調剤薬局事務の資格試験について

調剤薬局事務として働く場合、資格を取得する必要があります。

専門学校や通信講座を受講した後に試験を受けるわけですが、その試験は難しいのでしょうか?ここでは調剤事務の試験についてまとめています。

調剤事務に必要な資格を得るための試験とは

調剤薬局というのは、大小様々な病院に付随する形で、街中で意外に多く存在しているものです。ですがそういった薬局で働くには、薬剤師の資格を取得する必要があると思い込んでいる人も珍しくなかったりします。

ですが調剤薬局には薬剤師の他にも、調剤事務が働いているのです。しかも調剤事務は、薬剤師とは違い、資格が無くても働く事が可能な仕事だったりします。

調剤事務として働く利点は、自分のライフスタイルに合わせて勤務時間を選べるという点があります。というのも、正社員としてフルに働くだけでなく、パートやアルバイトとして特定の時間だけ働く事が出来る薬局も多いからです。そのため主婦が育児をしながら働くケースも多くあり、女性に人気の仕事となっています。

ただし調剤事務で安定した収入を得るなら、やはり正社員として働く事をおすすめします。そして正社員を目指すのならば、仕事探しを行う前に試験を受けて、民間資格を取得しておくべきです。

その理由は、資格がないよりあった方が、仕事探しを行う上で有利に働く上に、調剤事務の資格は、資格試験の中でも簡単な部類に入るモノも多いからです。

というのも資格の試験の中には、テキストを見ながら書類を作成するというモノもあります。お陰で、わざわざ暗記する必要も無く、資格を得る事も可能だったりするのです。

調剤事務の筆記試験について

最近女性に人気の職業の一つに調剤事務があります。資格も比較的難易度が低く、主婦の方でも取りやすい手軽さが人気のようです。また、調剤事務の仕事は、家事と育児を両立しやすいので実生活を大切にしながら仕事をしたい方におすすめな職業です。

調剤事務のしごとは、「調剤報酬請求事務(レセプト)」を中心に調剤薬局の事務作業全般を行います。調剤事務が扱うのは薬剤の分野のみのため学習範囲が比較的狭いので、初めて学ぶ方や勉強の苦手な方でも無理なく身につけられる技能です。

そんな人気な調剤事務の就職活動には、筆記試験と面接を行うところが多いようです。筆記試験は選考活動の初期段階で行われるケースが多くあります。筆記試験においては、少なくとも評価基準が明確です。

つまり、努力すればしただけ報われやすいのです。初期段階の筆記試験で落選となれば、自己prのチャンスである面接も受けることができません。本来の自分を評価してもらうためにも、筆記試験対策に時間を使うことは重要です。

試験内容も、一般常識や時事問題などの学力や知識を試すもの以外に、国語や算数の基礎能力や性格適正を調べる検査を行われることもあるようです。ほとんどの試験は大学入試のような難しい内容ではないようです。後悔のないよう、事前の対策は必ずしておきましょう。

調剤薬局事務の資格試験を受けるには

意識して街を歩いてみると、大小様々な医療施設を多く見付ける事が出来るモノです。そして同様にそれらに付随する形で、調剤薬局というのも、意外に多く存在しています。ですが調剤薬局というと、薬剤師が働くイメージであり、薬剤師の資格を持たない人は、働けないと考える人が少なくないです。

ですが調剤薬局には、薬剤以外にも調剤薬局事務も働いています。しかも調剤薬局事務は薬剤師とは違い、仕事に就くために絶対に必要な資格はないです。

そんな調剤薬局事務は、正社員としてフルタイムで働く以外にも、パートやアルバイトとして勤務時間を限定して働く事も可能だったりします。お陰で主婦が、家事や子育てをしながら働ける場合も、珍しくないです。そういった利点もあって、女性の中では人気の仕事の一つとなっています。

もっとも調剤薬局事務として働くには、特に資格は必要ないとはいえ、民間の資格を得ていた方が、実際に仕事探しをする際には有利です。なのでどうしてもこの仕事に就きたい人は、調剤薬局事務の民間資格を取得すべきだと言えます。

そんな中、気になる資格試験の難易度ですが、比較的簡単に取得可能な資格です。しかも通信講座で、そのまま自宅で試験を受けて、取得可能な資格もあるので、手軽に資格を取れます。

調剤薬局事務の会場試験を受けるなら

何か資格を取ってこれまでと違う仕事に就きたいという方は、調剤薬局事務の資格取得を目指してはいかがでしょうか?調剤薬局事務の資格があれば、日本全国どこでも仕事に就くことができます。

UターンやIターンを計画している方も引越先で新しい職場探しに困ることはないでしょう。調剤薬局がなくなることは考えにくく、安定した職業だと言えます。

自分の都合に合わせた働き方が選べるという魅力もあります。子供が小さいうちは短時間勤務を希望して、子供が成長してきたらフルタイムの勤務に変更することもできますね。調剤薬局事務は、就職に有利な資格と言えます。

資格を取得するためには試験を受けなければなりません。調剤薬局事務の資格試験は回数が多く、受けやすい試験となっています。毎年奇数の月に試験が行われているので、いつ受けるかを決めてから学習を始めてもいいですね。毎回多くの方が受験しており、半数以上の方が合格を勝ち取っています。

通信講座を利用している方は在宅試験を受けることができますが、それ以外の方は会場試験の申し込みを行います。会場試験の場合は指定された会場に行って試験を受けます。試験の内容は実技試験と筆記試験に分かれています。

調剤薬局事務で資格を得るための試験問題について

小さい病院も含めると、街中に医療施設というのは、意外に多く存在しているモノです。同様にそれに付随した調剤薬局も、それなりに多くあります。なので調剤薬局事務として、調剤薬局で働くことが出来れば、仕事先の候補を増やす事が可能です。

更に調剤薬局事務は、フルタイムだけでなく、午後のみといった形でパートタイマー的に働く事も可能な職場も多く存在します。お陰で子育てや家事と両立しながら、働く事も可能です。

そんな風に調剤薬局事務は利点が多くあるため、女性の中では人気の仕事となっています。ですが医療系の仕事であるため、専門知識やスキルが必要であろう、と考える人も珍しくないです。

ですが医師や薬剤師とは違い、調剤薬局事務になるために、絶対に必要な資格は存在していません。なので医療や薬剤に関する知識がない人でも、この仕事に就く事は可能です。

ですが現実的に仕事探しを行う際には、民間の資格を有している方がやはり有利です。そしてそんな民間資格を取得するための試験問題ですが、比較的に難易度が低いと言えます。というのも試験問題の中には、実際の調剤薬局事務の仕事のやり方に沿い、テキストを見ながら、書類を作成するといったモノも少なくないです。

そのため暗記が苦手という人でも、合格が狙えるので、まずは資格取得を目指すべきです。

調剤薬局事務の筆記試験について

調剤薬局事務のお仕事の内容は、ただ会計のみをするのではなく患者さまが持ってこられた処方箋にしたがってレセプト入力やお薬手帳へ調剤されたお薬の内容を記載したり、新規の患者さまであれば問診票に病歴やお薬のアレルギーなどについて記載をお願いしたりなどしなければなりません。

調剤薬局事務の業務に携わる上で資格がなくても業務に就くことができますが、資格を持ってると専門知識を取得していることをアピールすることができます。

調剤薬局事務で取得することができる資格は、調剤事務管理士という資格で受験資格や年齢の制限もないので誰でも受験することができる資格試験です。

試験内容は、学科試験と実技試験の2つの筆記試験があり、学科試験ではマークシート形式で医療保険制度や調剤報酬。点数の算定、調剤報酬明細書の作成、医薬品や薬価基準の基礎知識などの問題が出題され、実技試験では、レセプトの点検問題とレセプト作成問題が出題されます。

筆記試験は年6回あり、奇数月に開催されていてテキストを見ながら試験を受けることができて、試験会場へ行かなくても在宅で試験を受けることができるので、小さなお子さんがいる子育て中の方には受験しやすい資格でもあります。

調剤事務の資格試験問題について

注意してみると、街中に調剤薬局というのが、案外数多く存在しているものです。そのため、調剤事務として働く事が出来れば、仕事先を確保し易くなると言えます。というのもこの仕事は、午前や午後のみといった形でパートタイム形式で働いたり、フルタイムで働いたりと、勤務時間が選べる職場も少なくないです。

そのため、上手く空きを探せば、近所の調剤薬局でも働く事が出来ます。そうすれば通勤が楽なので、家事や育児と両立して働く事も不可能ではないです。

そんな調剤事務の主な仕事は、患者の応対や会計業務、薬剤師の補助的業務と色々です。ただし薬剤師の様に、国家資格を取得したり、この仕事を行うために絶対に必要な資格というのは、存在していません。なので調剤薬局での仕事でも、直接、調剤を行う事はまずないし、出来ません。

ただし薬剤師の指示のもと、調剤の補助的業務を行ったり、薬を整理整頓する事はあります。なので、薬の基礎知識はあった方が良いです。

なのでそのために、調剤事務の民間資格を所得した方が、仕事を探す上でも仕事を行う上でも、有利です。

そんな調剤事務の民間資格の試験問題ですが、医療の専門知識を高度に問うものではないです。しかも試験問題の中には、テキストを使用しながら書類を作成するというのも多くあるので、暗記が苦手な人でも合格を目指す事が出来ます。