社会福祉士の仕事内容はどんなことをするのか

介護や医療の現場で働く仕事は過酷な仕事も多く、資格を取得する前に仕事内容を確認する人も非常に多いです。

ここでは福祉の現場で活躍する社会福祉士の仕事内容について詳しくまとめています。

社会福祉士の仕事内容は利用者のサポートです

社会福祉士の仕事内容は、一言で言えば利用者を援助することや利用者の相談に乗ることです。ソーシャルワーク、つまり援助技術を用いて援助します。ソーシャルワークは大きく3つ分けることができます。

1つ目は社会福祉士と利用者が1対1で会い、利用者の悩みに対して相談に乗ることです。その中で、利用者が自主的に問題の解決にあたれるように導きます。

2つ目はグループワーク、集団援助技術と呼ばれるものを行うことです。これは同じ問題を抱えた利用者が集まり、その集まりの中で社会福祉士が補佐することです。利用者が集まって情報交換すれば、その問題の解決が早まります。

3つ目はコミュニティーワーク、つまり地域援助技術と呼ばれるものを行うことです。これは直接的な支援ではなく、間接的な支援です。具体的にはその地域を対象とした支援体制を作ったりします。

また、その援助技術を支援する援助技術もあります。この技術は、色々な職種の専門家が社会福祉士に対して行うことです。具体的にはカウンセリングやケアマネジメント、コンサルテーションなどを行います。

社会福祉士の仕事内容は、色々な技術を用いて利用者をサポートすることである言うことができます。

日本社会福祉士会の苦情対応システム

社会福祉士が、その業務において相談援助を行う相手は非常に多岐にわたるため、業務実践の中で相手との間に何らかのトラブルによる感情的な行き違いが起こり、それがクレームという形で表面化してしまうことは決して珍しいことではありません。

もし社団法人日本社会福祉士会に、このような苦情が寄せられた場合には、まず倫理委員会によって、その苦情を審理するか否かが決定されます。

審理をすることになった場合は調査委員の調査結果(調査委員は苦情を申し立てた側と申し立てられた側の両方のもとに出向き面接調査を行います)をもとに、苦情を申し立てられた社会福祉士を処分するか否か、また処分するのであれば、どのような処分が適当であるかを倫理委員会は理事会に案として提出します。

そして理事会の審議によって社会福祉士への処分が決定されるのです。処分には「厳重注意」、「戒告」、「除名」の3つがあり、一番重い除名が下される場合には理事会の決定以外に総会における3分の2以上の賛成の議決が必要となります。

社団法人日本社会福祉士会はこのようなシステムをつくることによって社会福祉士一人ひとりが行動規範を順守して業務を行うように促しているのです。

社会福祉士はケアプランの作成は制限つきで可能です。

社会福祉士は居宅介護支援事業所でのケアプランの作成つまり要介護1以上の人を対象にしたケアプランの作成はできません。ただし、在宅介護支援センターでの要支援の人を対象にした介護予防におけるケアプランの作成は可能です。

また社会福祉士から高齢者介護にもより興味を持って、介護支援専門員資格つまりケアマネジャー資格を取得する人はいますので、両方の資格をそれぞれ別途取得する人はいます。

ただ、社会福祉士は基本的には福祉全般についてのプロフェッショナルであるため、高齢者福祉に特化した資格になる介護支援専門員とイコールではないということです。

社会福祉士とケアマネジャーの両方の資格を有する人は、まさに鬼に金棒ということでもありますので、その存在は貴重です。しかも介護福祉士もケアマネジャーも前提となる条件が厳しいこともあり、取得が相当に大変ではありますから、取得希望者にとって相応の努力が求められることは言うまでもありません。

今後、ケアマネジャーが要介護者を対象にする一方で、介護福祉士が要支援者を対象にすることも、要支援者が要介護に移行する可能性が高いことを思えば、双方の連携も重要になることは言うまでもありません。

社会福祉士の仕事を楽しいととらえることについて

社会福祉士は、楽しい仕事ととらえることができます。もちろん仕事内容の厳しさは、常につきまといますが、相談のあとで、相談者本人やその家族などの笑顔を見るたびに、取り組んできたことに対する達成感を得ることができます。

社会福祉士の相談業務の対象者は、高齢者や身障者などの身体的、精神的な支えを必要としている人たちの他に、母子家庭などの、経済面で何らかの問題を抱えている人たちが該当し、福祉全般に関連する手助けを行います。

相談内容そのものは、決して楽しいものとは言えませんが、社会福祉士を頼って話を持ちかけてくれることに対しては、仕事のやり甲斐を感じることができます。何らかの解決のための提案をおこない、それへ向けて進めていくうちに、相談者の負担が軽減されていく状況を目の当たりにしますと、アドバイスの内容の妥当性を確認することができます。

提案は間違っていなかったという手応えと共に、人を幸せにすることができる楽しい仕事ととらえられるようになります。

社会福祉士の業務は、あくまで、相談者の立場を配慮した上で、親身なコミュニケーションを繰り返すことによって成り立つものになりますので、相談者の話をしっかりと受け止めていくことが大切になります。

社会福祉士の仕事内容とは

社会福祉士の仕事内容を簡単に説明すると、色々な事情で、一般的な日常生活を送ることが難しくなってしまった人達の相談にのり、問題なく日常生活が遅れるように援助するというものになります。

この社会福祉士の埋める相談の内容は、児童福祉であったり、障碍者支援であったり、高齢者の介護・生活保護に関するものなど、福祉と名の付く分野全般に関する事が対象になります。

相談を受けて社会福祉士は、相談者それぞれが抱える問題に適すると思われる地域サービスや公的な支援サービスなどを選び、相談者の問題解決の手段を提案します。広範囲な福祉制度全般の悩みに対して適切な回答をしなければならない社会福祉士には福祉全般の豊富な地誌を有し福祉という分野のプロとしての態度が望まれます。

受けた相談内容によっては、福祉の知識だけでなく、心の問題を解決するための心理学であったり、病気や怪我の問題に対する適切なアドバイスをするための医学的な知識などが要求されることもあります。

社会福祉士にはこのように広い範囲の膨大な知識が要求されます。そして知識以外にも、適切で相談者の要望に合った解決策を提案するために、相談者との信頼関係が築けるためのコミュニケーション濃緑も必要とされます。