調剤薬局事務の資格を取得して正社員で働こう!試験で合格するためには

調剤薬局事務の資格を取得するための検定を受けるのであれば、しっかりと検定の内容や日程などを事前にしっかりと確認しておく必要があるでしょう。

ここでは検定の日程やとれる資格の種類について解説しています。

調剤薬局事務の検定について

現在、調剤薬局事務としての資格を取得するための検定は、日本では9種類ほど存在しています。そのうち2種類は地域限定のところもありますし、地域によっては検定会場が遠い事情等もあります。

一般的に、調剤薬局事務の検定を受検するには、通信講座や学校などで学習することが良いとされています。検定もそうしたこととリンクし、試験内容が決まっていることが多いです。要するに、この通信講座でこの試験という形をとっています。

これだけの種類が存在することから、どれを受けたら良いか迷うこところですが、最初に試験内容を確認をして講座や学校を決めると良いでしょう。種類があるということは、難易度がそれぞれ違いますし、その先の就職に関係することです。

難易度が高い検定の方が就職する際に有利になる

簡単な内容のものもありますが、就職の際にチェックが入ることで、少し難しい検定を受けたほうが良い、就職してから受け直したという話も聞かれます。地域的なことをいうと、自ずと限定されることも多いですから、まずは通信講座に飛びつく前に、どの試験を受けることができるかの確認をされることをおすすめします。

なかには合格率10%台という難関なものも存在しますが、調剤薬局事務としての就職には有利だということです。

調剤薬局事務の資格を取得するにはどうしたら良い?

調剤薬局事務とは、薬局で事務業務をする仕事です。調剤を薬剤師が事務業務を調剤薬局事務が分業で行っています。働く場所は調剤薬局の他に、緊急医療施設があります。医療事務関係の派遣会社に登録することで仕事を得られることもあります。

調剤薬局事務の仕事内容について

仕事の内容は、患者さんとの応対・処方箋の入力やデータ管理・処方した薬のデータを記録した薬歴簿の作成・会計業務やレセプト業務など、事務仕事だけでなく接客もあります。レセプト業務は、調剤費や薬代などを保険者に請求する書類を作成することで、調剤薬局事務の仕事で最も専門性が求められます。

資格がなくても就職はできるが資格はあった方が良い

調剤薬局事務員になるには、必ずしも資格が必要ではありません。なので何の資格も、薬剤の知識がない人でも行える仕事だと言えます。しかしながら人気がある職業であり、資格取得は有利に働きます。実際に独学での勉強は、基本的な医療知識が必要で難しいです。

資格取得には専門学校の講座に通うか通信教育講座がおすすめです。通学で勉強するなら、わからないところをすぐ質問できたり、同じ目標をもつ仲間に出会えモチベーションがあがることがメリットです。通信講座の場合は、通学よりリーズナブルで自分の自由な時間に勉強できる点がメリットです。

不合格なら返金というサービスを打ち出しているところもあり、自分に合った勉強法やフォロー、サービスを選ぶことをおすすめします。

調剤薬局事務の資格を最短で取得したい

調剤薬局事務というのは、調剤薬局で、患者の応対や調剤報酬請求事務といった事務作業の全般や、薬剤師のサポート作業を行うのが主な仕事です。調剤薬局という将来も需要が見込める職場であるため、この仕事を経験して知識やスキルを得れば、将来的にも仕事場の確保が行えます。

女性にとって働きやすい職業なので人気が高い

更にフルタイムだけでなく、時間を限定してパートタイマーとして働く事も可能だったり、自宅から近い近所の調剤薬局で働く事も可能なので、家事や育児との両立も、行い易い仕事だと言えます。そのため、調剤薬局事務は女性に人気の仕事の一つとなっています。

とはいえ、調剤報酬請求のための点数計算等、医療系の仕事であるためややこしい専門知識が必要ではないかと、思われがちです。ですがそういった計算も点数表を見ながら行って行くので、コツさえ分かってしまえば難解ではなかったりします。

ですが現実問題としては、調剤薬局事務の仕事探しを行う際には、薬剤の基礎知識や調剤報酬請求事務の手順等を知っていた方が有利です。

短期集中型の通信講座なら最短一週間で取得が可能

そんな民間資格ですが比較的試験の難易度が低いので、短期集中型の通信講座を選べば、最短で一週間程で取得可能だったりします。しかも最短を目指さなくても、多くは一ヶ月程度で取得可能なモノが多いので、是非とも挑戦すべきです。

調剤薬局事務を目指すにはなるべく資格を取りましょう

現在総合病院だけではなく、多くの病院で院外薬局を利用しています。調剤薬局では多忙な薬剤師のサポートをし、医師が交付した処方箋の受付業務や会計、保険請求分の報酬請求などの事務全般を担当します。そんな院外薬局で働く調剤薬局事務になるには、報酬請事務に求関する調剤薬局事務の資格を勉強しましょう。

主な仕事は国に報酬を請求するためのレセプト作成

調剤薬局事務になるには、国に報酬請求をするための専門知識が必要となります。報酬請求の明細書をレセプトといい、主にこのレセプトを作成するための知識や技能が必要となります。

そのほかにも医薬品や薬剤用語の知識、薬価基準の基礎知識、薬の主な作用などの薬の基礎知識や、公費負担医療制度についての法規知識も必要となります。普段の生活では関わることのない分野となりますので、専門に勉強をして資格を取得する必要があります。

医療事務未経験者の場合は、資格があると更に就職への近道となる

また、医療事務の分野では経験者を求める傾向が強いため、経験不足をカバーするためにも医療事務に関する資格検定を一つでも多く取得することが就職の近道となります。

一般の病院や歯科医院の医療事務担当や、医療クラーク(秘書)など、関連資格は数多くありますので、広く知識を得ることで優秀な人材であることをアピールしていきましょう。

調剤薬局事務で使える専門的な知識や資格以外のスキルとは

調剤薬局で事務として働きたいと考えた場合、まず必要になってくるのは、調剤薬局事務や医療事務等の専門的な資格や知識と考える人は少なくないでしょう。実際に、資格や知識がある方が、働きやすくなります。

ですが、調剤薬局事務として使える人になりたいと考えたら、パソコンの使い方と、接客に関するスキルを意識しておく事がお勧めです。調剤薬局事務の資格を取得する際、勉強や試験は手書きで行う事になります。しかし、実際に働く現場では、パソコンを使って行う事が殆どとなる為、パソコンに関する苦手意識がある場合、取り除いておく事がお勧めです。

患者様と接する職業なので接客スキルは必須

そして、もうひとつ、意識しておきたいのが、接客に関する事です。調剤薬局事務は、患者様と直接接する事になる仕事です。ですから笑顔や言葉遣い、お辞儀等、接客に関する事も意識するようにしておく事も大切です。

面接の際には、経験や資格、志望動機だけでなく、接客に関する適性を見るという調剤薬局も少なくありません。接客に関するスキルは、働き始めてから身に付ければ良いと考える人もいるでしょう。ですが、今は即戦力を求める事が多い時代です。

ですから、すぐに使える人になりたいと考えたら、働き始めてから必要になる事についても意識しておく事がお勧めです。

調剤薬局事務の手取り給与の相場

資格があると就職に有利になりますが、最近人気があるのは調剤薬局事務なので、事務仕事に興味がある方は試しにチャレンジしてみることをおすすめします。調剤薬局事務の資格を取得した後は、就職先を見つけなければなりませんが、およそどれほどの手取りになるか、気になる方もあるでしょうね。

経験によって左右されるが資格所有者は多少待遇される

これはそれぞれの地域の事情によって違うので、多いところもあれば少ないところもあります。経験も考慮されるので、未経験の方の場合はそれほど多くの手取りは期待しない方が良いでしょう。

一般的に院外処方が進んでいる地域なら、それに合わせて調剤薬局の数も多くなるため、そこで働く調剤薬局事務の需要も高まることになります。すると有資格者は良い待遇で迎えてもらえるので、中には残業代や交通費を合わせて、25万以上の給料を貰っている方も多くいます。

まだ若い年齢で、経験の浅い方の場合は、手取り15万円ほどのところも多いですし、どれだけベテランであっても調剤薬局が極端に多い地域だと、それぐらいの給料しか貰えないところも珍しくありません。

景気の良い悪いによっても変わってくるので、調剤薬局事務の資格をお持ちの方で、これから就職先を探そうと思っている方は複数の募集の待遇を見比べてから選ぶようにしましょう。

調剤薬局事務試験の日程について

調剤薬局事務の資格取得は、主に通信講座を利用して効率よく取得することが可能です。全国どこにいても働くことができ安定性が高く、さらに自分の希望に合った勤務スタイルを選ぶことができるなど沢山のメリットがあります。

調剤薬局事務のメジャーな資格として挙げられるのが、調剤事務管理士です。マークシート式の学科では、法規や保険請求事務、薬の基礎知識などが求められ、実務ではレセプト点検問題やレセプト作成の知識が問われます。60%ほどの合格率があるため難易度も高いとは言えません。

試験は年6回・奇数月第4土曜日に実施

日程においては、奇数月の第4土曜日に実施されています。試験会場は、指定会場や受験申請のあった専門学校などで行われます。

結果の通知においては、試験実施後1ヶ月ほどの日程で文書にて通知され認定合格証が交付されます。この際に答案の返却や得点の公表は一切行っていないので注意が必要です。