社会福祉士の試験日程について

今の日本は高齢化社会が進んでいっていますが、その一方で医療や介護の現場では人員不足が叫ばれています。

ここではその中でも人気の社会福祉士の試験日程についてまとめています。

社会福祉士の国家資格の日程について

近年、結婚や出産を終えて、子育てなども一段落をした女性が社会復帰をしたいと考えて行動に移す人が多くなりました。特に、幼稚園などに子供が通っている間に、働きたいと考える女性は多いです。

しかし、実際に求人の数がなかったり、面接などに行ったところで、子供がいるということや、専業主婦であった時間が長いという理由で、断られたりするという現実があり、仕事に就く事が難しい場合もあります。このような状況の中で、今注目を浴びているのが、資格を取るということです。

例えば、今からの時代は介護や福祉の分野の仕事は、求人も多くなりますし、活躍できる人材が少ないということもあるので、とても人気のある資格です。その中でも社会福祉士の仕事は、これからますます必要な職業になります。

社会福祉士になるためには、専門学校や養成所あるいは、通信講座などを受講することで、更に最終的には国家試験を受験することで、取得できる資格になります。

社会福祉士の国家試験の日程についても、年に一度のみの開催になりますので、その日程をしっかりと手帳やカレンダーに書き込みをして、試験の為の対策をその日までにしっかりと計画をして、実行する事が非常に重要です。

社会福祉士の国家資格とネット問題

社会福祉問題の相談などの業務に携わる者の国家資格は大きく3つの資格があります。通称「三福祉士」と呼ばれるもので、社会福祉士、介護福祉士、精神保健福祉士がそれにあたります。どの資格も現代の社会・福祉の諸問題を解決するために無くてはならないものだと言えます。

中でも社会福祉士の仕事は、病気・心身の障害、その他生活環境の問題などにより日常生活に問題を抱える人たちの相談を受け、日常生活が安定的に維持出来るようにサポートするものです。現代の日本社会において非常に重要な役割を果たしているのが社会福祉士の仕事です。

今後ますます重要な役割を持つことが予想されていますので、多くの人材が必要とされています。社会福祉士に興味のある方は、インターネットで情報を得ることが出来ます。例えば過去の国家試験をネット問題集として無料で公開しているサイトがあるのをご存知でしょうか。

そのサイトでは過去7年間のネット問題を無料で閲覧することが出来ます。無料で公開出来るのは、ネット教育に特化したため教室などの維持費を削減出来ること、広告費などの諸経費をほぼゼロで実施していることなどで実現できているようです。

インターネットを利用する者が増えている現代にはこのようなシステムは大きな需要があるようです。

社会福祉士になるための費用について

社会福祉士になりたいと思ったら、何から始めれば良いのでしょうか?資格取得の方法を考えたり、勉強するための費用等も確認する必要があります。そもそも社会福祉士とは福祉に関する専門的な資格であり、簡単に取得できるものではありません。

児童相談所や地域包括支援センター、特別養護老人ホーム、母子生活支援施設といった職場で働く専門職です。社会福祉士の資格は国家資格で、試験を受けるための条件を満たしていなければなりません。条件とは四年生の福祉系大学を卒業している方で指定の科目を履修している必要があります。

若しくは短期大学や専修学校を卒業していて、二年以上の実務経験がある方です。ただし三年生の短期大学を卒業している方は一年の実務経験でも構いません。さらに養成施設を卒業することで受験資格が得られる場合もあります。このような受験資格を満たしている方でも試験に合格しなければ社会福祉士として働くことはできません。

比較的費用を抑える学習方法としては、通信講座を利用するという方法があります。通信講座なら十万円以内の費用で抑えられますし、自分のペースで学習を進めていけますね。社会福祉士の資格試験は一年に一回実施されています。

社会福祉士になるために必要書類とは

近年、景気が悪いという状況の中で、給料や、福利厚生の整った正社員などの仕事の求人は少なくなっています。そして、短期雇用の求人や派遣社員や契約社員の仕事は多くなっているという現状があります。その中で、資格や免許が必要な専門職の仕事は求人の数が増えています。特に、介護や福祉の現場では、人材の確保が難しい状況の中で、求人は増える一方です。

とくに、社会福祉士の仕事は今、注目を浴びています。国家試験が必要な資格になりますので、介護職の人の中でも、資格を持っている人は少ないのが現状です。社会福祉士の仕事は、身体上や精神上に障害を抱えている人にたいして、全面的なケアを取り組むという仕事になります。

社会福祉士になるためには、まず国家試験に合格をする事が前提になります。その後に、必要書類などを提出して、登録をすることが大切です。まずは銀行振込口座の提出や、各専門学校などの卒業認定書などの提出も必要になります。

また、登録内容の更新をする時期がきたときにもすぐに、その必要書類を提出することができるように、しっかりと普段から必要書類を保管しておく事が一番大切になります。社会福祉士の仕事は非常に幅広い業務になりますから、一度資格を取得することで、色々な場面で活躍することができます。

社会福祉士となる為の必須科目とは?

社会福祉士とは、介護福祉士、精神保健福祉士と並び三福祉士と言われる国家資格です。その認定団体は厚生労働省であり、社会福祉士及び介護福祉士法に位置づけられる主に社会福祉全般における相談援助等に携わるものと言えるでしょう。

具体的には、高齢者、児童、母子のほか、身体障がい者知的障がい者などに対する医療、行政、司法等の社会福祉全般におけるサポートを行う者が社会福祉士です。別名では「ジェネラリストソーシャルワーカー」とも呼ばれます。では、社会福祉士になる為にはどのようにすればよいのでしょうか。

通常は、一般養成施設と短期養成施設の2つに分けられ、学歴によって若干の差があります。

その中でも特に必須科目となるものは、医学一般、福祉心理学、福祉社会学、福祉経営論、地域福祉論など、約23もの講義科目があり、前述の学歴や既に取得している精神保健福祉士等の資格によっても違いが出てきますが、多くの必須科目を習得する必要があると言えるでしょう。

なお、法改正等の影響から2009年以降に大学等に入学した者と2008年以前に大学等に入学した者では、取得すべき必須科目に若干ながら違いもあります。具体的には、社会福祉士を養成する為の協会や各種承認を受けた大学、専修学校等がありますので、自らの条件を鑑みながら細かくチェックを行っていくことをお薦めします。

社会福祉士試験は不合格を覚悟するべきです

ご存知のように社会福祉士は国家試験となりますので、付け焼刃の知識では合格することはなかなか難しいと思っておいたほうがいいでしょう。

毎年、この試験の受験者数は数万人程度といわれていますが、合格者はおよそ2~3割の厳しい試験となります。不合格になる理由としては、試験範囲の広さが考えられます。

現行の試験科目は、全部で19科目と多いため、計画的な受験対策をおこなわなければ合格は難しいといえます。介護業界の仕事はハードなところも多いことから、仕事と両立しながら社会福祉士の資格を目指すとなると、それなりの決意が必要になってきます。

そのため、合格率が低いからとしって試験内容が難しいわけではありませんので、不合格になってしまう受験生の多くは受験対策に十分な時間を充てることができないことが多いようです。

今年こそ社会福祉士に合格を目指したいと思っているのであれば、独学よりも専門学校で効率よく学んでいくことも検討してみてはいかがでしょうか。

たしかに、受験費用は高いですが、短期間に集中して勉強することができますし、机に向かう習慣も身につけられますので、なかなか合格できない方はこうした方法で資格取得もおすすめです。