社会福祉士として就職するために

福祉や介護の現場で活躍する社会福祉士の資格は国家資格です。

国家資格を持っていると非常に就職に有利になりますが、社会福祉士の資格を持っていると就職がどれくらい有利なのかについて詳しくまとめてみました。

社会福祉士としての就職は極めて有利です

現在の福祉関係の仕事としては、介護関係の求人をよく見かけます。即ち、介護職員として高齢介護や障害を持つ人の介護をする仕事です。つまり、現場の仕事です。そして、「介護関係は待遇や給与面で魅力が少ない」という声も聞きます。だから、就職先としても「魅力が少ない」という意見があります。

ちなみに、社会福祉士は福祉関係の最上位の国家資格です。つまり、社会福祉士は、高齢者介護施設等の介護関係だけでなく、病院等の医療関係や市役所・社会福祉協議会等の社会福祉関係からの求人が多いのが大きな魅力です。

即ち、社会福祉士は「高齢者の福祉や障害を持つ人等をはじめ、社会福祉に関する相談や援助業務を行う資格者」でありつつ、介護職員等のリーダー職や病院や施設の管理職として就職するケースが多いのです。

言い換えれば、社会福祉士として就職することは「非常に有利」という事です。社会福祉士として就職すれば資格手当が支給される可能性が極めて高く、基本給も一般職よりも高くなることがほとんどです。

更に、リーダー職や病院や施設の管理職として登用されるケースが多く、リーダー職や病院や施設の管理職になれば役職手当が支給されます。従って、社会福祉士としての就職は極めて有利ということなのです。

多くの就職先がある社会福祉士

社会福祉士の資格を取得した後は、それを活かすことのできる職場へ就職するのが一番です。すでに資格としての認知度も高いため求人で求められることも多く、就職先も多岐にわたっています。

最も社会福祉士が活躍しているのが老人ホームです。老人ホームを利用している方々の悩みや要望を解決するために、ソーシャルワーカーとしてのスキルを活かすことができるからです。加えて児童福祉施設でも資格取得者が求められています。自立して生活していくためには、様々な困難が待ち受けています。

その困難を取り除くために行政のサービスや制度を紹介し、自立への道をサポートしていきます。サービスを提供する側として、地方自治体で活躍するケースも見られます。例えば社会福祉協議会や福祉相談センターなどでは、適切な知識を持つ人物が求められています。

こうした場所で活躍できるのが社会福祉士なのです。どのような条件や場面においてどんなサービスが適しているのか、的確に見極めてソリューションを提供することになります。

最近は民間の企業でも福祉関連のサービスを提供しており、そうした企業からも求人が集まっています。これらの就職先は求人情報が提供されている施設やインターネット上のサイト、さらには行政に相談することでも見つけることができます。

社会福祉士の職場にはどのようなものがあるのか

社会福祉士は、様々な理由で日常生活を送るのに困難を抱えているクライアントをサポートするのが仕事です。クライアントとなるのは一般的にイメージされがちな高齢者や障害者ばかりではなく被虐待児童や生活困窮者など多岐にわたります。そのため、それに伴って社会福祉士の職場も非常に多岐にわたるものとなっています。

高齢者や障害者をサポートしている社会福祉士は高齢者施設や障害者施設に勤務しているケースが非常に多いです。施設では「相談員」や「生活支援員」、「生活指導員」といった肩書を持ち、施設利用者の日常生活や社会参加が円滑に行われるよう色々と尽力しています。

子どもをサポートする社会福祉士の職場は児童相談所や児童家庭福祉センターなどになります。全国の児童相談所に寄せられる育児放棄や児童虐待に関する相談件数が増加の一途をたどっている昨今、この分野における社会福祉士の需要は今後ますます高まっていくでしょう。

それ以外にも福祉事務所に公務員として勤務し、障害者手帳の交付や生活保護受給のための手続きなど住民と福祉サービスの橋渡し的な役割を担っているケースや、社会福祉協議会で地域全体の福祉を見つめ、住民主体の地域福祉活動をコーディネートしているケースなど、社会福祉士には様々な職場(活躍の場所)があります。

社会福祉士の志望動機として望ましいのは

社会福祉士の仕事は高齢で身体が不自由になった人や、生涯のある人、あるいは子どもたちに対して、生活のためのサポートを行うことを任務としています。それだけに弱者に対するサポートを通じての、社会貢献という意味合いが高い職務に従事することになります。

ということは、社会福祉士に最も必要なのは弱者に対する愛情である、と言えるのではないでしょうか。したがって志望動機には、この点を見逃すことはできません。つまり、老人、障害者、子供について、いかによく理解しているかを述べると同時に、こうした人たちにどのように接して行こうとするかについて具体的に述べるのです。

こうした志望動機をスムーズに相手に伝えるためには、社会福祉の現場で場数を踏んでおくことが必要です。つまり、実技研修やボランティアでの自分自身の体験を通して熱い思いを語るのです。

具体的にはどのように語ったら良いかといえば、例えば<相手の立場にたった血の通うサポートでありたいとか、また職場においては<職員同士のコミュニュケーションを大事にしたい>というふうにです。

いずれにしても社会福祉士に最も必要なのは、相手との気持ちの共有をはかることです。相手と心が通じ合えないことには、他にどんなことをしても、社会福祉士の仕事を全うすることはできません。

社会福祉士の仕事場は次第に増えている

社会福祉士の仕事場は、このところの高齢化の進展に伴って次第に増えてきているようです。と申しますのは、社会福祉士の代表的な仕事場の一つである老人ホームの数が近年どんどん増加しているからです。

したがって高齢化社会が続く限りは社会福祉士の仕事場は増加の一途をたどるのではないでしょうか。それだけではありません。社会福祉が活躍する仕事場には様々なフィールドがあります。老人ホーム以外での代表的な仕事場を並べてみますと次のようになります。

「病院や保険所・地方自治体管轄の福祉事務所・知的障害者施設・民間の福祉サービス企業」この他にも、このところ著しく増えてきている介護の分野でも社会福祉士の需要は増える一方です。

この分野で挙げられる職場には次のようなところがあります。「高齢者対象の福祉施設・グループホーム・ケアハウス・老人短期入所施設」以上のような施設で、相談業務を担当するソーシャルワーカーとして活躍するのが社会福祉士です。要するに社会福祉士は福祉や医療の現場には、なくてはならない大切な相談任務の担当者なのです。

何度も言いますが、今後益々高齢化社会が進展するわが国では、こうした任を果たす人の役目は益々大切になっていきます。