社会福祉士の国家試験は難しいのか

社会福祉士は近年人気が高く注目を集めている職業ですが、国家試験なので、非常に難しいといううわさも絶えません。

ここでは社会福祉士の国家試験の難しさについてまとめています。

社会福祉士の試験は難しいもの

社会福祉士は国家資格の一つとなっています。試験の合格率は、30%なのでとても難しいのです。とても難しい試験ですが、しっかりと勉強をして準備をすることで、取得することができる資格の一つとなっています。社会福祉士の試験は、少しずつ変化してきています。

そのため、今後はさらに難しくなる恐れもあります。この試験に合格するためには、覚えることがたくさんあります。社会福祉士の受験資格を得るためには、大学卒業や大学院入学、専門学校卒業、3年間の専門学校、2年間の短大、通信養成施設なども含め指定学科の履修が必要になってきます。

とても勉強の範囲は広いですが、4ヶ月前から勉強をしていて合格することができたという人も中にはいます。試験に受かっても、学生の間にどれだけ福祉関係のボランティアをしているかどうかも、社会に出てからとても必要なことになってきます。

実際に自分が経験した体験が、とても大切なものになるからです。さらに、各都道府県には、福祉人材センターもあります。そこで、福祉関係の就職先を相談することもできます。一度資格を取得することで、どこの県に引越しても働くことができます。今後は需要が高まる職業なので、一度取得しておくととても役立ちます。

社会福祉士の対策講座は実績のある講座を

社会福祉士の対策講座は、色々なものがありますが、やはり実績のある講座を選ぶべきです。もちろん、ここでいう実績とは「合格の実績」と「対策講座を実施している会社の実績」です。

つまり、貴重な時間をお金を費やし対策講座を受講する以上、「現在の実力を合格に近づける内容の講座」であることが理想です。そして、実績のある会社とは、対策講座だけでなく、社会福祉士試験の参考書や問題集等を発行し、社会福祉士試験自体に精通している会社のことです。

言い換えれば、色々な社会福祉士の対策講座がありますが、宣伝に力を入れているだけで、講師陣やテキストの内容が稚拙なものもあります。だからこそ、合格の実績と講座を実施している会社の実績が非常に重要になります。

そして、そのような講座を受講すれば、社会福祉士の合格が見えてくるようになり、自分自身の自信にもつながってきます。ちなみに、中央法規の実力アップ講座や最終チェック講座は、社会福祉士に合格した人から好評であることが大きな魅力です。

つまり、「講座内容でポイントを整理できて学習意欲が非常に高まった」・「重要ポイントをしっかり把握できて効率よく勉強ができた」など、限られた本試験までの時間を有効活用できたという声が極めて多いことが大きな特徴なのです。

社会福祉士となるための短期養成施設とは

社会福祉士としての資格を取得するためには、毎年実施されている国家試験に合格する必要がありますが、その前提条件となる受験資格を得るための方法としては、大きくわけて、福祉系大学ルート、一般養成施設ルート、短期養成施設ルートの3つがあるとされています。

社会福祉士養成施設のひとつとしての短期養成施設は、主に福祉系大学・短大で基礎科目を学んだ卒業生を対象としているもので、履修期間は6か月以上となっています。

一般的には福祉系専門学校の社会福祉士科などの通信課程として開設されていることがほとんどであり、主に相談援助の理論と方法を学んだり、相談援助に関する演習・実習などによって専門性を高める訓練をします。

4年制の福祉系大学で基礎科目をすでに履修して卒業したか、児童福祉司や身体障害者福祉司などの実務に4年間携わった人であれば、そのまま短期養成施設の課程を修了することによって、社会福祉士国家試験の受験資格が得られます。

福祉系短期大学で基礎科目を履修して卒業した場合については、その短大が2年制であれば2年以上、3年制であれば1年以上、それぞれ児童相談所や障害者支援施設などの機関で相談実務に携わった実務経験を経た上で、この短期養成施設に入る必要があります。

社会福祉士の直前講座を活用して短期合格を目指す

福祉関係の仕事をしている人なら、社会福祉士という国家資格の取得を考えたことがあるはずです。社会福祉士という国家資格を取得すれば、病院での医療ソーシャルワーカー・市役所等の行政での福祉関係の仕事・社会福祉協議会における活動・高齢者施設での生活相談員等、仕事の幅が非常に広がります。

もちろん、社会福祉士の資格を取得すれば、資格手当が付与されたり基本給が上がるなど、待遇面が良くなることも大きな魅力です。

即ち、福祉関係の仕事をしているなら、社会福祉士という資格を取得するべきです。そして、自分のスキルアップを目指しつつ、やりがいのある待遇で専門職として活躍するべきです。しかし、仕事が忙しいことも事実なので、中々勉強が進まないこともあります。

冷静に考えてみれば、国家資格を簡単に取得することは難しいことです。しかし、だからこそ「直前講座を活用して短期合格を目指す」べきなのです。なぜなら、「だらだら勉強しても効果が上がらない」ことは当然のことだからです。

普段から一定量の勉強をしているなら、直前講座を活用し「合格するための方法論を含めて集中力を高める」ことも重要です。更に、社会福祉士の直前講座の大きなメリットは「自分と同じ環境で勉強している人がいる」ことを自覚でき、合格を強く意識できることなのです。

社会福祉士の試験と平均点について

近年、注目を浴びている分野が福祉や介護の分野になります。一つは少子化などが進んでいる事を受けて、若い年齢層が減っているということや、逆に、高齢者が増えているという現状を受けて、この高齢者のケアや支える若い層の人材不足が深刻になっているという背景があるからです。

そこで、政府はじめ、色々な機関で介護や福祉の現場で活躍できる人材の育成を始めています。特に将来は、高齢者を支える基盤がしっかりとできていないということがありますので、できるだけ、自宅で家族がケアできる場合は、介護施設ではなく、家で面倒を見るようにするなどの取り決めが行われています。

このような状況の中で、特に注目を浴びているのが、社会福祉士の仕事です。これは利用者の人と、実際の介護施設の橋渡し的な存在なのですが、この資格が大変人気になっています。社会福祉士は国家試験になりますので、試験の為の対策が必要になりますが、大体平均点をしっかり抑える事ができれば良いです。

平均点を超えるには、自分でも自宅でネット学習でできるので、しっかりと勉強をして、平均点以上を取れば、社会福祉士への合格も見えてきます。インターネットなどで、過去問などの特集もあるので、それらを利用して、合格を目指す事が大切です。

社会福祉士と偏差値について

近年、不景気などの影響を受けて、給料の安定した正社員などの正規雇用の求人が少なくなっているという現状があります。またそれとは逆に、契約社員や短期期間の仕事などの非正規雇用の求人は多くなっているという現状があります。

このような状況の中で、今大切なことは、自分自身のスキルアップのためにも、資格や免許の取得をするということになります。特に今、介護や福祉の現場は大変注目を浴びる分野になっています。その中でも社会福祉士の仕事は大変人気になっています。社会福祉士の仕事内容は、主に、身体的あるいは精神的に障害をもった人のケアをするという目的があります。

また、介護や福祉の現場と利用者をつなげる役割もになっています。このようなことから、現在は社会福祉士の資格取得を目指して、勉強を頑張る人は多くいます。国家試験を受験することが条件になりますが、偏差値などの関係もあるので、まずは模擬試験を受けると良いです。

その試験の結果を踏まえた自分の偏差値などのデータが届くので、それらを参考にして、どのようにすれば、国家試験を突破できるのかなどを具体的に考える必要があります。また、過去問などをしっかりと解くことで、国家試験対策にも繋がります。