通信講座で調剤事務の資格を取得する

調剤薬局事務の資格を取得する場合、専門学校に通うか通信講座で勉強するかのどちらかが主な方法だと思います。

ここでは通信教育での調剤事務の資格取得についてをまとめています。

通信教育で調剤事務の認定資格

女性に人気のある仕事で調剤事務があります。調剤薬局で事務全般を引き受けている職業ですが、正社員だけでなくアルバイトやパートなど勤務形態が幅広いことで、子育てと両立したい主婦に大変人気があります。

調剤事務の仕事内容は、調剤は薬剤師が行い、それ以外の事務作業全般といえます。また、患者さんとの応対、電話対応、会計業務など接客の仕事も加わります。事務作業で最も専門性が求められるのがレセプト業務といわれているものです。レセプトとは、調剤費や薬代などを保険者に請求する書類のことで、これを作成する作業をレセプト業務と呼びます。

調剤事務になるには、資格が必ずしも必要ではありません。しかしながら人気の職業なので、企業が認める認定資格の取得は就職、再就職には大変有利です。難易度もそれほど高くなく、資格取得はおすすめです。

通信講座で学ぶことができ、通学よりリーズナブルな点がメリットのひとつです。わかりやすいテキストで自由な時間に勉強できるのが魅力です。

さまざまな認定資格がありますが、資格自体にはあまり差がありません。通信講座によって、パソコン講座がある、不合格なら返金制度がある、在宅で受験できるなどサービス内容も異なりますので自分に合った講座を選びましょう。

調剤事務の資格は通信講座で取ろう

今の仕事に満足できないという方は、スキルアップして別の仕事に就いてはいかがでしょうか?専門的な職業に就くためには資格を持っていると有利になります。女性にお勧めの資格に調剤薬局事務があります。調剤薬局事務とは、調剤薬局で調剤診療報酬事務を行う仕事です。

薬局で薬を作るのは薬剤師の仕事ですが、事務の仕事は薬剤師でなくてもできますね。そのような仕事を全般的に行うのが調剤事務です。

調剤事務の仕事に就きたい方は、資格の取得を目指しましょう。専門学校に通って勉強をしてもいいですが、通信講座を利用すれば自分の時間を有効に使うことができます。仕事から帰ってきてから勉強してもいいですし、休みの日を利用して集中的に勉強するという方法もあります。

通信講座なら専門学校に通学するよりも費用を抑えることができます。

薬局は日本全国にあるので、資格さえあれば仕事が見つからないということにもならないでしょう。家族の転勤で引越しした場合でも新しい職場が見つけやすくなります。調剤事務の資格を取るためには、薬剤や保険に関する知識を深めなければなりません。

自分が病院に行った時にも知識が役立つでしょう。メリットの多い調剤事務は比較的取りやすい資格です。

調剤事務の資格は通信講座がおすすめ

調剤事務とは、調剤薬局での事務部門の専門スタッフです。調剤薬局では薬剤部門と事務部門と分かれているのが一般的で、調剤は薬剤師が行っています。

調剤事務は、患者の応対から会計業務、処方箋の入力やデータ管理、処方した薬の種類や処方の時期など細かい情報を記録する薬歴簿の作成、薬剤師の補助など、調剤以外のさまざまな事務業務を行います。

また、レセプト処理という、調剤費や薬代などを保険者に請求するための書類作成業務があります。レセプト処理は最も専門性が求められる業務です。

調剤事務は必ずしも資格が必要な職種ではありません。しかしながら人気のある職業であるため、求人の競争率も高くなっています。資格取得は就職に有利に働くことがあります。

基礎的な医療知識が必要になってくるので、資格試験勉強には独学よりも通学講座や通信講座がおすすめです。時間に余裕のある人は、専門学校などの講座もおすすめですが、通信講座は自由な時間にわかりやすいテキストで効率よく勉強することができます。

合格保証制度や、万が一不合格だった場合の返金制度、休学や延長などそれぞれの通信講座でサービス内容が異なります。いくつかの通信講座を比較して、自分に合った講座を選びましょう。

調剤薬局事務と医療事務 通信講座で取得可能

調剤薬局事務の通信講座は、半年程度で資格取得ができるとされています。通信講座で学ぶことは、調剤事務管理士などの試験に合格するための学習です。事務経験は一切不要で、試験も会場だけではなく、特別に在宅で受けることも可能になっています。

勉強も自宅通信講座を受けた上に、すべて自宅受験することで、気軽に資格取得ができます。よく似た資格に、医療事務があります。こちらの職場は病院が主で、治療に関係するレセプト作成が中心ですが、調剤薬局事務に関しては、薬局勤務で薬のレセプト作成が主な仕事になります。

ですから、資格取得の際に、どちらが有利なのかは個人差があることですが、職場環境等を考慮して検討してみてください。もちろん、どちらも通信講座で資格取得ができます、両方学習し、資格を取得することで、調剤業務を行っている病院で、オールマイティな仕事ができます。

調剤薬局事務に関してはだけいうと、薬局だけではなく、ドラッグストア等の病院とは違う接客の仕事もできることで、仕事の幅も広がるとされています。いずれにしても、通信講座は自分のペースで行うことができることから、まずは資料請求をしてみて、資格だけでもとっておくのも良いかもしれません。

調剤薬局事務の資格を取りたいときは本屋でテキストを購入

調剤薬局事務の資格を取りたいときは、お近くの本屋でテキストを購入することをおすすめします。専門学校に通うと、講義の時間に合わせて生活しなければなりませんが、テキストを使った勉強なら、自分の好きな時間に行うことが出来るので、社会人の方でも気安く学ぶことが出来ます。

孤独にコツコツと頑張る必要がありますが、独学で受験勉強を行うと、自分のペースで勉強が出来るので、その方が頭に入りやすい人も少なくありません。

大学生やサラリーマン、OLが時間を作って専門学校に通うのは大変ですし、天気が悪かったり、体調がよくないと行きたくなくなってしまうこともありますが、独学の場合はそんな心配がないのでよいですね。

さらに専門学校の場合は、授業について行けなくなると、途中で投げ出したくなってしまいますが、それでは授業料を損することになります。

独学だと、そんな心配がいらないので安心ですが、もともと計画性の乏しい方や、飽きっぽい人の場合は、同じように投げ出す恐れがあるので、必ず調剤薬局事務の資格を取得するという強い意志を持つ必要があります。

調剤薬局事務のテキストは本屋に行けばいくらでも売られていますから、出来るだけ複数を比較し、解説が丁寧でわかりやすいものを選んで購入するようにしてください。