社会福祉士になるための通信講座について

社会福祉士になる為には国家資格に合格しなければならず、その為に通信講座やスクールに通う人が多いです。

ここではその中の通信講座について費用や内容などをまとめています。

社会福祉士資格取得を通信講座で行う利点

高齢化社会に突入した日本で、社会福祉士という福祉全般の仕事に係ることができる資格の需要は今後も高まることが期待できます。

社会福祉士はその資格の難易度が高い事でも有名な資格で、専門の講座がある塾形式のサービスもあれば通信講座のサービスも多く存在します。

社会福祉士の資格取得のために通信講座を利用するメリットとしては、まず第一に、ビジネススクールなどで開口されている塾形式の口座に比べると受講料金をかなり安く抑えることができる点が挙げられます。

市販された教材を購入すれば、もっと安くすることもできますが、市販の教材では通信講座のようなサポートが受けられません。教材を利用して勉強していて、わからない問題などがあった場合、通信講座であればメールや電話・FAXなどで、社会福祉士試験のエキスパートに質問することができるのも大きなメリットです。

それ以外にも平日は仕事をしていたり、家事などでまとまった勉強時間を捻出できない方でも、空いている時間を利用して、自分のペースで資格取得のための勉強ができる事も通信講座の持つメリットの一つです。

そして、これも受講料に関係してくるのですが、社会福祉士の資格試験を通信制で行う際に教育訓練給付金の制度を利用できるl口座があるのもまたメリットと言えるでしょう。

社会福祉士試験用通信講座の魅力と安い学費について

社会福祉士の資格取得のための学習に、通信講座を利用する受験者が多く存在します。資格取得のための学習期間中は、何らかの仕事に就いている人が多く、その傍らの時間を割いて取り組むこなりますので、通信講座という、自身の時間管理の取り組み易さがあることから人気があります。

実際に、資格取得の勉強ともなりますと、テキストや問題集の購入、更には必要に応じて講習会に参加することもあります、それらの学費と比較してみても、通信講座のほうが安いことが多くあります。資格取得までの間は、出来るだけ出費を抑えながら学習することを求めていますので、学費が安いことも魅力のひとつになっています。

社会福祉士の筆記試験の範囲は広く、知識を習得するだけでも相当の時間を必要とします。それに対して、通信講座ですと、出題傾向が端的にまとめられた参考資料を提供していますので、効率よく学ぶことが出来ます。限られた時間の中での学習になりますので、ポイントを抑えた内容は、取り組み易さがあります。

このように、社会福祉士の資格取得のための学習は、時間との勝負になりますので、その要件に合致している通信講座は、合格率そのものを高めていく結果を生み出しています。

社会福祉士の教育・通信講座にかかる学費について

日本には三福祉士と呼ばれる国家資格があります。その中でもっとも取得の難易度が高いのが社会福祉士です。社会福祉士になるための受験資格は細かく規定されていますが、法律で定められる施設での実務経験が5年以上あれば受験が可能です。

社会福祉士に合格するための方法としては、専門学校などが行っている教育課程を受ける必要があります。教育課程は、主に124単位以上の習得を行い、また実習を受けることになります。単位取得に必要な学習は通信講座で行うこともでき、多くの場合には、通信講座で学習を行い、必要な実習は専門学校などが指定している施設で行うことになります。

必要な学費に関しても学校によってことなりますが、1年次編入学であればおおむね100万円前後、3年次編入学であれば65万円前後、4年次編入学であれば60万円前後が必要となりますが、資格取得を目的としない場合の20万円から10万円ほど低い学費となります。

大学や短大を卒業したさいに社会福祉士の資格を求めることも可能ですが、資格が就職に有利に立つ場合があるものの、給与面ではそれほど差がつくものではないので注意が必要です。そのため、福祉施設に勤務しながら社会福祉士の資格を取得する人も多くいます。

通信課程を利用して社会福祉士になるには

社会福祉士になるには色々なルートがありますが、基本的には福祉系の大学を卒業する必要があります。大卒や短大卒でも福祉系でなければ受験資格は得られませんので注意が必要です。

福祉系の大学や短大を卒業しないと絶対に資格を取れないわけではなく、養成施設に通い受験資格を得ることが可能です。社会福祉士の養成施設には全日制もありますし夜間制もありますが、通信課程でも受験資格を得ることが可能です。

社会福祉士の通信課程では各学校により差がありますが、2年間の就学年数となっているところが多いと言えます。通信課程のメリットは働きながらでも学べるところですが、同じ目的であれば夜間制も良い選択となります。

夜間制でも学校により1年から2年間の就学年数が必要になってきますので、働きながらであれば通信課程のほうが融通がきくと言えます。全課程を終えれば受験資格が得られるのはどれも同じですから、利用しやすいところを選ぶことが大切です。

社会福祉士には短期養成施設もありますが、学歴はあるものの受験資格のない人が通うところとなります。一般養成施設は学歴がなく実務経験のある人が通うところですから、間違えないで選ぶことが大切です。短期養成施設は通信制が多くなっています。

実習も受けられる社会福祉士の通信講座

介護関連の資格として注目されているものの一つに社会福祉士というものがあります。これは国が認定する国家資格で、社会福祉に関する専門職としての技能を証明するものとなっています。役割としては、体の不自由な方や高齢者の生活に関する相談を受け付けたり、援助を行います。

こうした方々は生活の色々な場面において悩みや困ったことを抱えていますが、自分で全て解決するのは難しいものです。そこで社会福祉士の資格を持った者が悩みや要望を聞き取り、それらを解決するためのサービスや情報を提供していきます。

社会福祉士として活躍するには、資格試験に合格しないといけません。受験資格が定められており、まずは必要な科目を履修し卒業する必要があります。これらの科目は専門学校などで学習できますが、最近は通信教育でも提供されており、自宅での学習も可能になっています。

通信教育であればわざわざ学校まで出向く必要がなく、時間的にも有利です。近くに学校がない地域でも学習できる上、働きながら学ぶこともできます。一方で受験には4週間にわたる実習を受けることが求められています。

これは専門学校であれば実習先を用意してもらえるのですが、通信教育でも同様のサービスが提供されています。そのため通信講座でも問題なく受験資格を満たすことができるのです。

社会福祉士の勉強は通信で短期集中

社会福祉士とは、福祉社会を支える専門家として活躍したい人におすすめの資格です。ソーシャルワーカーや生活相談員、ケースワーカーなど福祉サービスの専門家として高齢者や障がい者など日常生活を送ることに支障がある人に対して、福祉に関する相談やアドバイスを行う仕事を担います。

社会福祉士は国家資格であるため、資格取得者は高い信頼と評価を得られます。資格を取得するには、受験資格があります。大学等で指定科目を履修した人、または社会福祉士の一般養成施設や短期養成施設を卒業した人、のいずれかに該当しなければ受験することができないので注意が必要です。

年に1回試験が開催され、マークシート式で全科目の合格基準は60%程度です。受験資格があれば、資格取得への勉強法ですが、通信教育で効率よく学習する方法があります。広い試験範囲からポイントを絞ったわかりやすいテキストで、短期集中で学ぶことができます。通信講座は自分の自由な時間に学習できることもメリットです。

超高齢化社会の世の中で、介護や福祉業界のニーズは高まっています。在宅ケアや老人ホームなどの施設も増加し、有資格者は強い武器になります。介護業界以外にも医療機関や行政機関などの職場で活躍できます。