調剤事務で正社員として働くために

調剤薬局事務の資格を取得出来たら、やはり正社員として働きたいと思うのが普通でしょう。

ここでは調剤事務の正社員として働くための方法や年収、給料についてまとめています。

調剤事務で正社員として働くためには

調剤事務とは、名前が示す通り、調剤薬局で調剤報酬請求事務等の事務作業を中心に、仕事を行います。ただし同じ調剤薬局で働く薬剤師の様に、働くために絶対に必要な資格はないです。

そのため、調剤を直接行う事は出来ませんが、薬剤師の指示を受けて、調剤をサポートするといった補助業務を行う事があります。同様に薬の整理といった業務も、含まれたりするのです。

そんな調剤事務で働く魅力の一つは、午前だけのパートタイマーとして働いたり、フルタイムで働く等、勤務時間が選べる事だったりします。しかも上手く空きがあれば近所の調剤薬局で働けるので、家事や子育てと両立しながら、働く事が十分に可能です。

更に調剤薬局は常に需要があるので、将来的にも調剤事務の仕事を続ける事も期待出来ます。そんな調剤事務ですが、どうせ働くならパートではなく、正社員としてフルに働きたいと考える女性も少なくないです。そしてそのためには、まず調剤事務の民間資格を取得する事がおすすめだったりします。

というのも前記した様に、この仕事に就くために絶対に必要な資格はないです。ですが、仕事を行う上で、薬の基礎知識や調剤報酬請求事務に関する知識は必要だったりします。なので正社員を目指すなら、そういった知識を証明する、民間資格を有しておくべきです。

正社員やパートで調剤事務で働くと給料はどのくらい

薬局で働く調剤事務ですが、必ずしも必要な資格はないですが、調剤報酬に関する知識は必要であり、事務の中でも特殊な知識を必要とされる職種でもあります。

調剤事務は正社員での募集よりもアルバイトやパートでの募集が目立ちます。近隣に住んでいる主婦等が働いている事も多いです。

給料においては事務と言っても周辺相場の一般事務職と同等か若干高めにある傾向である事が多く、正社員の場合高卒からだと15万円程度から、大卒だと18万円程度からが多く、パートやアルバイトの場合は800円から1000円当たりが相場です。

経験の有無や調剤事務の資格を持っていると給料に反映してくる事もよくあります。調剤事務と言っても大手や個人で経営する所で規模が異なるので、一概に大規模だから福利厚生や待遇面で良いとは限りません。個人の所でもアルバイトパートでボーナスが支給される場合もあります。

調剤薬局で働く場合には近隣の医療機関の診療時間に合わせて営業時間を合わせている事も多く、完全週休2日制でない場合もあり、正社員でも早番や遅番などのシフト制を導入している所もあります。あるいは昼休憩が長く、一日中勤務する事もあり、拘束時間が長く感じると思う人もいるでしょう。

調剤薬局事務の正社員の年収はどれぐらいなのか

結婚すると、退職して家庭に入る女性は多くいますが、子供が大きくなって手がかからなくなると、また仕事をしたいと考えるようになる方がほとんどです。そのときに資格があると、待遇の良い職場で働くことが出来るので、医療関係の事務仕事に興味があるなら、調剤薬局事務の資格を取ることをおすすめします。

調剤薬局事務の資格があると、調剤薬局で薬剤師の補助を行い、患者さんに薬の説明をしたり、レセプト業務などの事務仕事が出来るようになります。パートで働いている方も多いので、短時間だけ働いている主婦の方も少なくありませんし、正社員の募集をしていることもあるので、フルタイムで働くことも出来ます。

調剤薬局事務で正社員として働くと、どれぐらいの年収になるかというと、これは本人のスキルや経験によっても違いますが、ベテランの方で大体400万円程度になります。未経験の方の場合は、年収300万円ほどなので、求人を探すときは出来るだけ待遇の良いところを選んで応募しなければなりません。

就職したばかりの頃は、手取り12万円ほどからスタートすることもありますが、これは経験を積み重ねるうちにどんどん上がっていきますし、残業代などがプラスされると、さらに多く貰えることもあります。

調剤事務薬局の仕事は忙しいのか

求人案内で人気が高い調剤薬局での事務募集ですが、気になるのは調剤事務の仕事は忙しいのかどうかでしょう。立地場所や調剤薬局の規模にもよりますが、調剤事務では忙しい時期と忙しくない時期とがあるため、メリハリのある仕事をすることが出来るでしょう。

例えば調剤事務が忙しい時間帯というのは最寄の病院が診察を行っている曜日や時間帯です。病院帰りの患者が処方箋を持って調剤薬局を訪れるため、診察時間と同じ時間帯は比較的仕事が忙しいといえるでしょう。

また、最近の調剤薬局は夜間や休日に営業していることもあるため、そのような時間帯は仕事が忙しくて昼間調剤薬局を訪れることの出来ない人が集中的に訪れるでしょう。

そして薬局という職場柄、花粉症やインフルエンザなど病気が流行しやすいようなシーズンは多くの人が薬局を訪れて治療を受けるため、調剤事務もレセプトの作成や受付業務などあわただしい日々を過ごすでしょう。

人数が少ない調剤薬局などでは調剤事務として採用されたとしても受付などの接客業務を手伝うこともあるため、忙しい時期は色んな仕事をやりこなす柔軟性とやる気、体力などが求められるでしょう。薬を扱う責任ある仕事であるため、責任感を持ってやりぬく気持ちが大切です。

年齢を気にせず調剤事務で働く

女性に人気な職業、調剤事務。最近、新しい職場として注目されています。これには、調剤薬局をフランチャイズチェーン展開する会社や、調剤薬局を併設するドラッグストアーが増えてきたことが関係しています。

調剤事務が人気な理由は、調剤薬局は全国にあるので働く場所に困らない、育児や家事など主婦業と両立して働きたい方は「午前中」「週3日」など自分の都合に合わせてはたらきやすい、資格や経験のある方は復職しやすいなどがあげられます。また、年齢に関係なく働けるのも魅力のひとつです。

調剤事務の現役で働いている方の年齢層は、地域にもよりますが20~30代の女性が多いようです。もちろん、30代以上の方もお仕事をされていますので、年齢に左右されない職業といえます。調剤事務の仕事は一言でいえば、薬剤師さんと患者さんの懸け橋となり薬剤師さんのサポートをするお仕事です。

患者さんの対応、受付、薬剤師さんに調剤してもらったうえで会計をおこないます。また、レセプト(調剤報酬)の作成や業者との対応、納品書、請求書の整理、薬局内の清掃、電話対応など調剤薬局事務員の仕事は幅が広いといえるでしょう。安定した雇用環境とやりがいのある魅力的なお仕事です。