社会福祉士の有資格者数の推移

日本経済が不景気に傾いていく中、やはり人気のある職業は国家公務員であったり、国家資格のある職業です。

ここでは国家資格の中でも人気のある社会福祉士の有資格者数の推移についてまとめています。

介護で活躍する社会福祉士と有資格者について

近年、景気が悪いという状況から、雇用状況も悪いという状態が続いています。特に、短期期間の労働や、契約社員などの非正規雇用の仕事など、求人の数も、正規雇用の正社員の仕事は激減しています。そのような状況の中で今注目を浴びている分野が資格や免許が必要な専門職になります。

専門職の仕事は、免許や資格が必要になりますが、一度身につけると、生涯にわたり活躍できる人材として重宝されますし、仕事の心配もする必要がないです。このように、専門職の仕事が注目を浴びていますが、その中でも社会福祉士などの介護の仕事は特に人気が高いです。

有資格者の数としては介護系の資格を取っている人の半数が、この社会福祉士の資格を持っています。この、社会福祉士の仕事は身体上や、精神上の障害などにより、日常生活に支障を来る人のお世話をする事が主な仕事になります。

そのため、専門的知識および、技術が必要になりますので、しっかりとした学習により、それらの資格や技術を習得する事が一番大切になります。この、社会福祉士の有資格者の数は今現在、半数となっていますが、今からより多くの人材を確保する為にも今の、有資格者数よりも多い人材を育てる事が非常に重要です。

社会福祉士の有資格者数について

近年、景気が悪いという状況の中で、色々な問題を抱えている人が多くいます。特に、仕事がなかなか無いという人や、定職に就くことが難しいと考えている人が多くいます。このような状況の中で、今、資格や免許が必要な専門職が大変注目を浴びています。

特に介護の分野においての資格は、生涯にわたって、活用できる資格になるので、一度取得すればずっと活躍できる仕事があるということになります。また、今の世の中の問題の中でも、上位を占める問題として、高齢化社会に入るという問題もありますし、子供の数が減少するという少子化の問題もあります。

これらの問題を解決するためにも、介護分野で活躍できる人材を育成する事が非常に重要です。介護の分野でも有名な資格が、社会福祉士の資格です。これは、今からの時代には大変役立つ資格になります。社会福祉士の有資格者数は、介護系で活躍する人の約半数の数になります。

しかし、これから進むといわれる高齢化社会に対応するためには、もっとたくさんの有資格者数が必要になります。社会福祉士の仕事はこれからの介護の分野でも大変役立つ資格になりますので、これからもっとたくさんの人材を育成するという事が一番大切です。

就職や転職に有利な社会福祉士について

近年、景気の低下などに伴い、給与などの安定した正社員の仕事の求人が少なくなってきています。また、それと共に、給与の安定しない、また、契約社員や派遣社員などの非正規雇用の仕事が減少しています。

このような状況の中で、景気などに左右されずに、安定した仕事を一生手に入れることのできる専門職などの仕事が人気を集めています。特に、資格や免許を必要とする仕事が人気です。専門職の中でも、介護系の分野の仕事は特に人気です。

例えば、社会福祉士の仕事は、国家試験を受験することで取得できる資格になるので、もし、取得できれば、就職や転職の時に大変有利な資格になります。少子化や高齢化社会などを迎える日本では、介護の分野は特に今から需要の高いものになります。

特に、身体上、あるいは精神上の障害などにより、日常生活を営むのに支障がある人に対して、専門的なケアなどを行う職業が、社会福祉士の仕事になります。

社会福祉士の仕事は、介護系の中でも特に幅広い活躍が期待できる職業なので、一度資格を取ることで、一生安定した仕事を続けることができます。これらのことから、この資格を取得することで、就職や転職にも大変有利になるという事が分かります。

社会福祉士に向いてる人について

社会福祉士を目指したいと考えている方の中には、社会福祉士となった後にこれから自分が続けていける職業であるかということを心配する方もいらっしゃいます。まずは社会福祉士という仕事に向いてる人はどんな人なのかということをきちんと把握してから自分に合っているかということのヒントにつなげていきましょう。

社会福祉士とは第一に、まずは人とのコミュニケーションを取ることが好きという気持ちがある事がとても大事です。職業柄、子どもから高齢者、またその家族、また他の専門職の方とも仕事を一緒にすることが多いので、普段から人と関わることが得意だったり苦にならないという方が向いている傾向があります。

また社会福祉士は相談業務が主な中心の業務になるため、話すのが得意ではなくても相手の話をしっかりと聞くことができるという聞き上手な方も素質があります。そして、相談を受ける相手が必要とするサポートを汲み取ってあげることができ、相談者にとって安心できる存在となるような信頼関係を築く力が社会福祉士にはもっとも重要なポイントです。

仕事をして行く中で、何か壁にぶつかってしまった時にあきらめず、様々な視野からサポートを考えていけるように知識を高めていけるようにという勉強熱心で向上心がある方が、この仕事に向いてる人だと考えられます。

社会福祉士の年齢層について

介護に携わる人材が必要になってくるこれからの日本を考えていくと、社会福祉士の資格を取得しておくことは今後のキャリアにはとても有利といえるのは間違いありません。

毎年実施されている社会福祉士の国家試験の合格者の年齢層を見ても、20代、30代はもちろんのこと、40代以降の受験者の割合も目立つころから、年齢に関係なく資格取得に向けて勉強していくのもいいと思います。

しかし、社会福祉士は国家資格となるため、それなりの準備も必要になります。毎年の合格率は平均して2~3割程度となっていることからもわかります。毎日の多忙な仕事と平行して資格取得のために準備をしていくのは大変であることは覚悟しておいたほうがいいでしょう。

社会福祉士の主な仕事は、主にメンタルケアが専門分野となってきます。介護を必要としする方だけでなく、その家族の方の心のケアも考えていかなければならないため、知識だけでなくコミュニケーション能力も必要になってきます。

毎年、幅広い年齢層の方が合格していますが、現場で役立ってくるには、それなりの経験と知識も必要になりますので、実務経験をある程度積んだ方が、次のステップアップとして目指す資格として非常におすすめです。

社会福祉士に年齢制限はあるのか

社会福祉士は昭和62年の国会において制定された社会福祉業務に携わる人の国家資格です。社会福祉業務とは、身体的あるいは精神的障害がある人の福祉に対して、専門的知識と技術をもって相談に応じたり、助言や指導、福祉サービスを提供したりすることを言います。

これらの社会福祉業務は、社会福祉士でなければできないというものではありませんので、社会福祉士は業務独占の資格でなく、名称独占の資格、つまり、資格を有していない者が、勝手に社会福祉士を名乗ることはできないということです。

社会福祉士になるために年齢制限はありません。30代、40代でも資格取得している人は大勢います。ただ国家試験を受けるためには、福祉系の大学で4年間、そして実務経験4年以上、さらに短期養成施設での経験が必須となってきます。

そのために年齢制限はなくとも、全く経験の中人が目指すにはかなりの道のりになります。福祉関係の大学を卒業し、実務経験もすでにある人であれば、短期養成施設での経験のみで受験資格を得ることができるので、年齢をあまり気にしなくても良いでしょう。

福祉関係の業界の生きていく上では、社会福祉士の資格を有しているほうが有利となることもあります。