調剤事務のアルバイトはどうなのか

調剤事務としての雇用方法と言えば、正社員や派遣社員、そしてアルバイトがあります。

ここでは時間や休日などの都合が付きやすく主婦でも働きやすい調剤事務のアルバイトについてをまとめています。

調剤薬局事務のアルバイトを探してみよう

調剤薬局事務の仕事はアルバイトでも見つけることが出来ます。主婦をしている場合など、フルで仕事をすることが出来ませんが、調剤薬局事務のアルバイトなら家庭の仕事と両立して働くことが出来るので便利です。

まず、調剤薬局は比較的街中で発見しやすいため、地域によってはかなり多くの店舗が見つかります。自宅の近所で職場を見つけることが難しいというわけでもないので、アルバイトとしても働きやすいものです。

調剤薬局事務のアルバイトの求人がなかなか見つからないという場合、インターネットから求人サイトを利用しましょう。地域を選択して仕事を探すことが出来るので便利です。

医療関係の求人サイトを活用する、または事務系の求人サイトを活用していくと便利です。求人に応募して採用されるかどうかは経験が重要でもあります。今までにこのお仕事をしたことがある人なら、特に問題もなく有利に採用を狙うことが出来ます。

求人探しにおいてはしっかりと時給を確認しておきましょう。時給が高いほうが稼ぎが良くなりますし、交通費がかかるなら、交通費の支給があるかどうかを確認しておくことも大事です。正社員で働けない時に上記を参考にして仕事を探してみると良いです。

調剤薬局事務に必要な資格を取得する際の難易度とは

薬剤師になるためには、薬剤に関する専門の勉強を何年も行った上で、国家試験に合格して、国家資格を取得する必要があります。そのため薬剤師がいる調剤薬局で働くには、そんな風に薬剤師になる必要があると思い込んでいる人は、珍しくないです。

ですが実際の所、調剤薬局には薬剤師だけでなく、調剤薬局事務も働いています。しかも薬剤師とは違い、調剤薬局事務として働く場合は、薬剤に関する専門知識や資格を取得する必要はなかったりするのです。

そんな調剤薬局事務として働く事で得られる利点は、ライフスタイルに合わせて勤務時間が選べる事です。というのも調剤薬局事務は正社員としてフルタイムで働くだけでなく、パートやアルバイトとして午前や午後だけ働くといった事も、可能な薬局が少なくありません。

そのため主婦が、家事と子育てをこなしながら、働く事も出来ます。前記した様に、調剤薬局事務は特に資格がなくても、働く事が出来ます。ですが現実的な問題としては、やはり民間資格を持っていた方が、仕事探しを行う上でも有利であると言えます。

そんな民間資格試験の難易度ですが、資格試験の中でもその難易度は比較的簡単だと言えます。更に通信講座を受講すれば、そのまま資格取得が可能な講座も少なくないです。そのため、調剤薬局事務として働きたい人はまず、民間資格を取得する事をおすすめします。

調剤薬局事務の時給の相場はどれくらい?

調剤薬局事務をやる上で、お給料がどれくらいもらえるのかは気になるところです。調剤薬局事務の時給の相場は、雇用形態によっても違ってきます。いずれの働き方にしても、経験者であれば、最初から時給が上がる可能性が高くなります。

まず、正社員の場合ですが、お給料は月に20万円前後のところが多いようです。また、最近では派遣社員として調剤薬局事務のお仕事をする場合もあり、その場合の時給は、1200~1500円くらいが相場です。ただ、正社員と違う所は、交通費が支給されない所が多い点と、ボーナスの支給がない点です。

それから、パートやアルバイトを雇用している薬局も多いようです。その場合の時給は、850~1000円くらいが相場です。時給は高いとはいえませんが、その分、交通費の支給がある所が派遣社員に比べると多いです。パートで家庭と両立しながら午前中、あるいは午後だけ働くという人も多くなっています。

調剤薬局事務は、資格や経験があると就職に有利になります。必ずしも調剤薬局事務の資格や経験でなくても、医療事務の資格や経験がある場合なども、採用されやすくなります。また、接客経験があることも、就職に有利になります。最近では、通信講座などでも資格の勉強をすることが可能になっています。

働きやすさで選ぶなら調剤薬局事務で決まり

出産と育児でしばらく仕事から離れていた女性が仕事に復帰したいと思ったら、家事や子育てと両立できる仕事を探したいですね。女性に人気がある資格といえば、医療事務や調剤薬局事務が挙げられます。

それまで医療系の仕事に就いたことがない方でも資格があれば就職が有利になります。専門の資格を取って理想の職場を探しましょう。医療事務と調剤薬局事務を比べてみると、資格が取りやすいのは調剤薬局事務の方になります。

集中的に学習すれば半年以内で資格が取得できます。調剤薬局は働きやすさでも人気がありますし、フルタイムの正社員以外にパートやアルバイトとして働くことも可能です。医療事務の資格を取ると病院やクリニックといった医療機関が職場になります。

医療機関と調剤薬局を働きやすさで比較した場合、医療機関の方は仕事の範囲が広くなることが考えられます。診療報酬請求業務だけでなく患者さんの受付業務も行うことになるでしょう。

どちらの方が働きやすいかは人それぞれ価値観が違いますが、薬剤に興味のある方やプライベートでも薬剤に関する知識を活かしたいという方には最適でしょう。調剤薬局事務の資格は通信講座で学習を進めて合格を目指すことも可能です。

専門的な能力が求められる調剤薬局事務

多くの人々が、理想の条件を満たすことのできる仕事を探して就職活動を行っています。さまざまな仕事がありますが、中でも調剤薬局で働く調剤薬局事務は、専門的な能力が求められる仕事といえます。

調剤薬局事務は、薬剤についての専門知識や技術が必要になりますので、常に変化していく医療制度や医薬品に関する最新の情報を常に得ておくことが非常に重要なのです。

能力を高めるために、常日頃からスキルアップやキャリアアップを目指して努力している人も非常に多く見られるようになりました。調剤薬局事務の仕事は、患者が服用する医薬品を間違いなく正確に提供するために欠かせない大切な仕事ですので、需要も高く人気があります。

また、短時間勤務やフルタイム勤務など、自分の生活スタイルに合わせて働き方を選ぶことが可能な点も大きなメリットとなっているのです。さらに、実務経験を増やしていくことで臨機応変な対応力も身に付きます。そのため、自分自身にとってもさらなるスキルアップを実現することが可能になるのです。

調剤薬局事務は、多くの患者やその家族がよりスムーズに治療を受けることができるよう全力でバックアップを行っています。患者から大きな信頼を寄せられています。

調剤薬局事務は立ち仕事の比率が高いです

調剤薬局事務とはどのような仕事なのでしょうか。いわゆる調剤薬局の事務関係、特にレセプトの作成が主な仕事になります。事務関係ではありますが、普通の事務系の仕事のように、デスクワークのみではありません。どちらかといえば、立ち仕事の方が多いのが特徴です。

また、大きな病院と提携している調剤薬局は、患者さんが頻繁に訪れます。従って、最後の患者さんの処方が終わらないと、その日の事務の仕事も終わりません。このため、もし調剤薬局事務を希望する場合は、家の近所、あるいは通勤に便利な所がお勧めです。

また、立ち仕事が多いということは、患者さんに接する機会も多いので、ある程度体力があり、しかも接客業が好きな人は特に向いています。

最近では調剤薬局事務の求人サイトもありますので、そういうのを活用するのもいいでしょう。登録は、個人情報と希望を入力するだけです。後は、サイトの方でその人に合った求人を探してくれます。

また、長時間の立ち仕事はつらいけど、3時間程度なら大丈夫という人は、それも希望として登録しておくと、1日5時間程度のパート勤務を紹介してもらうこともできます。もちろん、登録情報や登録の事実は、外部に流出しないようきちんと管理されます。