調剤薬局事務でスキルアップするためにやること

調剤薬局事務は資格もある専門職ですので、働くことでスキルアップに繋がる事は往々にしてあります。

ここでは調剤薬局事務でスキルアップするためにやることについてまとめています。

調剤事務の仕事スキルをみがく

調剤事務の仕事は女性に根強い人気のある職業です。主婦の方にも、最近では若い年齢層の方や学生、社会人にも世代に関係なくあこがれの職業になっています。人気の理由は、勤務先である調剤薬局は日本全国にあるので、働く場所に困りません。

これは、結婚して住む場所が変わったり、ご主人が転勤の多い仕事でも再就職しやすく、気にすることなく働くことができます。調剤事務ならではのメリットです。また、調剤事務は自分にあった勤務形態を選ぶことができます。

安定した給料と待遇を希望するなら正社員を、また家事や育児を両立したい主婦の方にはパートタイムや派遣といった選択肢もあります。自分のスタイルでお仕事ができます。そして、女性の場合は結婚、出産などで一度仕事から離れたとしても資格や経験があれば仕事復帰しやすくなります。

このためにも、調剤事務の資格をとったりスキルを磨くなどの努力が大切になってきます。調剤事務は調剤だけのお仕事ではありません。患者さんの対応やレセプトなどの点数計算など専門的知識、薬剤師の補助的な仕事もおこなうため薬剤の知識も必要になってきます。

これらのスキルをみがき、調剤事務の仕事プラスアルファのできる人は将来性を見込める方として職場の即戦力となるでしょう。

スキルアップも可能な調剤事務について

近ごろでは、専門的な知識やスキルが求められる職業が高い人気を誇っています。薬局やクリニックなどで調剤事務を行っている人は、医薬品の幅広い知識や経験が必要とされています。患者やその家族からも感謝される非常にやりがいのある仕事ですので、多くの人々が求人に応募しているのです。

調剤事務は、日々変化していく医療や薬についての情報に対しても素早い対応が求められますので、常にスキルアップのための勉強をすることが大切です。調剤事務は、年齢に関わらず長く働きつづけられる職業ですので、将来のためにさらなるスキルアップを目指して働きながら研修を受けたり、独学で学習する人も増えてきているのです。

このように、高い向上心を持ってさらなるスキルアップやキャリアアップを目指している人が多く見られる調剤事務職は、より専門性の高い仕事としてその需要はますます高まってきているのです。

全ての患者の治療がスムーズに進むように、高度な医療知識やスキル、豊富な経験を最大限に活かして全力で業務に取り組んでいます。

安全性の高い医薬品を間違いなく正確に患者に提供することのできる調剤事務という仕事は、多くの患者たちから非常に厚い信頼と満足度を得ているのです。

調剤事務のスキルでエクセル操作

調剤事務のスキルで必要最低限なエクセル操作に関しては、やはり薬の名前や種類を把握したり、顧客リスをとまとめたりする事などで、随分と役立つシステムとなります。

そう言った調剤事務の仕事にとっては、やはり最低限のエクセルの操作が出来ない事には、なかなか仕事を行う事も難しい状況の為、独学でもしっかりとパソコンの操作を学ぶ事が重要となります。

調剤事務で、その顧客の管理をエクセルにより行う事となれば、すぐにリストを活用しながら、カルテの整理を行ったりする事が出来て、何かと使えるシステムが多く、色々な面で仕事を支えてくれます。

そう言ったシステムを調剤事務として使いこなす事が出来れば仕事に関しても、スムーズな処理が行えたりする事で、薬剤師などの仕事の手間を省いてくれる事も十分に考えられます。

そこでやはりエクセル操作が出来る方で、色々と仕事を支えてくれる調剤事務の役割は、特に薬剤師にとってもありがたいパートナーとなります。

そう言った方が、処方箋のリストをしっかりと読み取りながら、薬剤師に仕事を渡す事となる事で、患者さんの情報などをしっかりと与える役割をこのエクセルにより行えて、調剤事務としてしっかりと仕事を行う事となります。

調剤事務で英語のスキルを磨く

調剤事務というお仕事をご存じですか。調剤事務とは、処方せんを持って来局される患者さんの応対業務です。初めての来局か再来かを確認し、処方せんの有効期限等も確認します。初めての来局の場合は、アンケート用紙で住所・氏名、服用歴、病歴等の情報を取り、顧客データを作成します。

ところで、最近は地域によって、外国の方もたくさん来局に来られるようになりました。受付する場合に、英語が分からずどうしたらいいか困ることもありますので、英語のスキルを磨くことも大切ですね。

次に、持参された処方せんを確認し、薬剤師へ渡すと、調剤がなされますので、処方内容を「調剤録」としてコンピューターに入力保存します。現在、院内処方せんは2年間、調剤薬局では3年間の保管が義務付けられており、調剤録も、処方せんと共に3年間の保管が義務付けされています。

ところで、調剤薬局では非常に膨大な種類の薬を取り扱っていて、その組み合わせ次第では、副作用を起こす可能性もありますので、これを防ぐために「薬歴簿」を作成し、処方した薬の種類や処方時期等の情報を保存します。

そして処方内容に従って調剤報酬を算定し、患者さんへの請求書を起こし、会計業務を行います。通常、患者さんは国民健康保険などの保険組合に加入されていますので、実際に負担される薬代は一部となり、残りの代金については、患者さんが加入されている保険組合などへ請求します。

さて、このように、調剤費や薬代などを保険者に請求することを「レセプト業務」、その請求のために保険者に提出する書類が「レセプト」と呼ばれるもので、調剤事務の仕事の中で最も専門的業務となります。

調剤事務としてステップアップするには

調剤事務とは、街中にそれなりに見掛ける調剤薬局で、事務員として働く仕事です。そのため自宅の近所でも比較的仕事が見付け易く、女性に人気の仕事の一つと言えます。

というのも調剤事務は、フルタイムで働くだけでなく、パートとして午前や午後だけ働く、という勤務方法も可能な職場が多いです。お陰で、家事や育児をしながら働き易い仕事であると言えます。

そんな調剤事務ですが、どうせ働くならパートではなく、ステップアップして正社員になりたいと考えるケースも珍しくないです。ではパートから、正社員にステップアップする方法ですが、資格を取得するというのがまず必要だったりします。

もっとも薬剤師とは違い、調剤事務には国家資格は存在していません。そのため、この仕事に就くために絶対に必要な資格はないです。

ただし調剤事務の民間資格は、幾つか存在しています。そしてこの仕事は医療に関する専門的な知識は必要ではないですが、処方箋の入力や薬剤師が調剤する際のサポート業務等を行う事になるので、薬の基礎知識は必要だったりします。

なので、ステップアップして正社員になりたいなら、勉強して民間資格を取得し、そういった知識を身に着けておいた方が、断然有利です。

調剤事務の仕事をする上で知っておきたい大切なこと

調剤事務の仕事を行ううえで大切なこととは、どのようなことでしょうか。まず知っておきたいのは、事務といってもデスクワークだけではなく、接客や立ち仕事が多いのが特徴であるということです。ですから、普通の事務作業をしたいと思っている人は、ちょっと勝手が違って戸惑うかもしれません。

なぜ接客や立ち仕事が多いのでしょうか。調剤事務を行う調剤薬局は、患者さんが薬を処方してもらう場所だからです。ですから、患者さんに接する機会が必然的に多くなります。

このため接客の最低限のマナーを心がけておく必要があります。また、処方によっては薬の受け取りの順番が前後することもあり、そのような場合には、患者さんに一声かけておくのも大切なことです。

それから、調剤薬局は残業がどうしても増えがちです。特に、提携している病院やクリニックの規模が大きな場合は、患者さんも多いため、最後の患者さんの処方が終わるまでは、仕事を終わることが不可能です

。こういう事情もありますので、調剤事務の仕事につきたい場合は、通勤に便利な場所であるとか、家の近所の薬局を探すといいでしょう。今は調剤事務関連の求人サイトもありますので、そういうサイトを利用すると、自分の希望に合った勤務先を探しやすくなります。