社会福祉士の年収はどれくらいなのか

福祉の現場で非常に大活躍する社会福祉士は国家資格でもあります。

目指す人が非常に多いのですが、社会福祉士の年収はいったいどれくらいなのかを詳しくまとめてみました。

社会福祉士の年収について

社会福祉士は福祉の国家資格である介護福祉士、精神保健福祉士と並んで国家資格の三福祉士のひとつとされる資格です。社会福祉士の資格試験を受験するための受験資格は細かく定められていますが、実務経験が重視されており、法律で定められる社会福祉施設で5年以上の勤務を行えば受験が可能です。

社会福祉士の試験合格率は30%程度とされ、精神保健福祉士の60%前後、介護福祉士の65%前後から見ると、やや難易度の高い資格になります。なお、受験資格に関しては精神保健福祉士が実務経験が5年以上、介護福祉士が3年以上の実務経験があれば、受験することができます。

一方で、社会福祉士の資格を活かした就職先としては老人介護施設や児童福祉施設、知的障害者施設、地方自治体が運営している社会福祉事務所、病院や保健所などの医療機関、民間の福祉サービスを行う企業があります。

年収に関しては、学歴によって異なってきますが初任給では、大卒であれば年収は300万円前後、短大・専門学校であれば年収は250万円前後になります。ただし、これは新卒者を対象としたものであり、多くの場合には福祉施設に勤務しながら資格を取得する人も多く、特に資格を取得することで資格手当を得られるため昇給のチャンスが生まれます。

社会福祉士の勤務先と平均年収

4年制の福祉系大学を卒業することが社会福祉士になる最短コースですが、資格を取得しても勤務先によって年収は大きく異なります。公共機関や大きな医療機関に勤務できれば年収も高くなりますが、民間企業などではそれほど高くないのが現状です。大学をでなければなれない職業ですが、初任給で言えば300万円前後が平均年収となります。

資格を取得すると年収アップが望めますが、500万円程度が平均年収と考えておく必要があります。社会福祉士は資格を取得するまでに必ず大学を出る必要がありますが、同じような受験資格を持つ薬剤師などと比較しても平均年収は高くないのが現状です。

勤務先によって年収が異なりますので、勤務先選びは慎重に行う必要があります。民間企業の年収が安いのは、社会福祉士でなければできない業務がない点にあります。資格がなくても社会福祉士が行う仕事はできますので、資格が重要視されていないのが民間企業の現状と言えます。

ですから資格を取得したからといってすぐにすぐに年収アップに繋がるとはいえませんので、スキルアップのために努力をすることが大切です。相談業務は資格がなくてもできるため、資格が無い人でもベテランは多数存在しています。

社会福祉士の平均年収はどのくらい?

社会福祉士は福祉分野の様々なところで活躍が出来る資格ですので、職場や仕事内容によって年収や待遇に大きな違いが出てきます。ただどこで働くにしても、社会福祉士の資格を所持していると福祉業界の中では比較的高い水準での待遇が期待できますので、資格の取得を目指す方は少なくありません。

そんな社会福祉士の平均年収はどのくらないのものなのでしょう。まず自治体の社会福祉協議会や福祉事務所、児童相談所で働いた場合、公務員となりますので平均年収は各地方自治体の公務員給与規定に準じたものとなります。この場合、安定した仕事と福利厚生、休日など手厚い待遇が望めます。

次に民間の施設で働いた場合、初任給が大卒で17~20万円程度、短大や専門学校卒で15~18万円程度となるため、平均年収は単純に計算して230万から310万円程度と考えられます。初任給はそれほど高いわけではありませんが、社会福祉士は年齢を重ねていくうちに給与が着実にアップしていくという安定感があります。

また社会福祉士の資格を所持していると資格手当がプラスされることも少なくありませんし、相談支援などの経験が豊富な人が資格を取得した場合、その経験や能力に応じて給与面が優遇されるということも多々あります。

つまり、社会福祉士は経験を積むことでキャリアと年収の両方をアップさせていくことが出来る魅力的な職業だといえるのです。

公務員の社会福祉士は年収が安定している

社会福祉士の仕事は、高齢者や障害者や子供などが、何らかの原因によって生活するのが困難になったときに、そのような人たちの相談を受けてアドバイスをしたり、サポートをしたりする業務です。

そのため、その資格を取るために、福祉に関する多くのことを学ばなければならないのですが、就職すれば、ほかの福祉関係の仕事をしている人よりも、平均年収が高いし、安定しています。

民間の施設で勤務しても、年収が比較的高くや待遇面でも良い扱いを受けます。しかし、公務員の社会福祉士は、公務員給与規定によって給料が決まっているし、ボーナスもあるので、さらに安定した年収を得ることができます。また、福利厚生や休暇日数も民間よりも良い条件であるのが一般的です。

さらに、公務員になると、解雇されることはほとんどありません。ですから、社会福祉士の資格を取った後、多くの人が福祉職公務員試験を受けています。

この試験は、社会福祉士資格試験と類似の分野があるので、それ以外の専門分野を勉強する必要があります。しかし、これに受かれば、さらに安定した仕事に就けるし、仕事内容もやりがいを感じることが多いので、受験することを検討しても良いのではないでしょうか。

社会福祉士と年収ラボについて

近年、不景気な状況の中で、年収の高い職業や仕事に就きたいと考えている人が多いです。また少しでも自分の年収をあげるために、転職を考えている人も多いです。このような状況の中で、今、インターネット上で、年収ラボとよばれるサイトがあります。これは色々な企業の年収や生涯資金や、退職金などを詳細に調べることができるものです。

更に、都道府県別の企業などの給与や賞与、退職金などを確認する事も可能です。この、年収ラボから、社会福祉士の給与や働く環境などが見えてきます。今、高齢化社会が進む中で、介護や福祉の現場は大変注目を浴びている分野にもなります。

特に、社会福祉士の仕事は、国家試験を合格しなければ就くことができないので、専門学校や養成所でしっかりと学ぶ事が必要になります。一度国家試験に合格をすることで、社会福祉士として、仕事でも活躍することができます。社会福祉士の仕事は幅広いので、例えば、身体上や精神上に障害を抱えている人をケアするなどの仕事をする事も可能です。

また、普通の介護職に比べると、給与などの面で待遇がよくなるというメリットもあります。このように自分の年収や働いている環境を今より、もっと良いものにしたいと考えている人には最適な仕事になります。