調剤薬局事務の仕事内容って何をするの

調剤薬局事務と言えば薬局で働く事務員という漠然としたイメージはありますが、実際にどんな仕事をしているのかわからない人も多いのではないでしょうか。

ここでは調剤薬局事務の仕事内容についてまとめています。

調剤事務の仕事内容と向いている人

院外処方箋が進む医薬分業から、薬局で働く調剤事務の職業が重要視されるようになっています。調剤薬局で働く事務員の事を指しますが、具体的に仕事内容としては処方箋とお薬手帳の受付、保険証の確認、処方箋を薬剤師に取り次ぐ、新規患者さんの受付登録業務、薬剤に対する診療報酬の会計チェックやその他患者さんへの応対などが挙げられます。

調剤事務は薬局の顔ともなるので患者さんに失礼のない応対が求められます。具合の悪い患者さんも多く来られるので常に患者さんの様子を伺う心配りも必要です。また、待合室にウォーターサーバーが備え付けてある場合には必要に応じて患者さんに提供したりする場合があります。

注意したい点は近隣の医療機関から必ずしもすべての人が近隣の調剤薬局に訪れる訳ではない事です。患者さん自身が調剤薬局を選ぶ権利があるので調剤事務だからといって仕事内容だけをこなしていては患者さんは不快な思いをするとかかりつけの調剤薬局を変更する事は大いにあります。

この為、サービス業の内容が強い調剤事務なので事務としてのスキルも大切ですが、接遇面でも大いに重要視される職場でもあります。

また月末月初にレセプトの業務が発生する為、医療事務や調剤薬局事務の知識があれば有利になる職場でもあります。計算業務が好きな人、人とのコミュニケーションも得意や好きな人には向いている仕事と言えるでしょう。

受付業務も調剤事務の仕事

調剤事務は、調剤薬局で一般的な事務作業を担う仕事です。薬剤師は調剤を、調剤事務はそれ以外の事務を行うという分業化が最近の形態です。それぞれの分野をそれぞれの担当が行うという役割分担です。

調剤事務の仕事内容で最も専門性が求められるものは、レセプト業務です。レセプトとは、調剤費や薬代を保険者に請求する書類のことで、この書類を作成する業務を指します。このほかに処方箋の入力やデータ管理、処方した薬の種類や処方の時期などを詳細に記録した薬歴簿を作成するなどの事務業務があります。

数字を扱う仕事なので几帳面さと、パソコン入力の技術が必要となってきます。ただ、調剤事務の仕事は事務作業だけでなく、受付での患者さんの応対など接客の仕事も担っています。ですから処方箋の受付業務や会計業務も行い、患者さんと関わる仕事内容となっています。

調剤事務員になるには、特に資格は必要ありませんが、人気の職業でもあり資格取得は就職や転職に有利です。民間企業が認定している資格をとるには、専門学校へ通学して講座を受講する、または通信講座で勉強する方法がおすすめです。基本的な医療知識が必要なので、全く医療の知識がない方には独学では難しいからです。

調剤事務の魅力と仕事を行う上で覚えること

調剤事務とは、調剤薬局で調剤報酬請求の事務を中心に、事務作業の全般を行う事になる仕事です。この仕事の魅力としては、自分の都合に合わせて、午前中だけや午後だけといったパートタイムや、或いはフルタイムとしてしっかり働く等の勤務時間を、選び易い事です。そのため、子育てしながら働く事にも向いている仕事であると言えます。

更に調剤薬局というのは、街中に幾つも存在しており、将来的にも需要が見込めます。なので調剤事務での仕事をしっかり覚えていれば、将来的にも仕事を確保出来る可能性は高いと言えます。その上、自宅の近所で仕事探しが行え、見付け易い仕事である点も魅力だと言えます。

ただし調剤事務は、調剤薬局で働く医療系の仕事であるため、覚えることが多いのではないかと心配になる人もいます。ですが調剤事務になるには、医師や薬剤師の様に国家資格が必要な訳ではないです。

なので医療の専門知識や技術を求められている訳ではないので、覚えることも事務仕事の流れをしっかり覚える事と、薬剤に関する基礎知識程度のモノです。そのため特に、難解ではなかったりします。

もっとも調剤事務になるには、特に必要な資格はないですが、仕事を探す上では、民間の資格を取得しておいた有利です。なのでこの仕事を長く続けて行きたいと考える人や、有利に仕事探しをしたい人は、是非とも取得すべきです。

調剤事務の仕事の利点と薬について覚えるべき事

調剤事務とは、名前が示す通り、調剤薬局で事務全般の仕事を行う存在です。そんな調剤事務の仕事の魅力と言えばまず、仕事が探し易いというのがあります。というのも街中で、職場となり得る調剤薬局は、かなりの数存在しています。

なので、自宅の近所で求人を見付けられる事も少なくないので、仕事の見付け易さといった面も利点だと言えます。加えてこの仕事は、午前だけパートタイムで働いたり、フルタイムで働く等の勤務時間を、比較的選ぶ事も可能です。その点も利点だと言えます。

そんな調剤事務ですが、医療系の仕事であるため、専門知識を覚える必要があるんじゃないかと考える人もいます。ですが医師や看護師、薬剤師とは違い、この仕事に就くためには国家資格が必要ではないです。なので医療に関する専門知識を覚える必要は、ないと言えます。

ただし仕事探しを行う上だったり、調剤事務の仕事を長く続けるつもりならば、薬に対する基礎知識は覚える必要があります。更に当然ですが、調剤報酬請求事務に関する知識も身につけるべきです。

そして仕事探しを有利に進めたいなら、調剤事務の民間資格を取得しておいた方が良いと言えます。その方が、実際に職場で仕事を開始した際にも、無理なく仕事を覚える事が出来るのでおすすめです。

調剤事務に薬の知識は必要か

調剤事務とは、調剤薬局や緊急医療施設などにおいて事務作業一般を行う仕事です。調剤は薬剤師が担い、その他の事務業務と患者さんの接客業務が調剤事務の役割です。最近では分業化し、その分野のみをそれぞれの役職が担当するようになっています。

調剤事務は、処方箋のデータ入力やデータの管理、処方した薬の種類や処方した時期などを記録する薬歴簿の作成、調剤費や薬代などを保険者に請求する書類を作成するレセプト業務などがあります。
薬の知識が必要かといわれれば、必ずしもそうとはいえません。

調剤事務は薬の知識なければなれない、というわけではありませんが、患者さんに薬のことを聞かれる場合もあり、薬剤師に患者さんの要望を正確に伝えるためには知識を持っていたほうがいいといえます。事務作業としてパソコンに薬のデータを入力する際にも、薬の名前や知識は作業を楽にしてくれます。

調剤事務になるためには、資格が必要というわけではありませんが、民間企業が認定した資格が存在します。基本的な医療知識が必要なので、全く知識がない方には独学は難しいでしょう。

専門学校の通学講座や通信講座で効率よく勉強することをおすすめします。合格ラインは実技が70%以上、学科が70点以上で、近年合格率は50%強となっており、ここ数年大きな変化はありません。

調剤事務とは薬の説明をするお仕事です

一流企業に就職が決まっても、いつリストラされて、職を失うことになるかはわかりませんし、結婚したら退職する方も多いので、将来のことを考えるなら、何らかの資格を取得しておき、備えておいた方が安心です。

とはいえ弁護士などの資格を取るのは難しそうなので、もっと気安く取得できそうな資格をお探しなら、調剤事務を選択することをおすすめします。調剤事務の資格があれば、薬剤師の補助を行って、調合された薬を患者さんに渡すことが出来るようになります。

実際に薬を調合するのは、薬剤師のすることなので出来ませんが、補助をするのも大切なお仕事です。また患者さんに、薬の内容や効能、服用の仕方など、薬の説明を行うのも仕事ですし、保険の計算をしたり、請求書類の作成のような、事務に関する作業についても調剤事務の方が行います。

実際のところ、調剤事務の仕事は資格がなくても出来るのですが、薬の説明を患者さんに行ったり、難しい保険の計算をすることなどは、薬に関する知識がなければ出来ないので、調剤事務の資格を持つ人が行った方が効率的です。

ゆえにこの資格さえあれば、現場で即戦力になりやすく、就職には非常に有利な資格になるので、取得しておけば、結婚後の再就職もしやすくなるでしょう。

調剤事務の職場は研修があることが良い

就職や転職で調剤事務の職場探しをするなら、研修制度があるかどうかに注目してみましょう。初めて働く職場では色々と分からないことがありますし、調剤事務の仕事に慣れていない当初はしっかりと仕事を覚えることが重要でもあります。

研修制度がしっかりとある職場では、その職場における仕事のやり方を一から教えてもらうことが出来ます。こうして仕事のやり方を身に着けてから実践に入ることで、やはり自分にとっても不安なく働きやすくなります。

職場によって研修制度があるかどうかは大きな違いがあるため、求人探しをする時に内容をしっかりと見ておくことが大事です。もし、調剤事務の仕事で研修制度がある職場へ就職や転職をするなら面接時などにその研修内容を聞いておくと良いです。

どのくらいの期間なのか、必要なものは何かなど、具体的な話は一通り聞いておくことが大事です。はじめての職場では色々と不安を感じるという人はこのようにして調剤事務の仕事探しを進めてみると良いです。

しっかりと最初に仕事を覚えることが出来ると、働きやすい環境から新しい職場をスタートさせることが出来ます。仕事の経験が豊富になるまではこうした仕事の選び方も良いものです。