社会福祉士の気になる収入面について

福祉関係の仕事は非常にストレスが溜まる職場なのは仕方がないことです。

その分それに見合ったリターンが受けれれば良いのですが、その中で社会福祉士の収入面について調べてみました。

社会福祉士の気になる収入とは

福祉関係の仕事は「仕事は大変なのに給料や収入等が良くない」というイメージです。ところで、社会福祉士は、福祉関係では最上位の国家資格者であり、民間であれば高齢者介護施設や病院等に勤務することが多いことになります。

そして、高齢者介護施設や病院等のパンフレットには「介護士10名・看護師5名・社会福祉士3名」等が必ず記載されることがほとんどです。つまり、高齢者介護施設や病院等では社会福祉士の需要があるのです。

そして、単なる労働力としての需要だけでは無く、パンフレットに記載できる「社会福祉士」という国家資格者がいることをアピールできるメリット、更には、他の従事者をまとめる「リーダー職」等の高齢者介護施設や病院における幹部として、極めて高い需要があるのです。

このように、社会福祉士の資格者は需要があるため、その収入も他の従事者と比較すると高いレベルになります。もちろん、リーダー職になれば、収入に「役職手当」が加算されることになります。

もちろん、社会福祉士でない従事者に比較して、職位が上がりやすく、それに比例して収入アップが見込めることになります。また、定期昇給にしても、一般の従事者よりも厚遇されることが多く、一定の収入を確保することが可能なのです。

社会福祉士の平均月収について

社会福祉士の方々は一ヶ月でどれくらいの給料を得ている場合が多いのでしょうか。社会福祉士は働く場所によって給料が変わってきたり、働いている県によって給料が変わってきてしまうので、平均を出すと言う事は少し難しくなってきてしまうのですが、平均月収で30万円程度になることがわかっています。

もちろん年齢が高くなるにつれて、給料が上がってくるので、年齢別にすることによって、平均月収はかなり変わってきてしまうと言う事も言えるのです。20代のうちは平均でも20万程度になってきてしまうのですが、30代、40代と年齢を重ねて行く事によって、増加する傾向はどこの県でも職場でも同じ事が言えるようです。

社会福祉士は安い給料で働いていると言うイメージが強いのですが、若い頃我慢していれば、歳をとった際にもらう事ができる月収は上がってくるのです。年齢以外では、極端に月収が上がることはないので、平均月収が極端に上がると言う事はこれからも少なくなってくるのではないかと思います。

全体で考えると30万程度なのですが、今若い方が多くなってきているので、将来的に平均月収が上がってくることは間違いない職業なのではないかと思います。

社会福祉士の給料は安定している

社会福祉士の職場は非常に多岐にわたっています。そのため給料やその他の待遇は職場によって大きく異なってきます。とはいえ、比較的低いといわれる福祉関係の仕事の中では社会福祉士の給与は決してそうとは言えず、水準としてはむしろ高いといっても過言ではありません。

なぜなら就職先には社会福祉事務所、児童相談所、社会福祉協議会などのような自治体が多く職場として安定しているからです。それゆえに、社会福祉士の給料は公務員給与に準じた額が支払われるのです。これが給料が高くて安定している第一の理由です。

また民間に就職した場合でも、大抵の場合は自治体などと同程度の待遇になるようですから給料も決して遜色はありません。

では実際の初任給の額を見てみましょう。①大卒⇒年収(最低270万円、最高310万円)②短大卒⇒年収(最低230万円、最高280万円)が初任給ですが、これが10年後ぐらいになりますと月収は26万円、年収は500万円以上にアップします。

なおボーナスは月収の4か月分が標準で、月収には役職手当、資格手当、扶養手当、住宅手当などが付くことは言うまでもありません。どうですか、この待遇を見ると、現実問題として社会福祉士への夢が広がりませんか?

社会福祉士の安定した将来性

日本は2007年に、総人口に占める65歳以上の割合が21.5%を超え超高齢化社会となりました。即ち、高齢者の福祉等に対する必要性が極めて高くなっています。

そして、社会福祉士は、病院・介護関係を含めた高齢者施設・市役所等の行政における福祉関係・社会福祉協議会等において、障害者や母子家庭等だけでなく高齢者に対する社会福祉に関する相談援助業務をすべき福祉関係の最高峰の国家資格者です。

つまり、超高齢化社会となった日本においては、高齢者の社会福祉に関する相談援助業務等は、行政だけでなく、病院や高齢者施設でも非常に重要な業務になります。言い換えれば、社会福祉士の仕事は極めて安定しているのです。

即ち、病院における福祉業務・高齢者施設における福祉業務や介護業務において、福祉業務等のリーダーや管理職となり業務を遂行する社会福祉士には安定した将来性があるという事です。

このように超高齢化社会となった日本において、社会福祉士は必要不可欠な存在であり、病院や高齢者施設等で安定した需要があります。もちろん、市役所等の職員として社会福祉士資格を持つ公務員もおり、社会福祉士の専門性を生かし、行政職として社会福祉に携わる人も増えています。

即ち、民間の職員としても、公務員としても、安定した将来が見込めることが大きな魅力です。

社会福祉士の気になる待遇とは

福祉関係の仕事をしていれば「社会福祉士」という国家資格のことを聞いたことがあるはずです。ちなみに、社会福祉士は福祉関係の資格における最上位の国家資格です。もちろん、社会福祉士は、病院や介護施設だけでなく、市役所等の行政機関や社会福祉協議会等でも仕事ができるため、福祉関係者では人気の国家資格です。

そこで気になるのが「社会福祉士の待遇」です。つまり、給料や年収等に資格手当等がどれだけ反映されるかが気になるところです。ちなみに、ある統計によると資格手当の平均は14,100円で、支給されていない場合もあります。

正直なところ、「資格をとっても給料等の待遇が大きく変わらない」というのが率直な感想とも考えられます。しかし、この数値は「あくまで資格手当としの平均」なのです。例えば、病院等であれば「賃金規定に社会福祉士の資格手当の規定がないため支給していない」こともありますが、その分「基本給をあげている」ことがほとんどです。

また、手当や基本給は従来どおりだが「賞与支給時に特別支給分として10万円から15万円上乗せされている」というケースもあります。つまり、社会福祉士の待遇は「勤務先の賃金規定により様々」であるものの、資格取得後の待遇が良くなり、その待遇の良さが大きなメリットなのです。

社会福祉士の手取りについて

最近、増税や景気が悪い状況の中で、正社員の仕事に就くという事が非常に難しい状況です。さらに、給与の不安定な契約社員や派遣社員などの仕事の求人は増えています。また、介護や福祉の分野が今注目を浴びている中で、専門職の仕事に就くということも一つの方法です。

特に、介護や福祉の分野は今日本が抱える問題とリンクする所があるので、とても求人の数が増える分野になると予想されます。一つは、子供の出生率が減少している少子化という問題があげられます。また、もう一つは高齢者の増える高齢化社会の問題もあります。

このような状況の中で、今、社会福祉士の仕事は非常に注目を浴びています。まず、この社会福祉士の仕事は、身体的やあるいは精神的に障害を抱えている人のために支援を行うという内容の業務です。この対象になる人は高齢者から小さな子供達まで全ての年齢層を指します。

そのため、社会福祉士の仕事は活躍する場所も様々です。また、手取りについては、それぞれ違いますが、基本的には20万円以上の手取りになります。また、勤続年数が長くなればそれだけ、手取りもまた増えますし、給与が20万円以上という安定している仕事であれば、一生安心して仕事に取り組むことができます。