調剤薬局事務として就職するために

調剤薬局事務の資格を取得出来たら後は就職先を探すだけです。

ここでは調剤事務として未経験で就職する場合の志望動機や選んだ理由、調剤事務の年齢層などについてまとめています。

調剤薬局事務にはどのような就職先があるか

調剤薬局事務は、調剤報酬請求事務を主とした事務作業を全般を行う仕事です。医療事務との違いは、働く職場が異なる点にあります。医療事務の就職先は病院が中心ですが、調剤薬局事務は調剤薬局が主です。どちらも医療分野に関わる職業ですが、どこで働きたいかによって必要とされる技能は変わってきます。

次に、調剤薬局事務が行う仕事の詳細をご紹介していきます。ひとつは、受付で処方箋を受け取り、保険の確認やお客様の対応など、調剤薬局の顔として患者さんをお出迎えすることです。

二つ目は、保険者さんへの請求額や患者さんの負担額を算定し、調剤報酬明細書(レセプト)を作成することです。三つ目は、調剤にかかった金額のうち、患者さんの負担分を算出し、金額を受け取り、領収書を発行することです。

また、調剤薬局事務の就職先として、ドラッグストアも考えられます。最近はドラッグストアでも、処方箋による調剤を受け付けているところもあるため、調剤薬局事務を採用しているところは増えています。

また、大きな病院や大学病院、総合病院などの薬科のある病院は、医療事務とは別に調剤薬局事務を採用しているところもあります。勤務先での勤務形態は、正社員、パート社員と選びやすいため、自分の都合に合わせて働き方を変えることができます。

調剤薬局事務未経験者に多い志望動機について

最近では、医療専門職になるために、専門知識を勉強している人が多く見られるようになりました。さまざまな職種がありますが、それらのなかでも、調剤薬局で働く調剤薬局事務は、高い人気を得ています。この職種を選ぶ人の中には未経験者も多く、人の役に立つ医療に関わる仕事がしたいと望んでいる人が増加してきているのです。

調剤薬局事務未経験者に多い志望動機としては、通信教育などの講座を受講することによって気軽に資格を取得することができる点が挙げられます。その他にも、一度専門知識や技術を身に付けることで、年齢や居住地域に関係なく長く働き続けることができる点も大きな魅力といえます。

調剤薬局事務は、日々刻々と変化していく医療制度や医薬品の最新の情報に乗り遅れることなく迅速に吸収することが求められている職業です。現状に満足することなく、常に自らのスキルアップを心がけて勉強する姿勢が非常に重要といえます。

このように、患者のために迅速かつ正確な事務作業を行っている調剤薬局事務を目指している人は年々増加傾向にあるのです。その志望動機は、人によってさまざまですが、病気で苦しむ人々のために少しでも役立ちたいという強い信念を持っている人が多いといえます。

調剤薬局事務を選んだ理由は誠意をもって

調剤薬局事務で働くには、調剤事務管理士という資格が必要な場合もありますが、経験がなくても雇ってくれる場所もあり取得が必要な資格については、それぞれの募集場所により異なる場合があります。薬剤師の資格を持っていない場合は、調剤局での仕事は調剤薬局事務となり、調剤はできません。

調剤薬局事務の資格取得は、医療事務とは異なります。医薬分業により扱う分野が薬剤のみとなり職場は病院ではなく調剤薬局となります。比較的難易度が低く自宅に居ながらでも受講できるコースなどがあり、受験資格も特にありません。

地元密着型の主婦のパート先としても人気があり、調剤薬局事務に携わる男女共に年齢層が幅広いのも特徴です。長期に正規雇用で働きたいと希望する人にも今後も人気の職種の一つと言えます。

今後のスキルアップに役立つ資格として、調剤事務管理士の資格取得を選んだ理由として資格取得が簡単だからという理由では、実際の職場で知識を生かして仕事を続けて行くには少々大変かもしれません。

また、資格を取得し求人に応募し面接の際、調剤薬局事務の仕事を選んだ理由を尋ねられることもありますが、明快な答えが出せるように医療や薬局に対する自分自身の思い入れが伝わるような回答が答えられるようにしておくことが良いです。

調剤薬局事務はネイル不可が普通です。

年齢問わず、女性たちが大好きな指先のおしゃれであるネイルケア、メイクやヘアースタイルと違っていつでも自分の目で見て楽しむことができるので、気分も上がると定期的にサロンへ行き美しく仕上げてもらっている人も少なくはないようです。

こういった細部に美しいデザインやカラーが施されていると、動作もとても優雅で女性らしく見え、異性に取っても魅力的に映り、美人度もかさましされること間違いありません。しかしこのネイルケアは、TPOをわきまえていないと、大人の常識ある女性とは見てもらえず、逆にひんしゅくを買ってしまうこともあるので、注意が必要です。

職業柄絶対に禁止しているところもありますが、中には自己判断に任せているところも多いものです。例えば医療機関は、看護師はさすがに咎められますが、調剤薬局事務などであれば良いのではないかと考えがちです。

しかし調剤薬局事務といえども、自分はどういった人たちに接して仕事をしているのか、に立ち止まって考えてみると、やはり体や心に不安を抱えている人に触れる機会が多いということになります。

調剤薬局事務の仕事ではあまり華美なものはもちろん不適切ですが、ネイルはどうしてもキラキラと光るものが多いので、出来ればつけない方が患者さんに不快な思いはさせなくて済むのではないでしょうか。

調剤薬局事務の年齢層について

実用的な資格として人気があるのが、調剤薬局事務です。この調剤薬局事務は、調剤報酬請求事務天いわゆるレセプト作成を中心とした事務作業全般を行うもので、資格では、この調剤薬局事務に携わる知識を学ぶものです。

調剤薬局事務とともに人気があるが医療事務ですが、医療事務では病院や診療所においての事務のすべてを行う必要があるのに対して、調剤薬局事務では薬剤に関する知識を中心に学ぶので、学習の範囲が狭く取りやすい資格といわれます。

また学習も通信講座で行うことができますし、学習内容も暗記ではなく実務に必要な知識を持ち、正確なレセプトを作成できるかということに重点が置かれているので、試験でもテキストや資料を見ながら解答することができます。また受験資格も不要なので誰でも取得することができます。

調剤薬局事務は主にデスクワークが中心なので、年齢の高い人でも行うことができますが、現役の年齢層としては正社員では20代から30代の女性が中心になります。一方で年齢層が高い人や主婦の人もパートやアルバイトとして働いていることも多い仕事です。

また入力にはパソコンを使う場合も多く、パソコン操作の基本は習得している方がよりスムーズに仕事になれることができます。