社会福祉士は簡単に取得可能なのか

社会福祉士は国家資格なので、国家試験に合格しなければ資格が取得できませんし、働くことも出来ません。

では、社会福祉士の国家試験は簡単なのか難しいのか調べてみました。

社会福祉士は簡単に取得できる国家資格です

超高齢化社会をむかえ、社会福祉に関する関心が高まっています。高齢者を含む社会的弱者を救うべく、様々な専門職の活躍が期待されています。中でも注目されているのが社会福祉士という国家資格です。

社会福祉士は介護支援専門員や介護福祉士より認知度の低い専門職です。どのような業務を行い、どのように社会貢献をしているのか分かりにくいというのが要因と言われています。また、大学などの高等教育機関でしか社会福祉士の資格を取得できないというイメージも強いようです。

しかし、社会福祉士の資格取得はイメージより遥かに簡単です。今では通信教育のシステムが構築されていますので、介護などの実務経験がない方でも、社会福祉士の資格取得試験を受けることが可能となりました。

現場での実習は不可欠ですが、通信講座を提供している学校が相談になってくれます。手続きなども簡単に行えますので、興味のある方は説明会などに参加してみましょう。

社会福祉士が介護施設などの配置基準に含まれる時代がすぐそこに来ていると考えられています。社会資源の活用や、制度や法律を熟知している専門職が、今後ますます必要とされる時代が迫っているからです。専門職として社会貢献できる国家資格の一つであることは間違いありません。

社会福祉士の受験支援サイトの一問一答形式の問題

社会福祉士の資格取得のための筆記試験対策として、一問一答形式の学習を取り入れているサイトがあります。スマートフォンやタブレットなどの端末から、空き時間を利用して自由にアクセスすることが出来る便利さがあることから、利用する受験者の数も増えています。

独学による社会福祉士の資格取得の勉強をおこなう場合、単に問題集を片っ端から解いていくだけで、合格のための要件は整っていくものなのかどうかは、判断の難しさがあります。定期的に模擬試験に挑戦する以外は、日々の進捗状況を把握する手立てがありません。不安の中での受験勉強では、知識も身につきにくくなります。

サイトからは、毎日、厳選された一問一答形式の問題が配信されます。最新の傾向を加味した問題になりますので、正誤にかかわらず、解いていくたびに安心感を得ることができます。

同時に、採点に基づく解説も既成のものとは異なりますので、苦手とする分野のマスターの仕方にも、独学では決して得ることができない方法が身につきます。

一問一答形式のサイトは、社会福祉士の資格取得の方法のひとつとしてとらえて、他の通信講座などと併用することも可能ですので、多角的な学習方法が展開できます。

社会福祉士合格は暗記だけでなく実務等も活用

社会福祉士試験を合格するには、試験科目の暗記は必要不可欠です。しかし、社会福祉士を受験するには受験資格が必要であり、福祉系の4年制大学等で指定科目を履修した場合を除いて、実務経験や養成施設での研修等が必要になります。

つまり、試験科目の暗記もしつつ、実務経験や養成施設での研修等を活用して、短期合格をすることが賢い方法論です。

そもそも、社会福祉士試験に受験試験資格を設けていることを冷静に考えた場合、大学での指定科目や基礎科目の履修に加えて、実務経験や養成施設での研修等の経験が社会福祉士の仕事に役立つからです。つまり、暗記も重要ですが、実務経験や養成施設での研修等の経験も重要なので、その経験を試験に反映させる要領の良さも必要です。

即ち、社会福祉士試験に受験試験資格を設けなければ「暗記が得意で学習能力がある人が合格可能」です。しかし、この試験に受験試験資格を設けていること自体、福祉系の4年制大学等で指定科目を履修した場合を除いて、実務経験や養成施設での研修等を非常に重要視しているという事なのです。

言い換えれば、社会福祉士は社会福祉関係の最高峰の資格だからこそ、試験科目の暗記に加えて、実務経験や養成施設での研修等も重視している実務型の資格なのです。

社会福祉士合格には専門科目の克服が近道です

社会福祉士試験の専門科目は、普段の生活の中で接する機会があまりないため、苦手意識を持っている人がいることも事実です。特に、「権利擁護と成年後見制度」などは、その典型です。そして、社会福祉士試験では、共通科目と専門科目の中で「0点の科目」があると、原則として合格できないシステムになっています。

つまり、午後の専門科目をしっかり学習して「得点源にする」とか「得意科目にする」意識が必要です。もちろん、社会福祉士合格後、実務の世界で必要不可欠な分野なので、「実務の土台作り」という意識で専門科目を克服するのも有効な方法です。

ところで、社会福祉士受験生の多くが、中央法規の専門知識を網羅した参考書「社会福祉士国家試験受験ワークブック2014」、そして、休憩時間でも勉強できることが大きな魅力の「過去問 一問一答+α」を専門科目の学習に利用しています。

つまり、参考書を通読し、一問一答式の過去問を解いて知識が定着したかを確認し、間違ったら参考書にマーキングするという方法論を実践することが可能なのです。特に、一問一答式の過去問は電車の中や休憩時間等の「短い時間を上手に有効活用して知識の確認ができる」ことから評価が高い内容になっています。

社会福祉士の資格取得対策について

社会福祉士の資格取得のための対策は、個々人の置かれた立場によって異なってきます。最低限の受験資格を備えていることはいうまでもありません。ネックとなる筆記試験を突破することが、当面の課題となります。

福祉関係の学校や養成所に通学中であれば、学校が主催する、社会福祉士資格取得対策の講座を設けている場合があります。特に、夏季休暇などの時間を利用して、短期集中的に取り組むことができます。友人との進捗度合いの確認や、出題傾向の最新情報などの入手のしやすさがあります。

既に社会人として別の仕事に就いており、新たに社会福祉士の資格を身につけることで、仕事の幅を広げようとしている人も大勢います。仕事の傍での学習になりますので、通学する時間の確保に難しさが伴います。

この場合、自宅での独学以外に、通信講座による添削指導を利用しているケースが多くあります。学習に割くことができる時間の少なさを考慮した、効率的なカリキュラムが組まれています。

どのような場合も、事前に模擬試験に挑戦して、苦手部分の把握、全体としての達成度合いを確認しておくことが大切です。また、実技面に関する内容の筆記試験になりますと、イメージがとらえにくい場合などは、セミナーや研修会に参加してみることで実感がわいてきます。