社会福祉士の求人の探し方

社会福祉士は国家資格なので、取得したら就職に非常に有利になります。

しかし、条件のいい求人を探せられるかどうかは自分次第ですが、ここでは社会福祉士の求人の探し方についてまとめています。

日本の社会福祉を支える社会福祉士の求人

現在の日本では、既に総人口にしめる65歳以上の割合が20%を超えて超高齢化社会に突入しています。つまり、超高齢者化社会への対応は、日本の重要な課題です。もちろん、母子家庭や障害を持つ人に対する対応も必要です。即ち、日本における社会福祉には様々な課題があるからこそ、色々な対応が求められます。

ところで、社会福祉士は、日本における社会福祉に関する国家資格の最上位資格であり、簡単に言えば、高齢者・母子家庭・障害を持つ人等に対して、福祉に関する相談にのり、助言・指導・援助等をする仕事です。つまり、超高齢化社会では高齢者に対する社会福祉士による援助等の需要が高まります。

もちろん、市役所等の行政や社会福祉協議会等で仕事をする社会福祉士は、母子家庭や障害を持つ人に対する助言・指導等もしなければなりません。

即ち、日本にある多くの総合病院や中堅病院・介護施設・高齢者施設・市役所等の行政機関・社会福祉協議会等から、社会福祉士の求人需要があるのです。

つまり、この求人は、日本の社会福祉を支える社会福祉士が必要不可欠な存在であることの証明なのです。そして、この求人は、社会福祉士の活躍する場の大きさを表すものでもあるのです。

社会福祉士と一般企業への就職

社会福祉士の資格を取ったら、どんなところに就職できるんだろうかと考えてる方もおられるかもしれません。社会福祉士の就職先といえば福祉の分野というイメージですが、実際にはもっと幅広いものです。

まず、老人ホーム、児童福祉施設、病院、保健所、社会福祉施設などがあり、この他に、介護の現場や一般企業への就職も可能です。介護の分野では、地域包括支援センター、短期入所施設、グループホーム、ケアハウス、高齢者福祉施設、一般企業では福祉サービスを行う企業が有力です。

少し特殊なところでは、児童相談所、精神障害者福祉施設、知的障害者福祉施設などもあります。このように、社会福祉士として就職できる場所はとても多いことが分かります。そのため資格取得を希望する人は、就職先が多くて期待が持てる反面、どういうところで働きたいかと将来のイメージをもって資格取得を行う必要もあります。

いずれにしても社会福祉士は専門性の高い資格ですから、就職先については恵まれているといえます。福祉施設、医療機関、介護施設、一般企業まで、多様なシーンで資格を活かすことができるのが強みです。業務内容もさまざま、事務的なことから、相談業務、マネジメント業務も経験することができます。

英語の求人で社会福祉士の仕事を増やす

社会福祉士の仕事をする為には、能力と共に資格が必要ですし、求人情報で要求される能力に関する条件を満たす必要がありますから、高い能力や経験が評価される事で仕事に繋がります。

英語が出来ると仕事の幅は広がりますし、求人で応募できる社会福祉士の仕事は増えるので、可能性や仕事に結び付くチャンスが増加する事によって、安定した収入源確保の可能性が高まります。

求人で英語を必要とする分野は、社会福祉士だけではなく様々あるので、求人情報に良く目を通す事が大切ですから、持てる資格と能力を発揮出来る仕事を見付ける事が収入に重要です。

英語を話せると関われる言語が広がりますし、海外に限らず国内でも社会福祉士で英語が役立つ場面はありますから、様々な能力を身に付けて価値を高める事が大切です。

社会福祉士は仕事の範囲が広いので、専門性や応用力が求められますから、英会話が行えるとコミュニケーション能力は評価され、活かされる現場で働けるスキルとして英語が評価されます。

就職は積極性が欠かせませんし、一度就職が決まると転職は簡単に行えないので、十分に情報を集めた上で応募する事が必要であり、妥協しないで就職できると社会福祉士の仕事に集中出来ます。

社会福祉士資格保有者は採用率が高くなります

社会福祉士は国家資格で、福祉関係の国家資格の最高峰の資格です。つまり、市役所等の福祉行政を担当する部署や社会福祉協議会等だけではなく、病院や介護施設でも需要がある資格になります。

そして、特に病院や介護施設等では、「社会福祉士という国家資格者がいる」という事が入院者や利用者等に安心感を与えるため、社会福祉士資格保有者の採用率は高くなる傾向があります。

もちろん、病院や介護施設等ではサービス向上やコンプライアンス等の観点から、社会福祉士を積極的に採用しているケースもあります。更には、市役所等の福祉行政を担当する部署・社会福祉協議会・病院・介護施設等では、福祉相談業務等のリーダー職や管理職として期待している傾向が強いことも大きな魅力です。

だからこそ、病院や介護施設等では、社会福祉士を積極的に採用しているケースが多いのです。即ち、社会福祉士は専門職としての側面、福祉相談業務等のリーダー職・管理職としての側面、この二つの側面から採用されることが大きな特徴です。

言い換えれば、資格保有者には「病院・介護施設・市役所や社会福祉協議会を利用する人々から大きな期待」をされているため、確実な需要があり、それが採用率アップに直結しているのです。

人材の不足が予想される社会福祉士

少子高齢化社会の現状から2025年には4人に一人が75歳以上になると言われていますので、高齢者の問題に携わる人材は不足することが予想されています。相談支援を行う社会福祉士も例外ではありませんので、需要は高まると言えます。

社会福祉士は求人数も増えていくことが予想されますが、社会福祉士になるには試験に合格する必要があります。資格を取得するまでは一般介護職として採用されることも多いため、諦めずに資格取得を目指すことが大切です。

人材の不足が予想されていますが、現状では介護職としての需要が高いため社会福祉士単体で募集されていることは少ないと言えます。今後の人材不足を考えて資格取得を目指すことが将来性を高めると言えます。

看護職として募集されていることが多いため、社会福祉士として採用されたい場合には人材のいない新しい施設を狙うのが良い方法です。新規の施設では資格保有者がいない場合もありますので狙い目となります。

社会福祉士は専門的な資格というわけではありませんので、介護職の一部として見る傾向があります。資格がなくても業務を行っている人もいますので、介護職として万能的なスキルを身に付けておくことも大切です。

意外と知らない社会福祉士のまとめ

少子高齢化社会に本格突入している日本ですが、このような社会において必要な職業の一つが誰もが一度は聞いたことのある社会福祉士です。社会福祉士の定義とは、日常生活を営むのに支障をきたす方に福祉サービスや医療サービスを提供する方たちのことです。このような仕事を行っている方たちが、現在不足しているという現状があり様々な問題があります。

ということで、社会福祉士に関するなるほどというような豆知識をまとめたいと思います。またこの職業に関するまとめを見て改めて関心をもってほしいと感じています。まず、この職業に必要な知識といったいなんなのかというところから、ひとつは介護・福祉関連の専門知識、ふたつめは、福祉の倫理観といった観点からの知識、3つ目は、医療に関する知識などといったものです。

そして現場で人と接する仕事なので、もちろんコミュニケーション能力も結構必要と思われます。この社会福祉士ですが、国家資格でありその受験資格も明確に定められています。

また、この仕事は実際には現場において対象となる方の潜在的な力を引き出すためのサポート役としてその方がしっかりと生活を送れるような形を作っていくことが役目ともいえるので、一般的にイメージされている介護福祉士とは違う業種ということを認識することがこの少子高齢化社会を乗り越えていくひとつの鍵なのではないでしょうか。