調剤薬局事務の資格を取るための講座について

調剤薬局事務として働くために資格を取得するのであれば、専門学校に通うか通信講座で勉強するのが一番いい方法です。

ここでは調剤薬局事務の講座の値段や口コミなどについてまとめています。

調剤薬局事務資格をとるには 通学か通信講座か

調剤薬局では、調剤を薬剤師が、事務業務を調剤薬局事務が分業して行っています。調剤薬局事務の仕事は、処方箋入力やデータの管理の他に処方した薬の履歴を記録する薬歴簿の作成、レセプト業務の事務業務のほかに、患者さんとの応対や会計業務など接客の仕事も行います。

レセプトとは、調剤費や薬代などを保険者に請求する書類のことで、この書類作成は最も専門知識が必要な業務になります。調剤薬局の他に、緊急医療施設などでも求人があります。医療事務関係の派遣会社に登録すれば、仕事場の幅も広がります。

調剤薬局事務の資格は民間企業が認定しているもので、必ずしも必要ではありません。しかし基本的な医療知識が必要で、無資格で働くには難しい仕事ですし、人気がある職業なので資格取得は就職に有利といえます。

このように医療知識がない全くない場合、独学で勉強するのは、難しいです。専門学校の講座に通学する、または通信講座で勉強する、という方法がおすすめです。通学講座は、わからないところをすぐ質問できたり、学校によっては就職斡旋のフォローがある場合もあります。

同じ目標を持った仲間に出会え、やる気を引き起こせるというメリットがあります。通信講座は、通学より費用が安く済みます。わかりやすいテキストで自由な時間に勉強できるのがメリットです。

調剤薬局事務の通信講座の値段について

調剤薬局事務は、医療事務とともに人気のある実用的な資格です。主にその仕事の内容は、調剤薬局などで調剤報酬請求事務を行うもので、調剤薬局事務の資格では、これらを正確に行えることを証明するものです。

調剤薬局事務の上位として医療事務がありますが、医療事務では調剤薬局で行う薬剤に関する知識のほか病院や診療所などで必要とされる入院や手術といった医療事務全般の知識が必要になります。そのため、学ぶ範囲も広範囲なのに対して、調剤薬局事務では薬剤に関する知識が中心であるので、学習範囲が狭く取りやすいとされています。

また試験も、テキストや資料を見ながら解答する方式なので丸暗記をする必要がありません。調剤薬局事務の資格を取得するための勉強法は市販のテキストを見ながら独学で学ぶほか通信講座を通じて学ぶことができます。市販のテキストは問答集が中心で値段も1500円から3000円となっています。

一方で通信講座の場合には値段が約4万円ほどになりますが、教育訓練給付制度の対象となっているので一定条件を満たす人には2割の学費が補助されます。通信講座での学習期間は標準で4ヶ月ほどとなっています。また通信講座であれば在宅で受験を受けることも可能です。

調剤薬局事務の通信講座選びには口コミを活用すべし

意識してみると、街中には調剤薬局というのが、意外に多くあるものです。そのため調剤薬局で働く事が出来れば、仕事先を探す際には有利になります。もっとも薬剤師として調剤薬局で働くには、薬剤に関する専門知識を勉強し、難解な国家試験をパスして、国家資格を取得する必要があります。

高い能力が求められるので、働くのは難しいです。だからこそ調剤薬局事務が、狙い目なのです。調剤薬局事務は、名前で分かる通り、薬剤師と一緒に調剤薬局で働く仕事です。ただし薬剤師と違い、なるために絶対に必要な資格はなかったりします。

お陰で薬剤や医学的な専門知識が無くても、働く事が可能です。しかもフルタイムだけでなく、午前だけといった形でパートタイマーとして働ける薬局も少なくありません。なので家事と育児との両立も可能であり、女性には人気の仕事となっています。

そんな調剤薬局事務ですが、資格が無くても働けるとはいえ、やはり民間資格を持っていた方が仕事探しを行う上で有利です。しかも民間資格は、わざわざ学校に通わなくても通信講座で手軽に得る事が出来ます。

ただしそんな調剤薬局事務の通信講座は色々と存在しているので、ネット上の口コミ情報を活用して、評判の良いモノを選ぶべきです。何故ならば、口コミで評判が良いという事は、実際に講座を受けた人の評価が高く、資格が取得し易い可能性が高いからです。

調剤薬局事務の求人に受からない際の対処法とは

調剤薬局での仕事というと、薬剤に関する専門的な知識が必要なややこしい仕事である、とイメージする人が少なくないです。確かに調剤薬局で働く薬剤師になるには、国家資格を取得する必要があり、薬剤に関する専門的な知識が必要だったりします。

ですが一緒に働く調剤薬局事務の場合は、仕事に就くために特に必要な資格はないです。そのため、薬剤や医療に関する専門知識は要求されなかったりします。

しかも調剤薬局は、街中にそれなりに多く存在するので、求人も見付け易いです。更に正社員としてフルタイムで働くだけでなく、パートやアルバイトとして短時間働く事も可能な薬局も珍しくないです。お陰で主婦の人が、家事や育児と両立して働く事も、実現し易い仕事だと言えます。

そんな風に大きな利点のある調剤薬局事務の仕事ですが、求人に応募しても、なかなか受からないという人もいます。特に未経験者の人が、正社員の求人に応募すると受からない事が多いです。ですが調剤薬局事務としてどうしても働きたいという人は、是非とも、民間の資格を取得する事をおすすめします。

というのも、調剤薬局事務の資格は通信講座で比較的手軽に、資格を取得出来ます。なので幾ら資格が必要ないとはいえ、ある人の方が仕事探しの上で有利なので、取得しておくべきです。

調剤事務の仕事をするならスクールを活用すべき

調剤事務とは、調剤薬局で調剤報酬請求事務を中心とした事務仕事を行う存在です。その魅力としては、街中にそれなりの数見掛ける事が出来る、調剤薬局が職場の対象となるため、比較的仕事を探し易いというのがあります。

その上、調剤事務は午前中だけパートタイマーとして働いたり、逆にフルタイムで働く等、勤務時間を選択出来る場合も少なくないです。お陰で家事や子育てと両立しながら働くといった形で、自分のライフスタイルに合った働き方が出来るのも魅力です。

そんな調剤事務の仕事ですが、薬という医療に関する仕事なので、専門知識や技術が必要じゃないのかと不安を覚える人もいます。

ですがこの仕事は、医師や看護師や薬剤師とは違い、仕事に就くために絶対に必要な資格がある訳ではないので、専門的な知識やスキルを期待される事はないと言えます。ですが調剤薬局で働く以上、薬の基礎知識等はやはり必要です。

そのため、調剤事務でどうしても働きたい人は、まずはスクールを活用して、この仕事で働く上で有利な資格や知識を身につけるという方法がおすすめです。

しかも調剤事務の場合、スクールと言っても在宅で勉強する事も可能です。しかも簡単に取れる資格もあるので仕事探しを行う前に、そういった資格や基礎知識を身につけていた方が、有利になります。

調剤事務の講師について

仕事を教える立場は責任がありますから、経験や責任感が重要ですし、調剤事務も十分な知識が欠かせ無いので、能力のある講師によって指導が行われます。

調剤事務は間違いを起こせない仕事なので、緊張感や高い意識が求められますから、講師には厳しさがある事は大切ですし、仕事の重要性を伝えられる事が調剤事務の講師に必要な能力です。

講師の立場は直接教えるだけではなく、調剤事務としての姿勢を伝える役割があるので、集中して真面目に取り組む事が講師の仕事ですし、若手で調剤事務の卵にも良い影響が与えられます。

厳しさの裏には優しさがありますし、立派な調剤事務になる為の心得を身に付ける必要がありますから、間違いがあれば厳しく指導する事は珍しくありませんし、真意を理解出来る信頼関係が教育に重要です。

仕事に真面目な事は大切なので、真剣に取り組める意識が重要ですが、責任と役割を理解する事が欠かせず、指導を終えた後も取り組む姿勢を維持出来る事が課題です。

目的を持って取り組む事が出来れば、継続的に目標へと向かう事が出来ますし、仕事で得られる結果で充実感が実感される事により、役割の中で継続的な努力を行い成長出来る人材教育が実現します。