調剤薬局事務の給料相場について

調剤薬局事務として働く前に皆さんが知っておきたい事と言えば給料相場や平均年収ではないでしょうか。

ここでは調剤薬局事務の平均年収や給料相場について詳しくまとめています。

調剤薬局事務の仕事で得られる給料とは

調剤薬局事務というのは、調剤薬局で、患者さんの応対や調剤報酬請求事務等の事務仕事全般に加えて、薬剤師の補助的業務が主な仕事となっています。

医療系の仕事であるため、薬剤師や看護師の様に専門知識を得た上で、資格を取得する必要性があると思い込んでいる人も少なくないです。ですが調剤薬局事務は、それらとは違い、絶対に必要な資格はなかったりします。

だからこそ調剤薬局事務は、薬剤師の様に直接、調剤を行う事は出来ません。ただし薬剤師の指導のもとに、調剤の補助的な業務を行う事はあります。

なので専門知識ではなく、薬に関する基礎知識は持っていた方が、仕事を得る上で有利であり、そのため最近では、通信教育で手軽に取得可能な民間の資格を取得する人も増えています。更に調剤薬局事務の魅力としては、正社員としてフルタイムで働く以外にも、パートタイマーとして限定した時間で仕事をする事も可能な点です。

そんな調剤薬局事務の給料ですが、働く薬局や正社員やアルバイトといった立場により、大きな違いがあります。

ですが正社員としてフルに働いた際に期待出来る給料としては、月給は凡そ20万円程です。更にそこに各種手当てやボーナスが加わったりするので、年収は300万円前後を見込めます。

調剤薬局事務の年収を事前にチェックしよう

自分がやりたい仕事ということで、調剤薬局事務などがいいかと考えている人は、まずその年収がどのくらいの物になるのかということを知っておくべきです。自分の仕事にやりがいがあると思っていても、やはり年収の面で後からいまいちだと感じてしまっても、取り返しがつかないということにもなります。

調剤薬局事務においては、年収の平均がインターネットなどで調べることができます。もちろん正社員、パートなどで違いが出てくるので、その点できちんと年収の把握を行い、生活設計が立てられるかどうか考えてみることも必要になります。

調剤薬局事務の正社員の年収は平均的にだいたい300万円前後といわれています。場所によって違いがあるので正確なところを把握するのはむずかしいものですが、それでもこういった金額を見てみることで、より現実的に調剤薬局事務への興味というのが固まってくるのではないでしょうか。

仕事の内容という事では、患者さんとのかかわりというものが非常に高いという職場ですので、人がすき、接客をするのが楽しいというようなタイプの人が仕事に向いていると言えるのかもしれません。
正確な作業が求められるという意味でも、きちんとした仕事をすることが大事になる部分が大きいです。

調剤薬局事務として働く利点とお給料について

意識して街を歩いていると、大小様々な病院を見掛けるのと同時に、その近所に調剤薬局を見付ける事が出来るものです。なので調剤薬局で働く事が出来れば、多くの選択肢の中から仕事を選べる可能性が、生まれて来ます。もっとも調剤薬局で働くと言えば、薬剤師です。

ですが薬剤師は、薬のスペシャリストと呼べる存在であるだけに、その仕事に就くには、薬剤に関する専門的な勉強を行った後、国家資格を取得する必要があり、なるのはかなり難しいです。

ですが調剤薬局事務ならば、薬剤師とは違い、特に資格が無くても薬剤薬局で働く事が出来ます。しかも調剤薬局事務として働く利点としては、子育てや家事との両立がし易いというのがあります。

というのも、この仕事は正社員としてフルタイムで働くだけでなく、パートやアルバイトとして決められた時間を働く事が可能な職場もあるからです。なのでその人のライフスタイルに合った、働き方を実現可能だったりします。

そんな調剤薬局事務ですが、気になるのはお給料です。調剤薬局事務のお給料は当然ですが、勤務する調剤薬局に加え、正社員かパートやアルバイトであるかによって大きく変わって来ます。

ですが大凡の数字としては、正社員ならば月給で20万円程である事が多いです。更にパートやアルバイトの場合は、時給換算となり、大体750円から1000円程である事が多かったりします。

調剤薬局事務の給料の相場について

調剤薬局事務は、人気のある資格です。仕事の内容としては、調剤薬局での事務仕事が中心で、主に調剤報酬請求事務(レセプト作成)を行います。事務仕事ですのでデスクワークなどが中心で、年齢が上がっても無理なく続けられる仕事です。

また調剤薬局事務の上位にあたる医療事務に比べて、薬剤の分野に限定されているので学習する範囲もそれほど広くないので資格が取りやすいものとなっています。また調剤薬局事務の試験では、あくまでも正確に事務を行えることであるのでテキストや資料を見ながら解答することができます。

調剤薬局事務を主に正社員として働いている人は20代から30代の女性が中心になりますが、30代以降でも十分に働くことができるものです。正社員としての平均的な給料の相場は、年収300万円と言われています。

ただし、正社員として雇用してくれるところが限られており、派遣社員やアルバイトやパートといった形での雇用のほうが多いと言われます。この場合の給料の相場は正社員に比べて低いものの派遣社員の場合では時給1700円程度が目安となります。

一方で、アルバイトやパートの時給はさらに低く850円程度と言われていますが、資格の要らないアルバイトやパートと比べれば給与の相場は高めです。

調剤薬局事務の給料相場が知りたい

これから資格を取って新しい仕事にチャレンジしたいと考えている方の中には、調剤薬局事務に興味を持っている方もいらっしゃるでしょう。調剤薬局事務の資格はスクールに通わなくても通信講座を利用して取得することができます。医療系の仕事に興味のある女性は多く、医療事務と並んで注目を集めている資格となっています。

せっかく勉強をして資格を取得するのですから、それに見合った収入がないと困りますね。調剤薬局事務として調剤薬局に勤務したら、どの位の給与を受け取ることができるのでしょうか?調剤薬局事務の給与相場は、平均で300万円前後となっています。

地域や雇用形態、役職等によって年収は変わってきますが、月給では20万円を稼ぐことは難しいでしょう。余程残業したり役職が付かない限り高い給与に繋がることはありません。

同じ調剤薬局で働く薬剤師と比較してしまうと相場は低く感じますが、一般的な事務職と比較すれば高い方だと言えますね。調剤薬局事務の場合は正社員だけでなくパートや契約社員として勤務することもできます。

パートで働いた場合の時給相場も販売系等と比べて高くなっています。調剤薬局事務の仕事はレセプトを作成するだけでなく、受付や会計も行うためやりがいのある仕事です。