資格では困ります。それを防ぐためにも、一定の条件をクリアしている必要があるのです。社会福祉士は国家資格ではありますが、医師や弁護士とはやや異なる部分があります。

医師や弁護士は業務独占の資格であり、資格のない人が名称を使ったり、その仕事を行うことはできません。それに対し、社会福祉士は、名称独占であり、資格のない人がその名称を名乗ることはできませんが、同じ内容の仕事をすることに関しては問題がありません。

しかし、資格のない、何の知識もない人がその仕事に就いても、役に立たない可能性もあります。そうならないために、雇用する時に社会福祉士の資格がある人を雇うという施設や会社も多くあります。
このような福祉関係の仕事では、有利な資格ということができます。