社会福祉士の試験問題と過去問の解説

社会福祉士は国家資格なので、資格を取得するためには国家試験をパスしなくてはなりません。

ここでは社会福祉士の国家試験の問題と過去問の解説についてまとめています。

社会福祉士の試験の日程とその概要

社会福祉士の試験は、毎年1回行われています。例年、1月下旬に行われるため、それに向けて受験対策をする必要があります。試験日は1月下旬ですが、受験の申し込み受け付けはそれ以前から行われています。通常は前の年の9月上旬から10月上旬まで、1か月間程受け付けています。

この期間中に申込書を出さないと受験できないので、必ず忘れないようにしてください。試験が開催される場所は、全国で24か所程用意されています。北は北海道や青森県、岩手県、南は熊本県、鹿児島県、沖縄県が開催場所に該当します。

多くの都道府県で開催されますが、ない地域もあるので長距離の移動が必要になることもあります。自分が住んでいる地域はどこで受験できるのか、申し込む際に確認するようにします。

社会福祉士の試験で要求される科目は幅広く、介護関連に加えて人体の構造や機能、さらには医療関連なども問われます。保健医療サービスや介護保険制度、更生保護制度などの制度関連の出題も多いので、バランス良く勉強をこなすようにしてください。

受験するには資格もあり、4年制や2年制などの大学で指定の科目を修めた上で卒業した人が当てはまります。大学でなくても、社会福祉士の養成施設を定められた期間学び終了した人も受験できます。

社会福祉士国家試験の試験問題

社会福祉士国家試験は、毎年1月下旬に全国一斉で実施されるのが通例で、精神保健福祉士国家試験と同時受験をすることもできるようになっています。午前の部と午後の部の2部構成となっており、午前・午後を通じたすべての試験問題の出題数は150問です。

当日の試験時間は、午前の部が正味にして2時間15分、午後の部が1時間45分と、午前の部のほうがウエイトが高くなっています。これは、同時受験を考慮して、社会福祉士国家試験の午前の部の試験問題が、精神保健福祉士国家試験の試験問題と同一内容・同一配列となっていることによるものです。

午前の部の試験問題は「人体の構造と機能及び疾病」から「権利擁護と成年後見制度」までの11科目からそれぞれ7問から10問程度ずつ出題され、すべて5者択一式のマークシートによる解答となっています。

午後の部については純然たる社会福祉士向けの内容で、「社会調査の基礎」から「更生保護制度」までの8科目からの出題となっており、なかでも職務内容を反映して「相談援助の理論と方法」の科目からの出題数がもっとも多くなります。こちらも午前の部と同様にすべて5者択一式のマークシートによる解答となっています。

社会福祉士合格には過去問とその解説が重要ポイント

日本にはたくさんの国家試験がありますが、どの国家試験でも過去問を繰り返して解くこと、その解説を理解する事が重要なポイントです。これは、試験の出題傾向を把握するだけでなく、「本試験のレベルを実感できる」大きなメリットがあるからです。

もちろん、「反復することで合格に必要な知識をしっかり定着させる」ことも可能です。だからこそ、社会福祉士試験においても、過去問とその解説が重要なポイントになります。

言い換えれば、社会福祉士合格には社会福祉士の過去問題集選びが極めて重要です。ポイントは「原則として、本試験時と同じ内容であること」及び「読みやすいこと」です。つまり、なるべく本試験時の問題文を変えておらず、解説が簡潔で分かりやすいことが重要なのです。

ちなみに、社会福祉士試験の合格者に好評なのは、中央法規の「社会福祉士国家試験過去問一問一答+α専門科目編」です。この問題集は問題文を極力加工しておらず、更に、一問一答式なので仕事の休憩時等の「短い時間」でも利用できることが大きな魅力なのです。

そして、この一問一答式の解説は簡潔にまとめられていることも好評の理由なのです。もちろん、中央法規では、その他の過去問集もあり、受験生に人気があります。

社会福祉士資格は最短で取得すべきか

社会福祉士の資格を取得するためには毎年1回実施される国家試験を受験し、合格することが必要です。ただ、その前に、この試験には他の多くの福祉系の資格と同じように受験資格というものがあり、それを満たしている人しか受験することができません。

受験資格を取得するための最短かつ最も確実なルートは福祉系の4年制大学を決められた履修科目を履修して卒業することです。このルートだと卒業見込証明書や指定科目履修見込証明書を提出する必要はありますが在学中に受験資格を取得することができます。

この最短ルート以外にも福祉系の短大や専門学校を指定科目を履修して卒業した後に、何年か現場で実務の経験を積むというコースや非福祉系の大学を卒業した後に短期養成施設に通うというコースなど社会福祉士試験の受験資格を取得する方法は色々とあります。

最短で受験資格を取得し、早く有資格者となった方がより長く業務に従事することができるので社会福祉士としての専門性を高める事ができると考えれば最短コースが良いような気もしますが、この仕事は様々な立場の様々な人と関わる仕事なので、逆に寄り道をして色々な人生経験を積んできた人のほうが良いのではないかと考えることもできます。

社会福祉士の最短合格に向けて

社会福祉士とは、介護が必要な方、事故などの影響を受けている方、病気の方など一般の方が何ら問題の無い生活を送ることが難しい方等に向けて、様々な援助業務等を行うための相談業務に従事する者のこととで、ソーシャルワーカーとも呼ばれる国家資格のことです。

管轄する法律は介護福祉法であり、社会福祉士は精神保健福祉士や介護福祉士と共に三福祉士とも呼ばれ、介護資格の中では上位資格に位置づけられます。

このように社会的にも必要性が求められている資格を取得する際には、各種制限があるほか、実務経験等も必要となりますが、実際に社会福祉士資格取得、いわゆる最短合格するにはどうすればいいのでしょうか。

一般的に福祉系大学に4年間に通学し、その指定された科目の履修を行い、この場合は卒業後にすぐ社会福祉国家試験を受験することが出来ることから、その合格率も比較的高いようです。

なお、同じ福祉系大学に通ったとしても指定された科目を履修していない場合は、学卒後に短期養成施設等の学習機関に入学し、必要な要件を得た後に受験資格を得ることから、資格取得には少し遅れもあります。

また、同じく学校等の学習機関で最短合格を目指す場合で、短期大学や一般大学に通う方法もありますが、仕事内容に必要不可欠な相談援助の実務講習のほか、一部養成施設等に通う必要もあるので、より時間がかかってしまうことは否めません。

その他特殊事例として、福祉施設での実務経験や知識がある場合に学校や教育機関での学習は関係なく、相談援助の実務教習と養成施設への通学のみで受験資格を得ることが出来ることから、この場合は社会福祉士の資格取得に対して近道であると言えます。

社会福祉士は幅広い知識が必要です

社会福祉士は知識が豊富である必要性があって、介護や福祉についての専門的な知識がなければなりません。社会福祉についての倫理や援助、価値、医療の知識に関してもある程度必要になってきます。

社会福祉士は要介護が必要な人に関する法律であったり、法改正に関しての問題をいち早く認識する必要があります。福祉や介護などの分野においては、現在でも法改正が多い分野であるということができます。福祉や介護の分野における法改正に関して敏感でなければ、行政や介護の企業との連携を取る際に支障をきたすことになります。

社会福祉士の現場は、人と接するものと言えます。介護福祉士やホームヘルパーの方と同様に、要介護者とその家族について正面から向き合っていかなければならない職場です。

その点を踏まえた上でもコミュニケーション能力についても、高いものを持っておく必要があると言えるでしょう。高齢者施設や障害者施設、児童福祉施設などのような社会福祉の現場で活躍するためには、児童福祉や社会福祉に関して詳細に学習をしておく必要性があります。

高齢者や障害者の方の在宅介護や、生活問題、施設やサービスなどにおける問題について専門家として仕事をするためには幅広い知識が必要になります。

社会福祉士の資格試験の難易度

社会福祉士は受験資格に制限がありますので誰でも受けられる資格ではありませんが、試験範囲が広いのが特徴といえます。例年30%以下の合格率ですから、国家資格の中では比較的高いほうだと言えます。

難易度の高い資格ではありませんので、しっかりと試験に向けて準備すれば合格できる可能性は高くなります。試験は年に一回しかありませんが、逆に言えば一年かけて勉強できるメリットがあると言えます。

社会福祉士は国家資格ですから、勉強は過去問を中心に進めることが可能です。国家資格は過去の類似問題が複数出題されますので、過去問の攻略が合格の鍵を握っていると言えます。

社会福祉士の合格率は30%以下ですが、難易度に関しては国家資格の中でも普通レベルだと言えます。超難関ではありませんし難関資格でもありませんので、確実な勉強をしていれば対応できる試験になります。

試験範囲の広い社会福祉士の試験ですが、レベルによって勉強方法を変えることも大切です、実務経験が豊富な人は数ヶ月の勉強で間に合う場合もありますが、業務に携わっていない人であれば長い期間をかけて勉強することが大切です

。国家資格ですから合格ラインも高くはありあせんので、確実に頭にいれることが大切です。