似ているようで違う!調剤薬局事務と医療事務の違いについて

薬局で働く調剤薬局事務と病院で働く医療事務、それぞれかなり似た職業ではありますが、実際何がどう違うのでしょうか。

ここでは調剤薬局事務と医療事務の違いや給料の差などについてまとめています。

人気の職業、調剤薬局事務や医療事務で働きたい!

今、女性に人気の職業、調剤薬局事務と医療事務。調剤薬局事務とは医療事務の仕事は同じような印象を持たれている方も多いでしょう。勤務先が調剤薬局と病院の違いだけなのではとお思いかもしれませんが、異なる点はいくつかあります。

医療機関の事務職として共通する調剤薬局事務と医療事務ですが、調剤薬局事務は医薬分業に伴い、調剤薬局で事務を行う職業です。

かつては医療機関で処方箋に基づいた薬を受け取っていましたが、医薬品の高度化・専門化に伴い薬剤師の役割が増し、専門的な立場から薬を処方する現在のシステムに変わりました。

調剤薬局事務の仕事内容について

調剤薬局事務の場合は、医療機関周辺に複数の薬局が存在している事もあり、患者は自ら選択して調剤薬局に訪れる事が可能になる為、失礼のない応対で対応しないと他の調剤薬局に代わってしまうという事もあり、サービス業の意味合いが強い職場でもあります。

調剤薬局事務は、患者さんのへの対応、レセプトの作成、集計、保険者への診療報酬請求、お薬手帳の作成、薬の在庫管理などがあります。患者さんに待たせる事の無いような迅速な対応や薬剤師との連携で業務がスムーズに回るような配慮が必要です。

また調剤薬局は営業時間を過ぎていても近隣の医療機関の診療時間終了後まで開いている事も多く、拘束時間が長くなる傾向があります。

調剤薬局事務に関しては調剤分野のみですが、患者さんとの接点に携わる点では変わりはありません。事務作業が中心ですが、窓口業務などにも関わり、患者さんとのコミュニケーションも必要とされる専門職です。

医療事務の仕事内容について

医療事務の場合はレセプト作成の点では同じですが、手術や入院など患者さんと医師・看護師とのパイプ役ともなり、また検査データなどの文書管理にも携わり、医療機関の運営に関わっています。

医療事務は、外来患者への対応、受付業務、入院患者への対応(病棟クラーク)、レセプト業務(診療報酬請求)、大きな総合病院では秘書業務、オペレーター業務、統計業務などがあります。調剤薬局事務と比べて医療事務は仕事が多いようにみえますが、事務以外に薬剤師の補助等の仕事もあります。

また、医療事務はメディカルクラークとも呼ばれ、医療機関によっては秘書業務なども担うことがあります。大病院から街のクリニックなど様々な医療機関で求められているのも医療事務です。

医療事務と調剤薬局事務との違いとは?

医療業界での事務業務を行っているのが、医療事務員と調剤薬局事務員です。医療事務は主に病院や診療所、歯科医院で歯科助手として勤務します。

医師が診療業務、その他の事務業務に加えて患者さんの応対など接客業務も行います。調剤薬局事務は、主に調剤薬局や緊急医療施設の薬局業務などが仕事場です。薬剤師が調剤を、その他事務業務を調剤薬局事務が担います。医療事務と同じく接客業務も行います。

どちらにも共通する「レセプト業務」

医療事務、調剤薬局事務ともに、レセプト業務と言う専門性が求められる仕事があります。レセプトとは、保険者に対して医療の場合は診療報酬の請求を、調剤の場合は調剤報酬の請求を行う書類のことでこれを作成する業務です。

どちらも資格が必ずしも必要なわけではありませんが、レセプト業務用に基本的な医療知識が必要な仕事内容もあり、資格取得は就職に有利だと言えます。どちらも民間企業が認定した資格が存在します。

医療知識に自信がない人は専門学校や通信講座で勉強しましょう

基本的な医療知識を持たない場合は、専門学校の講座や通信教育講座で勉強することがおすすめです。通学講座ならわからないところをすぐ解決できる点がメリットです。通信講座は自由な時間に勉強できることと、通学より費用が安く済むという点がメリットです。

試験の合格ラインは、実技が70%以上、学科が70点以上です。近年の合格率は50%強ほどで、ここ数年大きな変化はありません。

調剤薬局事務と医療事務の給料の違いはあるのか

医療系の事務に医療事務と調剤事務があります。医療事務は病院やクリニックなどの診療科がある所で医師や看護師のサポート役として診療報酬の知識を必要とする事務であり、調剤薬局事務とは主に調剤薬局などで薬剤師のサポート役として薬に対して調剤報酬の知識を必要とする職種の違いがあります。

資格保持者は就職や給与にも反映されることがあるので有利

医療事務と調剤薬局事務の職に就くには特別な資格を必要とはしませんが、民間が主催している資格を取得しておくと知識がある人材として評価され、就職に有利に働きます。給料でも資格を持っていると反映される事もよくあります。

調剤薬局事務は医療系の資格をすでに持っていてプラスアルファで取得する人が多いです。

どちらも経験があると職探しには困らないというメリット

医療事務と調剤薬局事務の給料についてですが、これらはほとんど差がなく、周辺の事務員と同等か若干高めに推移している傾向です。正社員の場合、高卒の場合には16万円から大卒の人は18万円からが一般的で医療機関にもよりますが、大学病院などはボーナスも比較的多いようです。年収は250万円から350万円程度です。

大幅な高収入は望めませんが、正社員から派遣、パートやアルバイトなど雇用形態も多く、経験があると全国の医療機関や薬局で勤めれる事が可能なので職探しには困らない点があります。

調剤事務と医療事務のどちらを選ぶ?

女性に人気の資格といえば、調剤薬局事務や医療事務が挙げられます。どちらも医療系の資格ですが、独身の女性だけでなく結婚や出産で仕事から離れている方にも選ばれています。

どちらの資格にチャレンジすればいいか迷っているという女性も多いのではないでしょうか?調剤薬局事務と医療事務、それぞれのメリットを比較してみて自分に合っていると思う方を選ぶといいですね。

資格取得の難しさは仕事の範囲が広い医療事務

資格を取得するまでには数ヶ月間集中的に勉強しなければなりません。どちらがより難しいかというと、仕事の範囲が幅広い医療事務の方でしょう。

調剤薬局事務の方は薬剤のことを中心に覚えるため、医療全般に関わるわけではありません。資格試験にチャレンジする際の勉強期間も医療事務の方が長く設定されています。

その分資格が取りやすいのは調剤薬局事務の方になります。医療系の仕事に就いたことがないという方や勉強する時間が取りにくいという方には調剤薬局事務がおすすめです。