調剤薬局事務の職場は人間関係が悪い?

どんな仕事もそうですが、やはり職場の人間関係は働くうえでかなり重要視するべきポイントです。

人間関係が悪い職場では長続きしません。ここでは調剤薬局事務の人間関係はどうなのかについてまとめています。

調剤事務の仕事で重視したい人間関係

調剤事務で働く際には、応募する職場の人間関係についての確認を行っておきましょう。薬局で勤務していく時、職場の人間関係によっても勤務しやすさが変わってくることになります。人間関係がよく、先輩からサポートを受けられる状態であれば、初めて調剤事務として働く方でも不安がなくなってくるでしょう。

逆に、人間関係に難がある職場を選んでしまうことで、勤務していくことが難しくなってしまったり、能力を出すことができなくなってしまうのです。勤務するときには、人間関係についてもしっかりと調べておくとよいでしょう。

調剤事務の面接を受けるとき、その場の雰囲気についてチェックすれば、働きやすい職場であるのかわかるようになってきます。働いている方が笑顔を絶やさなかったり、全体的に和やかな雰囲気になっていれば、仕事を行っていく中で悩みを感じません。

逆に、職場の雰囲気がピリピリしていたり、調剤事務として働いている方に笑顔がないなどの不審な点があるときには、働くことで様々な困難も出てきてしまいます。

職場の雰囲気によって、勤務したときの快適度も違ってくるため、求人に応募したときには詳細な部分のチェックも必ず行うようにしましょう。

調剤事務をしていて気になるクレームへの対応策は

調剤事務の仕事をしていると、気になるのがクレームです。特に、多くの患者さんを待たせている場合は、待ち時間と順番についてのクレームが来やすいといえます。たとえば、自分より先に来た人の方が早く処方をしてもらっているとか、30分近く経つのにまだなのかといった具合です。

こういうクレームがあると、レセプトを作成している調剤事務の人も、どこか落ち着かなくなります。

患者さんの病気、あるいは病状は様々ですから、順番が前後してしまうのはやむを得ないことともいえます。また最近では、時間つぶしの為待合室にテレビや雑誌を置く薬局もあります。

しかし、あまり具合がよくなくて早く帰りたい患者さんや、慢性の病気で常にどこか具合が悪い患者さんの場合は、待ち時間がひどく苦痛に感じられる人もいます。そのような場合には、順番が前後することがありますという貼り紙をしておくといいでしょう。

また、患者さんが多い場合は、定期的に、調剤により順番が前後しますと声をかけるのもいいかと思われます。やはり薬の分量が多い場合、何種類かの薬を調剤したり、分包にしたりするような場合は、その分時間を取ってしまうこともあるものです。

薬剤師さんが忙しいような場合は、調剤事務の人が「もう少しお待ちください」と一言声をかけてもいいでしょう。それでその場の雰囲気が和らぐこともあるのです。

調剤事務はやはり大変な仕事なのでしょうか

調剤事務の仕事は、やはりかなり大変なのでしょうか。特にものすごく大変というわけではありませんが、立ち仕事が多いため、ある程度の体力が要求されます。

普通事務というとデスクワークを想像しがちですが、調剤事務に関して言えば、患者さんに接することも多いため、座りっぱなしの仕事ではないということを覚えておいてください。

また、患者さんに接する機会が多いと言うことは、接客のノウハウを知っていなければならないということでもあります。ですから、デスクワーク中心で、あまり人と接したくない人は、ちょっと大変に感じるかもしれません。しかし、最低限の敬語と言葉遣いができ、患者さんへの思いやりの気持ちがあれば大丈夫です。

それから、調剤事務の仕事は残業が多い傾向があります。ですから、できれば家の近所とか、交通の便がよく、電車やバスの乗り換えなしで行けるような薬局がお勧めです。そういう、自分の希望に合った勤務先を探すためには、調剤事務用の転職サイトもあります。

個人情報と希望する条件を入力するだけで登録ができますし、サイトの方でその人に合う勤務先を見つけてくれますので、そういうものを活用してみるといいでしょう。もちろん登録情報はきちんと管理されます。

調剤事務の仕事で楽しいと思える点とは

調剤事務の仕事は調剤薬局などで患者さんが持参した処方箋を受付、新規受付、保険証やお薬手帳の確認、薬剤師の補佐、薬剤報酬のチェック、レセプトなどがあります。薬に対する会計業務が他の事務とは異なる点で特別な知識を必要としますが、特に職に就く際には資格は必要ないです。

しかし、民間の専門学校などで調剤事務に関する資格を主催しているので取得すれば就職に大いに有利になります。調剤事務の仕事の醍醐味は事務という職種とサービス業の職種を半々に兼ね備えている点です。事務の仕事でも誰かと接する仕事をしたい人には楽しいと感じる職種でもあります。

調剤薬局は患者さんがいくつかある中から選んで訪れるのであり、周囲の調剤薬局との差別化が必要とされます。サービスや接客態度によって簡単にかかりつけの調剤薬局を変更する患者が多い中、初めて患者さんと接する立場でもある調剤事務は接客面で重要視されます。

その他に調剤事務として働くにあたり、専門の調剤報酬の知識を活かした仕事が出来る事で楽しいと感じる事でしょう。一度見に就けてしまえばどこの調剤薬局でも通用するので手に職をつけやすい職種でもあります。少人数で業務を回す事が多く、アットホームで仕事をしたい人にも向いています。

調剤事務はやはりストレスが多いのでしょうか

調剤事務の仕事は、ストレスがたまると聞いたのですが、それは事実でしょうか。確かにこの仕事は一般的な事務職とは異なり、薬局に来る患者さんの接客をしたり、また、最後の患者さんの処方が終わるまで帰れないということもありますので、残業も多くそのためストレスが溜まりがちということもあります。

元々調剤薬局というのは、提携する医療機関の規模にもよりますが、一日中フル回転ということもあり、薬剤師の方も忙しくてストレスが溜まることもあります。また場合によっては、本来の仕事であるレセプト作成に集中できないということもありがちです。

また、薬局に来るのはもちろん患者さんで、何かしらの病気を抱えているわけで、特にお年寄りの比率が高いということもあります。ですから、調剤事務の仕事に就く場合は、その点を心するようにしてください。

もちろん、できるだけストレスを感じない職場を選ぶことは可能です。そのような場合は、調剤事務関係の求人サイトなどで、自分の希望に近い職場について、サイトのスタッフに相談してみてください。また、残業で遅くなる時のことを考えて、できるだけ近所の薬局を選ぶようにするといいでしょう。

それから、現在ストレスを感じていて職場を変わりたいという人も、登録してみることをお勧めします。無論登録情報や登録の事実はきちんと管理されます。

調剤薬局事務が忙しい時間帯、時期とは

調剤薬局事務とは、基本的に調剤薬局で保険の確認やレセプトの作成、受付や会計などを行いながら薬剤師のサポートをする仕事です。比較的、勤務時間が安定しており、勤務形態もフルタイムからパートまで選べることが多いため、家庭を持った女性にも人気の職業です。

そんな調剤薬局事務の仕事には、忙しい時間帯や時期というものがあります。まず通常、午後よりも午前中の方が病院は混雑しますので、調剤薬局も診察を終えた患者が訪れる午前中の方が忙しくなりがちです。また午前中しか外来が空いていないような週末や病院の休み明けとなる週明けも多忙となりやすいといえます。

特に忙しい時期としては月末が挙げられます。調剤薬局事務は毎月月末になると、その月のレセプトをまとめて調剤に関する報酬を健康保険組合などの保険者に請求しなければいけません。

レセプトの集計は日々の仕事ですが、それらを月次ベースで集計しなければいけませんので、場合によっては残業となってしまうこともあるのです。

このように普段は勤務時間が安定しており滅多に残業のない調剤薬局事務の仕事ですが、時間帯や時期によっては勤務時間を延長して働く必要もあることを知っておきましょう。

調剤薬局事務として働くときは風邪に注意

調剤薬局事務の仕事の場合、デスクワークが中心になってきますが、勤務をしている時の必需品としてはマスクが必要になってきます。理由としては、勤務先である調整薬局にはたくさんの患者さんが訪れてくるわけであり、中には風邪を引いている人もたくさんいるからです。

これは逆に言えば、自分が風邪を引いている時も同様であり、免疫力が低下していることが多い患者さんに自分の風邪をうつしてしまわないように気を付ける必要があるということです。

マスク以外においても、調剤薬局事務の勤務先には消毒液なども設置してあることが多いので、手の消毒などもマメにしておくということが大事になってきます。また、冬などは乾燥しやすくなりますから、風邪対策として、乾燥を防ぐための対策も必要になってきます。

ちょっとしたことですが、調剤薬局事務の仕事を継続してこなしていくは、体調管理は重要であり、また勤務先はそういった感染症などにかかりやすい環境であるということを意識した上で仕事をするということが大事になってきます。

仕事以外でも、プライベートな時間を使って運動をしたり、食事についてもしっかりと栄養のあるものを食べることも重要になってきます。