調剤薬局事務の専門学校に通うことについて

調剤薬局事務は必ずしも資格が必要とする職業ではありませんが、やはり資格を持っていると就職時に有利に働きます。

ここでは専門学校に行って調剤薬局事務の資格を取ることについてまとめています。

専門学校に行って調剤薬局事務として働こう

調剤薬局事務とは、調剤薬局で薬の調剤ではなく事務を行う担当スタッフのことです。薬の調剤ができるのは国家資格を持った薬剤師だけですが、薬局に来た患者さんの受付や薬代の会計等は薬剤師でなくてもできますね。

調剤薬局事務の業務範囲は幅広く、決して簡単な仕事ではありません。受付の際には患者さんに頼んで問診票に記載してもらったり、アレルギーの有無を確認することも大切な仕事です。患者一人一人のデータを管理し、薬剤師と患者さんの間でスムーズな薬の提供を図ります。

調剤薬局で調剤薬局事務として勤務するためには、専門的なスキルが必要になります。全くの初心者が調剤薬局に就職することはできないでしょう。医療系の仕事は人気が高いですが、特に事務として働きたい女性は多いですね。年齢を重ねても資格を持っていれば就職にも困ることはないでしょう。

医療系の資格の中でも注目度の高い調剤薬局事務の取得を目指す方は、専門学校に通うといいでしょう。医療系の専門学校なら医療事務や調剤薬局事務等、複数の資格が取得できるようになっています。

目指せる資格の数や種類を比較することも専門学校選びのポイントです。まずは資料を請求して自分に合った専門学校を見つけましょう。

調剤薬局事務をスクールで学ぶメリットや人気の理由

調剤薬局で事務として働きたい場合、特に必要な資格はないですが、調剤薬局事務の講座をスクールで学び終了試験に合格すると修了証と同時に認定証がもらえる講座もあります。スクールでは調剤薬局事務として働く上での調剤報酬の知識やレセプト作成などの知識を学ぶ事が出来、就職の際に知識がある事で有利に働きます。

調剤薬局事務は主に医療事務などの医療系の資格を持っている人がさらに就職に有利になるように取得する人が多い中、調剤薬局で働きたいという希望で取得を目指す人もいます。調剤薬局の事務は正社員からアルバイト、パートなどの幅広い雇用形態があり、主婦でも手に職をつけて働く事が出来る事務として年々人気を集めています。

調剤薬局事務の講座をスクールで取得するにはさほど時間がかからない点も人気の一つです。忙しい場合には通信教育でも取得が可能です。通学でも2ヶ月から3か月程度で取得できてしまう事や受講料も5万円弱である事も多く、勉強する期間や費用面でも気軽に目指せる点も始めやすい要因となっています。

スクールで調剤薬局事務を学ぶメリットとしては講座終了後に提携している薬局に仕事の斡旋をしてもらえる事もあり、就職に繋がりやすいといったメリットもあります。

調剤薬局事務の参考書は自身の目で選ぶべき

怪我や病気の症状を緩和するためには、調剤薬局で受け取る薬が有効です。主に薬を販売してくれる調剤薬局では、調剤薬局事務と呼ばれる方が在籍していることをご存知でしょうか。調剤薬局の居心地を良くしたり、薬の販売によって発生する会計データの集計などが主な仕事内容です。

実際に調剤薬局事務として働くためには、資格試験に合格をする必要があります。勉強を進めるためには、参考書選びが重要です。ご自身の勉強スタイルに合う参考書を選ぶためには、書店まで足を運ぶことをおすすめします。

市販されている調剤薬局事務資格の参考書は、自身の目で選ぶことが大切です。近年ではインターネットショッピングが発達し、手軽に参考書を購入できるようになりました。商品紹介ページに掲載されているレビューを参考にしたとは言え、それがご自身に合うものであるかは分かりません。

効率良く勉強を進めるためには、実際に内容を見た上で決定される方が個人の向き不向きが明らかになるからです。お薬を扱う業務の中でも、調剤薬局事務は人気色としての地位を維持しています。患者さんが元気になっていく様子を、近い距離で見守ることができるからです。

希望に満ち溢れた調剤薬局事務の試験に早期合格するためにも、参考書選びには手間を惜しまないようにしましょう。

調剤薬局事務の魅力と必要な知識とは

調剤薬局事務は、調剤薬局で、患者さんの応対や、調剤報酬請求事務等の事務作業や薬の整理整頓、薬剤師の補助的作業といった形で、様々な仕事を行います。

この仕事の魅力は、街中にそれなりの数存在する調剤薬局から職場を選べるので、上手く行けば自宅の近所の薬局で働く事が出来る事です。更にパートタイマーとして午前中だけ働いたり、フルタイムで働く等、その人の都合に合った勤務時間を選べる職場もあります。

そんな調剤薬局事務ですが、医療系の仕事であるため、医療に関する専門知識やスキルが必要じゃないかと考える人もいます。ですが一緒に働く薬剤師とは違い、調剤薬局事務として働くために、絶対に必要な資格は存在していません。

つまり仕事を行う上で、ややこしい専門的な知識が必要になる事はなかったりします。ですが、調剤報酬請求事務の仕組みや、薬剤師のサポート作業を行うための薬剤に関する基礎知識は必要となります。

なので調剤薬局事務として、どうしても働きたいという人は、通信講座等で勉強をして民間の資格を得る事をおすすめします。

そういった資格があれば、仕事探しの際も有利な上に、いざ仕事を始める時も、すんなり仕事に入る事が出来ます。しかも資格を得るために必要な知識はそれ程多くないので、まずは資格取得に挑戦すべきです。

調剤薬局事務の職に就くための資格の必要性

医療事務関連の職の一つである調剤薬局事務も医療事務同様全国に需要があるので人気となっています。医療事務、調剤事務とも従事する上で資格の必要性は無いのですが、求職活動に多少でも有利になることから、また資格試験の料金が比較的安いということもあり勉強する人が多いようです。

医療事務関連の資格は全て民間資格なので法的有効性が無いから不要という訳ではなく、実務において診療報酬明細書(レセプト)発行などの事務作業をスムーズに習得して業務を滞りなく行えるようにするための前知識を得る自己投資として価値があるといえます。

何故なら完全電子請求が推進されて以降レセプトコンピュータを使い全国でほぼ同様の明細書を作成するからです。

調剤薬局事務ではその業務上医療事務ほどの広範な知識は必要ないかと思いますが、医療分野のサポートである為薬学など一定の専門用語を理解する必要性があり、一度も従事したことの無い人にとっては試験に実技が含まれていることからも実務イメージの向上にも繋がるので有用性があります。

尚、調剤薬局事務に資格の必要性は無いので資格を持っていないから採用されないということはありません。

新人を教育することも業務の一環なので職務を通して実践で学ぶことも充分可能ですが、病院の近くでは患者があとを絶たず多忙な薬局もあり、最初で躓かない為の備えとして合格ではなくても勉強はしておいた方がいいかもしれません。

調剤薬局事務に必要な資格と協会発行の認定資格

調剤薬局事務は資格がなくても就くことができますが、有資格者ほど就職に有利になることがあります。調剤薬局事務は調剤薬局内でレセプト作成から受付、調剤録の管理、会計など様々な事務業務に携わっています。

調剤は高度な知識もいるため、相当の知識があると仕事もスムーズですし、人材を求める側もそうした知識・資格を重視しているところがあります。

調剤薬局事務に必要な資格としては調剤報酬請求事務専門士検定試験や調剤薬局事務士・管理士など数多くあります。民間資格で、名称は異なるものの基本的には同じ内容です。協会ごとに資格の名称が異なるだけで、調剤薬局事務の能力を測る意味で必要な資格として捉えると良いでしょう。

その中でも着目したいのは国の機関が指定登録した協会・団体の資格である点です。職業能力資格証明制度に記載できる点もポイントで、医療機関の団体が認定する資格であることも、就職のパイプを考えた上ではメリットもあります。

調剤薬局事務は通信・通学講座で気軽に学ぶことができ、学習期間も数ヶ月といったところです。全国に調剤薬局はあり、勤務時間に融通が利くこともあり、子育て中の女性の方も就きやすい仕事です。資格を認定する団体でも講座を開設しており、全般に合格率が高いのも一面です。