調剤事務の年収はどれくらいなのか

近年注目を浴びている調剤事務、調剤薬局事務とも言われていますが、事務系の職種の中でも専門性も高く、資格を取得すれば需要が続く限り就職に困らないからでしょう。

ここでは調剤事務の年収についてまとめています。

調剤事務として働く事で期待出来る年収とは

調剤薬局での仕事というと、薬剤師が調剤を行う所というイメージが強くあるものです。そのため薬剤師の様に、国家資格を持つ、専門のスペシャリストでなければ働けない、というイメージを持つ人が珍しくなかったりします。

ですが調剤薬局には、薬剤師だけでなく、調剤事務も働いています。しかも調剤事務の方は、薬剤師と違い、国家資格等の資格を取得しなくても、働く事が可能です。そのため、薬や医療に関する専門知識は必要なかったりします。

しかも調剤事務が嬉しいのは、フルタイムで働く正社員だけでなく、限られた時間をパートやアルバイトとして働く、といった働き方も可能な薬局が多い事です。お陰で主婦の人が、子育てや家事と両立しながら働く事が出来るので、女性に人気の仕事となっています。

しかも調剤薬局は、街中に多く存在しているので、上手く行けば自宅の近所でも仕事を見付ける事が可能です。そんな調剤事務で得られる年収ですが、当たり前の話として、正社員とアルバイトでは、その金額にかなり開きがあるものです。

そして安定して纏まった収入を得るには、やはり正社員になる必要があります。そんな調剤事務の正社員として期待出来る年収は、月給に各種手当てやボーナスを加えて、大凡300万円前後です。

調剤事務で働く場合の給料について

調剤事務のお給料はどのくらいでしょうか?確かめる方法は、求人情報を見ることです。しかし、ネットでは調剤事務の仕事は、ほとんど見かけることはありません。この仕事は、ハローワークや無料の求人フリーペーパーなどでよく募集されていますので、情報を確認してみましょう。

正社員の場合は、給料は1ヶ月14万円から20万円、ほかにボーナスもありますから、年収は300万円から400万円くらいになります。しかし、これでは家族を養ってゆけませんから男性では、この仕事から転職してゆく人もいるくらいです。

パートであれば800円から1000円くらいでしょう。さらに、地域によっても、調剤事務の仕事の給料は違ってきます。一般的に都会は高く、地方は低めといわれています。調剤事務の仕事の資格は、持っていても資格手当てが出ることはありません。この資格がなくても働くことができるからです。

例外は調剤報酬請求事務専門士1級です。この資格は、合格率15%から20%の長男間資格と医療現場では言われています。調剤薬局のお給料は、それほど高いものではありませんが、仕事の種類が限定されているのと、人間関系に恵まれると働きやすい職場ですので、人気のある職種です。

調剤事務の仕事内容について

一般的な調剤薬局の多くは、業務内容によって、薬剤部門と事務部門の二つに分かれている所が多かったりします。その中で事務部門の仕事を行うのが、調剤事務と呼ばれる存在です。

主にどういった内容の仕事を行っているかと言うと、患者さんの応対や会計業務、処方箋の入力に、薬剤師の補助といった形で、調剤以外の様々な業務を行う事になります。

というのも調剤事務は、薬剤師と違い、国家資格を取得していなくても、なる事が可能です。そのため、薬に関する専門知識や資格を持っている訳ではないので、調剤に関しては行う事はなかったりします。

ですが、薬の整理整頓や、薬剤師や医師の指示により、調剤作業の補助をする等、アシスタント業務を行う事はあります。

そんな調剤事務は、前記した様に特に資格がなくてもなる事が可能です。ですがこの仕事をする際は、やはり薬に対する基礎知識等を有していた方が有利である上に、仕事も見付け易いと言えます。なので調剤事務にどうしてもなりたい、という人はまず、民間の資格を取得した方が無難です。

そういった資格を取得すれば、薬の基礎知識や調剤報酬請求事務の基本等を覚える事が出来ます。そのため、働き始めた際にも、それらの知識が役立ち、職場に馴染み易いです。

調剤事務で働く利点と平均年収について

街で多く見掛ける調剤薬局ですが、働くには専門分野の知識が必要であると考える人は少なくありません。確かに薬剤師になるには、薬剤に関する専門的な勉強をした上で、国家資格を取得する事が絶対条件です。そのため、薬剤師として調剤薬局で働くのは、かなり難易度が高いと言えます。

ですが調剤薬局には薬剤師だけでなく、調剤事務も働いています。そして調剤事務の場合は、薬剤師と違い、なるために絶対に必要な資格はないです。

そんな調剤事務の仕事は主に、患者さんの応対や調剤報酬請求のための計算といった事務仕事に加え、薬剤師の補助的な業務です。そして調剤事務で働く利点としては、前記した様に街で多く見掛ける分だけ、仕事探しがし易いというのがあります。

更に正社員としてフルタイムで働くだけでなく、午前中のみといった形式でパートやアルバイトとして働ける場合が多いのも利点です。もっとも収入の安定化をはかりたいなら、やはり正社員として働きたいものです。そして正社員として働くためには、民間の資格を取得しておいた方が、仕事探しを行う上で有利です。

そんな調剤事務の平均年収ですが、当然ですが正社員として働く場合と、アルバイトやパートとして働く場合で大きく違いがあります。そんな中、正社員としてフルタイムで働いた場合の平均年収としては、月収と各種手当にボーナスを加えた数字として、大凡300万円程です。

調剤薬局事務として働く利点と気になる収入とは

調剤薬局事務として働く利点はまず、調剤薬局は街中にそれなりの数存在しているので、仕事を探し易いというのがあります。しかも上手に探せば、自宅の直ぐ近所で見付けられるので、通勤するのも楽です。しかも調剤薬局は、将来的にも需要が見込める存在なので、この仕事を覚える事で、将来の仕事場も確保する事が出来ます。

調剤薬局事務の次なる利点としては、正社員としてフルタイムで働くだけでなく、午前や午後のみといった形で、パートタイマーとして働く事が出来る職場も少なくない事です。そのため家事や育児と両立しながら働く事も可能であるため、女性の中でも人気の仕事となっています。

しかも一緒に働く薬剤師とは違い、この仕事に就くために、絶対に必要な資格はないので、手軽に目指す事が可能です。そんな利点の多い調剤薬局事務ですが、気になるのが収入です。収入面は、正社員で働くかアルバイトやパートとして働くかで大きく違って来ます。

ですが正社員として働く場合の月給は、大凡20万円前後です。逆にアルバイトやパートの場合は、時給計算となり、大体750円から1000円位の職場が多いです。なので安定した収入が欲しい場合には、やはり正社員として働くのが安心です。そして正社員を目指すなら、民間資格を取得しておく事をおすすめします。