調剤事務は契約社員として働くことも可能なのか

調剤事務は資格があるほどの職業ですが、正社員ではなく契約社員やアルバイトとして働くことは可能なのでしょうか。

ここでは調剤薬局事務を契約社員として働くことについてまとめています。

調剤事務の契約社員は報酬を重視したい

調剤事務の仕事は契約社員としての募集もあります。もし、正規雇用で働くことが出来ない場合や正規雇用の仕事が見つからない場合などは、調剤事務の仕事を契約社員として探してみると良いです。この雇用形態で仕事を探す時は基本的に報酬を重視したいところです。

調剤事務の仕事を見つけて働き出すと、基本的に契約が終わるまで仕事を続けることになり、契約の更新があるかどうかは確定しないので、稼げる間にしっかりと稼ぐというスタンスが重要になってきます。ここが正社員と大きく違うところです。

まずは、調剤事務の仕事探しをする時に契約期間を考えましょう。同じ職場で長い契約期間を確保することが出来ると、それだけ収入は安定します。小刻みに契約更新があると、いつ契約が終了するのか分からないので、収入はやや不安定になりやすくなります。

契約期間を見ながらも出来る限り報酬が良い職場を見つけたいところです。あまり報酬にこだわり過ぎると、なかなか調剤事務の仕事が決まらないことがあるので、バランスが重要でもあります。

人材紹介を利用する場合なら報酬が高めな仕事を探してほしいなど、希望を通しながら仕事を探すことが出来るので、参考に覚えておくと便利です。

調剤事務の働き方と経験者の優位性について

気にしてみると、街中に病院というのは意外に多くあるのと同様に、調剤薬局もそれなりに多くの数見掛ける事が出来ます。そして調剤事務とは、そんな調剤薬局で、調剤報酬請求事務を中心に事務全般を行うというのが主な仕事です。

調剤薬局は病院と同様に常に需要があり、将来的にもずっと需要が見込める存在だったりします。なので将来性といった面でも、悪くはない仕事であると言えます。

しかもそんな調剤事務は、時間を限定してパートタイマーとして働いたり、フルタイムとして働く等、比較的勤務時間を選べる仕事です。しかも近場で仕事を見付けられる可能性も低くないので、家事や子育てと両立しながら、働き易い仕事だと言えます。

更に医療系の仕事とはいえ、調剤事務の仕事に就くために絶対に必要な資格等は特にないです。そのため専門知識のない未経験者でも、始める事が出来ます。

ただしどの仕事でも同じですが、仕事探しを行う際には、経験者の優位性は存在します。調剤事務の仕事でも資格は必要ないとはいえ、仕事を行う上で、薬に関する基礎知識は必要となる場面があったりするものです。

更に調剤報酬請求事務の作業の面でも、経験者の方が仕組みを知っているだけ、テンポ良くこなす事が出来ます。なので未経験者は、経験の差を少しでも埋めるために、民間の調剤事務資格を取得する事を、おすすめします。

調剤事務の経験者の志望動機の内容

調剤事務の仕事において経験者の人は志望動機を書く時に自分の仕事の経験から、今後どのような目標を持っているのか、又は経験を転職先にどう活かしていきたいのかなど、経験者としての志望動機を書くようにしましょう。

調剤事務の仕事が浅い人と経験者ではやはり経験の豊富さが圧倒的に違います。そうなると、当然ながら調剤事務の面接を受ける時も今までにどのような仕事の経験をしてきたのかなど、評価のラインがやや高くなることがあります。

基本的に人材を雇用する時は年齢が高いほど仕事のスキルが高いため、採用で有利になると言えますが、これは調剤事務の経験者でもどんな経験から何が出来るのか、これによってかなり採用は変わってくることが言えます。

もし、内容があまりないと判断されると、年齢が若い人材を雇う方が将来性を考えてもメリットがあると思われることがあります。

調剤事務の仕事を探す時に経験者らしい志望動機はやはり考えをまとめておくことが大事です。しっかりと志望動機を考えておくことで少なからず採用率を高めることが出来ます。面接を受けるまでに履歴書を書きながらも、面接の練習をしてしっかりと自分の考えを相手に伝えることが出来るようにしておきましょう。

調剤事務の退職理由は適当で良い

調剤事務のお仕事で職場で退職をすることを決めたなら、少なからずどうして退職するのか聞かれることになります。この退職理由というのは素直に意見を言えば良いですし、適当でも問題ありません。基本的には退職することが決まると、そこまで深く理由を追及されることはありません。

適当に退職理由を言うというのは一般的にも多いものです。職場の雰囲気が嫌なので退職する場合など、素直にその理由を伝える方が難しいものです。

調剤事務の仕事は医療関係であり、次の転職先が近いところで決まると、医療関係者の繋がりなどから、退職した職場と一時的に関わったりすることもありえるため、無難な退職理由を考えておきましょう。

どうしても調剤事務の仕事を退職する時に退職理由が思いつかないという人は職場で中の良かった同僚に相談したり、一身上の都合と伝えると良いです。そうすれば、深く理由を聞いてくることはありません。

特にトラブルがあったりするわけではないなら、他の職場で仕事を経験したいなど、自分の思っていることをしっかりと伝えて退職するほうが、その後においても人間関係を良好に築きやすいことは覚えておきたいところです。退職する時の参考にしましょう。

調剤事務の手取り収入について

調剤事務とは、主に調剤薬局事務と呼ばれます。通常のドラッグストア等は違い、病院から処方された処方箋受付の基、利用者に対して薬の調剤、提供を行います。

仕事内容は、一般的な電話応対や顧客対応のほか、保険適用での薬提供を行っていることから、国などに対する保険負担分の請求を行う仕事が中心であり、この請求書類はレセプトと呼ばれています。

この調剤事務は、専門的な知識を必要としますが、資格取得の難易度はそれほど高くなく、時間帯等の融通も利くことから、特に女性からの人気が高い職種であると言えるでしょう。

なお、この調剤事務の手取り収入はどの位あるのでしょうか。正社員として働く、パートして働くのほか、従事する施設、勤務時間帯等によっても大きく変わることからあくまで一例としてご参考にして下さい。

入院施設等を完備した総合病院に従事する場合は、手取りで月15万円から17万円程度。入院設備等をもたないいわゆる診療所(クリニック、小規模医院等を含む)の場合は13万円から15万円程度。調剤薬局の場合も同じく13万円から15万円程度が一般的な相場でしょう。

なお、パート社員や派遣社員として従事する場合は、時給800円から1,000円程度が平均となっています。

調剤事務の仕事は派遣で探そう

調剤事務のお仕事は派遣からでも見つけることが出来ます。基本的には派遣会社に登録をすれば、色々な仕事を紹介してもらうことが出来ますが、どのような会社に登録をするのかはしっかりと考えなければなりません。医療系の会社を選んでおけば、仕事を見つけやすくなります。

基本的に正規雇用で働くことが出来ないなら、アルバイトやパートでも調剤事務のお仕事を見つけることが出来ます。しかし、アルバイトやパートの場合は自分で職場探しをしなければならないこと、一度採用されると一定の期間はそこで仕事をすることになるので、立地や時給に重点を置く必要があります。

派遣から調剤事務のお仕事をする場合は会社に仕事を探してもらうことができ、自分が働きたい期間だけ仕事をすることが出来るので、アルバイトやパートとは違ったメリットがあります。同じ非正規ですが、内容は大きく異なるものがあるので、しっかりと覚えておきましょう。

派遣から調剤事務のお仕事を紹介してもらう時は契約期間や時給など、契約内容をしっかりと確認して、分からないことは質問しておくことが重要です。必ず契約書を一通り読んでおき、全てにおいて納得できるなら契約をしてお仕事をするようにしましょう。