社会福祉士になりたい場合どうしたらいいのか

高齢化が進む今、介護や福祉の現場に進みたいと思っている若者が非常に増えています。

ここではその中でも人気のある社会福祉士になるためにはどうしたらいいのかについてまとめています。

社会福祉士になりたい人の資格取得方法

近ごろでは、人の役に立ちたいと望んでいる人が増加してきています。社会福祉についての専門知識や高度なスキルを身に付けて、資格を取得することによって、自分の望む職業に就くことができるのです。

社会福祉士は、ソーシャルワーカーとも呼ばれていて、社会福祉専門職の国家資格が必要とされています。社会福祉士は、精神的、身体的、経済的にハンディキャップを抱えている人々の相談にのったり、日常生活がスムーズに進むように、あらゆるサポートを行っています。

さまざまな問題を解決できるように、一人一人の悩みや生活習慣に合わせたきめ細かい対応をとっているのです。社会福祉士になりたい人の資格をとる方法としては、国家資格に合格しなければなりません。そのためには、福祉系の四年制大学で福祉や介護などについての深い知識を身に付けることが必要です。

その他にも、短大や養成施設で必要な科目の単位を取得して、実務経験を数年積み重ねることによって、国家試験の受験資格を得ることが可能なのです。このように、悩みや不安などを抱えている人々を全力で支えてバックアップすることができる社会福祉士になりたいと願っている人は、年々増加してきています。

高齢化社会が進む現代において、社会福祉士の果たす役割はますます高まってきているのです。

社会福祉士になるには受験資格が必要

高齢者や障害者の相談にのる仕事をする社会福祉士は、少子高齢化社会の中で重要な存在になっていますが、社会福祉士になるには国家資格を取得する必要があります。国家資格を受けて合格することが第一歩となりますが、受験資格を満たさなければならないため誰で取得できる資格ではないと言えます。

受験資格を得るには色々なルートがありますが、基本的には4年制の大学を卒業する必要があります。福祉課程を卒業すれば実務経験だけで受験できますが、一般の4年制大学や短大では実務経験と養成施設に通学する必要があります。

福祉系の4年制大学に入学しきっちりと学んだほうが効率よく取得できると言えます。福祉系の4年制大学では卒業と同時に受験が可能となりますので、社会福祉士になるには最短コースとなります。学歴によって受験資格や実務経験が変わるのは他の資格でも同じですが、それだけ知識を身に付けなければならないことを意味しています。

責任ある職業ですから中途半端に試験に合格しても実務と繋がらないことも多いため、4年制の福祉系大学を卒業するのが良い不法と言えます。社会福祉士は国家資格ですから、試験勉強も国家資格の特徴に合わせることがポイントになります。

その資格が国家資格である社会福祉士になるには

社会福祉士の資格は国家資格です。ですから、社会福祉士になるには国家試験を受験しなければなりません。

また、受験資格があり、それは福祉系の大学を卒業していること、一般系の4年制大学を卒業して、その養成施設などを修了すること、実務経験が4年以上あることなどです。

一般系の3年制短大を卒業して、相談援助の実務経験が1年以上あること、一般系の2年制短大を卒業して、相談援助の実務経験を2年以上積み、 さらにその養成施設などを修了することでも受験資格を得ることができます。

それから、相談援助の実務経験が4年以上積み、その養成施設などを修了すること、身体障害者福祉司、知的障害者福祉司、老人福祉指導主事、児童福祉司の実務経験を4年以上積み、その養成施設などを修了することでも受験資格を得ることができます。

受験資格を得て、国家試験を受験して合格しなければ、社会福祉士になることはできません。そして、社会福祉士になるには、試験に合格するだけでなく、障害者・高齢者や低所得者、その地域の中で自立した生活を送ることが困難になってしまった人の相談に親身に乗り、その人が最適な支援を受けられるようにしてあげる優しさも求められます。

社会福祉士は何をする人なのか知ることが大切

社会福祉士という資格があることは知っていても何をする人なのか分からない人が多いはずです。似たような名称の資格もありますので、社会福祉士を目指す場合は何をする人なのかしっかりと把握しておくことが大切です。

また業務の特徴や資格がない人との関係など、資格を取得することで得られる優位性についても知っておくことが大切です。社会福祉士はいろいろな事情により日常生活を送ることが困難な人の相談を受け、安定した生活ができるようにサポートする仕事を行います。

相談内容は児童福祉や生活保護、障害者支援や高齢者の介護問題など多岐にわたっていますが、公的な支援制度を活用し解決へと導くのが基本的な仕事となります。勤務先に関しても多岐にわたりますが、病院や保健所、公的な機関もありますし、老人ホームや児童福祉施設、知的障害者施設などがあります。

相談業務においては資格がなくてもできるため、無資格でもベテランのスキルを持つ人が多数いることも特徴となります。資格をとってもベテラン相談員に勝てるわけではありませんので、資格を取得してからが始まりと言えます。4年制の福祉系大学を卒業すればすぐにでも受験が可能ですが、実務を身に付けることが重要です。

社会福祉士の登録人数の推移

社会福祉士は、いわゆる名称独占の国家資格で、利用者からの相談を受けて助言・指導や福祉サービスの提供を行ったり、行政や医師、事業者などの関係者間の調整を行ったりする専門職です。この資格は昭和62年に国会で成立した社会福祉士及び介護福祉士法という法律にもとづくもので、その第1号が誕生したのは平成元年のこととなります。

平成元年当時の社会福祉士の人数は、全国でもわずかに168名に過ぎず、社会的な認知度もひじょうに低いという状況にありました。その後年を追うごとに社会福祉士の登録人数も増加し、平成20年度には単年度としての増加人数が過去最高の13,661人を記録しています。

平成26年時点では、全国の累計の登録人数が177,896人に達しており、今では社会福祉士、介護福祉士、精神保健福祉士の3つをあわせて「福祉の三国家資格」とされるほど、メジャーな資格となっています。

ただし、3つの資格のなかでは、介護福祉士が圧倒的に多く、平成26年度時点で全国で129万人以上となっており、単年度での増加も10万人程度ですので、これらに比べれば社会福祉士はまだまだ低い水準にあるといえます。精神保健福祉士については、そもそもが後発の国家資格であるため、人数は3つの資格中でもっとも少なく65,000人程度です。

社会福祉士として活躍できる適性

社会福祉士として働くときには、人に対しての思いやりを持っていることが重要になってきます。人に対して細かく気を配ることが出来たり、困っている方の心に寄り添えるだけの気持ちの優しさを持っている方は、相談を受けたときに、その方に一番合った方法を考えることができます。

社会福祉士として仕事を行うときには、優しさや思いやりが重要になってくるのです。また、社会福祉士として人と話すことが苦にならない性格も、適性があると言えるでしょう。人の悩みを聞いていくためには、コミュニケーションをとらないといけません。

人によっては、他人に対して心を閉ざしてしまっている方もおり、生活状況について聞き取ることが難しくなってきますが、難しい状況でも諦めることなくコンタクトを取り、閉ざしている心を開かせるだけの技量も必要となるのです。

社会福祉士は、人と向き合っていく仕事になるため、対人スキルも必須となっています。仕事を行うためには、明るい性格や積極性が必要になると思ってしまいますが、内向的な方でも、社会的弱者に寄り添って相談に乗ることで仕事をこなしていくことができるのです。

性格に関わらず、人に対しての思いやりや相談に乗るスキルを持っている方は、適性を持っていると言えるでしょう。