調剤薬局事務の仕事はどんなことをしているのか

調剤薬局事務という言葉を見る限り、薬局で調剤をしている職業だろうなという事しか推測することは出来ません。

ここでは実際に調剤薬局事務がどんな仕事をしているのかについてまとめています。

調剤薬局事務の仕事内容について

調剤薬局事務の仕事内容は、調剤薬局の業務の薬局的な部分と事務的な部分の内の事務に関する業務を専門としたものになります。

この調剤薬局事務の業務が担当する仕事内容は非常に広範囲で専門知識も必要とされるため、調剤薬局事務のスキルを証明するための資格も多く存在します。

調剤薬局事務の大まかな仕事内容としては、まず病院等で処方箋を受け取った患者さんへの受付と接客があります。来局した方が初来局なのか再来なのかでその後の業務内容が変わるため、確認を行い、もし初来局だった場合は、アンケート等を利用して住所や氏名・薬の服用や通院の履歴などの基本的な情報を取得します。

ここで取得したデータが薬局で管理し、再来の場合に保険証の確認などで利用することになります。次に来局した方の処方箋を確認し、問題がなければ薬局内の薬剤師に提出、処方薬が調剤されたら処方箋に書かれた情報をもとに処方した薬剤の情報を調剤録としてコンピューターに入力します。

後ほどこの調剤録を元に薬の副作用などを薬歴簿として登録します。処方薬ができたのでお客様に薬を渡し、会計処理をするのも調剤薬局事務の仕事内容になります。

会計が終了したら、調剤録を確認しレセプトを作成します。作成したレセプトを支払基金や国保連合会などに送付すれば一連の流れは終了です。

調剤薬局事務の仕事内容を把握

調剤薬局事務とは、病院に行くと医師から処方箋が受け取れます。その処方箋をもって薬局に行くと、調剤薬局事務の人が受付をしてくれるのです。仕事としては、処方箋やお薬手帳を受け取りをしたり、新規患者さんの場合には、既往病や投薬などを受けていないかなどを受付用紙に記載します。

毎月の保険証の確認を行ったり、薬の効果や副作用などの説明書きや印刷なども行います。薬局の顔とも言える役割なので、患者さんに対しての丁寧な対応が求められるのです。待ち時間が長い事もありますので、その時にはサーバーなどで設置してあるお茶やお水の提供を行う事もあるでしょう。

医師と薬剤師との橋渡しをして、薬剤師の補助をしていく仕事です。薬を渡すのは薬剤師の役目になりますが、その他の庶務的な仕事をサポートして行くのが、調剤薬局事務になります。

総合的に言えば、調剤薬局における薬剤師の補助と、薬を受け取る患者さんの対応がメインです。一般的な受付の事務とは違い、専門的な知識を持った職種になりますので、ニーズの高い仕事ではないでしょうか。

薬剤処方に関する点数の計算や会計なども、行っていく事になります。年々点数にも変化がありますので勉強する事も大事で、将来性のある職業でしょう。定時で帰宅出来ますので、主婦の人にも人気の職場になります。

調剤薬局事務員としてスキルアップをしよう

近年の医薬分業の影響によって新たに誕生した職業の一つとして、調剤薬局事務を挙げることができます。調剤薬局事務とは、調剤に関する会計や事務を専門的に行う職業のことをいい、患者さんへの対応をはじめ、薬の在庫管理や会計事務、レセプトの集計や診療報酬請求など、様々なスキルが求められる職業となっています。

調剤薬局事務の広告求人を見てみますと、未経験者でも可となっているケースも多く、仕事に従事する上で特別な資格は必要がありません。

しかしながら、資格を持っていることを前提条件として求人をしている会社も少なくはありませんし、調剤薬局事務の資格を持っていれば時給アップやスキルアップにもつながることとなります。
是非とも資格を習得して、有利な条件で仕事に就きたいものですよね。

調剤薬局事務資格のテキストは書店に行けば比較的簡単に手に入れることができますし、大手の通信教育講座でも開講されているので独学がしやすいという特徴があります。学習をする際は用語などを丸暗記するのではなく、意味や仕組みを理解しながら学習をすることで、資格の取得と同時にスキルアップを図ることもできます。

資格試験は会場試験と在宅試験があり、所定の講座を修了することで在宅受験が可能となります。テキストを見ながら受験ができるので、多くの人に合格のチャンスがあるのです。

高度なスキルが身に付く調剤薬局事務について

最近では、調剤薬局で保険の確認作業やレセプトの作成などを行う調剤薬局事務の人気が高まってきています。受付や会計なども行っていて、薬剤師をサポートする重要な仕事といえます。調剤薬局事務は、高度なスキルや専門的な知識が身に付く仕事ですので、多くの人々からよ応募も年々増加してきているのです。

調剤薬局事務は、勤務時間が比較的一定していますし、フルタイムやパート勤務など働き方を自由に選べることもあり、女性にとっては家事や育児と両立しやすいという大きなメリットがあるのです。

職場は全国各地にありますので、結婚などを機に引っ越しをした場合の再就職に困ることもありません。医療関係の事務職でさらなるスキルアップや転職を希望している人にとってはぴったりの仕事といえます。

家事などが忙しい人でも自宅にいながら通信講座で知識を深めてスキルを高めることが可能ですので、短期間で調剤薬局事務の資格を取得することができるのです。このように、調剤薬局事務は、プライベートをしっかりと守りながら両立できる手軽な仕事として、多くの人々から高い人気と満足度を得ている仕事なのです。

これからも、処方せんの受付数はますます増加していきますので、調剤薬局事務の果たす役割はさらに高まっていくのです。

調剤薬局事務の接遇ポイント

調剤薬局事務は調剤薬局の事務で、医療機関である為患者様の体調や薬局内の様子に気を配ることが、とても大切です。その為、患者様に対する接遇で薬局の印象も違ってくるので気をつけていきたい業務です。

最初の挨拶では、薬局毎に様々な考え方があると思いますが「おはようございます」「こんにちは」とお迎えして処方箋やお薬手帳を受け取ります。このお薬手帳をお持ちかどうかを伺うことは薬局では調剤の際のチェックで重要ですので、最初のうちはかなり意識して伺うようにするといいかと思われます。

調剤薬局事務では、この処方箋やお薬手帳、また初めての患者様には薬に関する問診票に記入して頂くことも忘れないようにする接遇ポイントになります。処方箋確認の際も処方箋の期限が切れていないかどうかをよくチェックしていきます。もし切れていたら、事情を伺い、薬剤師に対処をお願いします。

疑義照会等で時間を取り、お待たせする場合もよくあります。患者様はイライラされる方もいらっしゃるので気をつけて、患者様に納得して頂けるように事情説明も気をつけてください。

入力等を済ませて調剤準備が済むと、薬の受け取りが済んだ患者様の会計処理があります。投薬内容の確認をして会計となります。会計時、調剤料等の問い合わせもあります。

この点は調剤薬局事務として、患者様に納得して頂けるよう答えられるよう勉強して接遇にも活かしていくことが大切です。

会計も無事に終えて気持ちよく、また利用して頂けるように努めていきたいポイントになります。

調剤薬局事務のお仕事は接客も大切です

今、女性に人気のある職業の一つに調剤薬局事務があります。調剤薬局事務の仕事は、簡単に言うと薬剤師と患者の懸け橋のような仕事です。薬剤師のサポートをし、患者の受付、対応、会計、またレセプトの作成や書類の整理整頓、電話対応、薬局内の清掃などがあります。

調剤薬局事務の仕事はとても幅が広く、奥の深い仕事といえるでしょう。調剤薬局事務の仕事は保険や薬剤などの専門知識も必要ですが、接客能力も必要です。実際に医療現場の受付などを担当とする医療事務スタッフは接客業という意識をしっかり持って働いています。

調剤薬局事務員も同じことが言えます。人を相手とする業務なので、人(患者)の気持ちになって仕事ができなくてはなりません。これは、キャリア以上に重要です。

患者に心地よい時間と空間を提供できるよう気配りのできる方が何より求められ、病院の規模が小さくなるほどにスタッフの接客力、印象の良さが重要視されます。

これらのことをふまえて、調剤薬局事務のお仕事に向いている方は、人のお役にたつことが好きな方、人に喜んでもらえるとうれしいと感じる方です。患者の心の支えとなり、親しみと安心感をあたえられる人材がもとめられています。

調剤薬局事務の仕事でちょっと辛いこと

今や調剤薬局事務は医療事務に続いて人気の職業ではないでしょうか。医療関係なので、お給料の安定に、土日祝日は休み、お盆休みや正月休みも必ずあるところが嬉しいですよね。

ただ、調剤薬局事務ならではのちょっと辛いことも実はあったりします。それはどんなことなのでしょう。調剤薬局事務は、1人で受付全般を全部をこなさなければならないです。もちろん薬局の規模にもよりますが、受付も事務員も1人しかいないところも結構あります。

なので意外と休みがとれなかったりするのが盲点なのです。お子様がいらっしゃる方は必ずそこを確認したほうがいいでしょう。調剤薬局事務は、調剤助手もやらなければならなかったりします。これが結構大変で辛いところなのです。

小規模のところでは薬剤師が1人や2人しかいないこともあるため、人手不足なのです。素人に薬剤の名前を覚えるのは至難の業でとても時間がかかります。受付や事務全般をこなしながら調剤の助手もやらなければいけないとなると、とても大変な仕事です。

しかし、専門的な作業になってくるので、慣れてしまえばやりがいを感じられる職業といえるでしょう。女性の多い職場なので辛いこともあるかもしれませんが、やってみる価値はあるでしょう。