調剤薬局事務の資格はどれくらいとりやすいのか

調剤薬局事務として働く場合、資格が必要となるのですが、資格の取得難易度はどれくらいなのでしょうか。

ここでは調剤薬局事務の資格の難易度や種類についてまとめています。

調剤事務の資格は取りやすいか

調剤事務とは、薬局で働く薬剤師をサポートし、処方箋の受付や会計の窓口業務を行い、処方箋などの調剤記録を管理すること仕事になります。その他にレセプト業務と呼ばれる、患者様一人一人の調剤報酬の請求書を制作することも仕事になります。

調剤事務は、医療の分野で働くので資格習得に専門の知識が必要かと思われますが、決してそうではないのです。レセプト業務に必要な技能として正確さが挙げられます。そのため、試験中にテキストを見ながら行うことが許されています。実際の仕事でも資料を見ながら仕事をします。

調剤事務が扱う分野は、薬剤の分野のみなので覚えることがあまりなく、初めて学ぶ方でも極めて取りやすい資格になります。試験は、年に6回あり受験資格や年齢制限がなく、実務経験も必要無いのでどんな方でも受けられます。試験の合格率は、60%程となっています。

調剤事務の資格を持つだけで全国の薬局で重宝されて、就職や転職にも大変有利になります。勤務時間もパートタイムやフルタイムでも働けるので自分のライフスタイルに合わせて働くことができます。医療が発展していってるこの世の中で、多忙な薬剤師のサポート役として調剤事務が必要になってきます。そのため、安定して働けるので、この資格はおススメなのです。

調剤事務の資格検定の難易度について

調剤薬局というと、薬剤師が医師の処方箋に従い調剤を行い、患者さんに薬を提供する場所というイメージです。そのため、薬剤師が働く所であり、薬剤師の資格が無ければ働く事が出来ないという印象を持つ人が少なくなかったりします。

ですが実際は、調剤薬局には、調剤事務も働いているのです。しかも調剤事務は、薬剤師の様に資格や専門知識がなくてもなる事が可能だったりします。

そんな調剤事務の仕事は、患者さんの応対や調剤報酬請求等の事務仕事に、薬剤師のサポート業務です。そして利点としては、正社員としてだけでなく、パートとして午前だけ働いたり、勤務時間を選べる薬局が少なくない事です。

お陰で主婦が育児や家事と両立しながら、働いているケースも少なくなかったりします。そんな風にライフスタイルに合った働き方が出来る点は、魅力的です。

ただし調剤事務で安定した収入を得るには、やはり正社員として働く必要があります。そして正社員として働くには、資格検定試験に合格して、民間資格を取得する事がおすすめです。というのも、調剤事務には薬に関する基礎知識は必要であり、検定試験で資格があれば、仕事探しで有利だったりします。

しかも検定試験も、比較的難易度が低く、通信講座を受講する事でも取得可能であり、手軽に取れます。

調剤事務の検定試験について知っておきたい事

調剤事務というのは、薬剤師と共に調剤薬局で働く仕事です。そのため、薬剤師の様に専門知識や資格を取得する必要がある様に思われがちですが、調剤事務は、資格の取得が絶対条件ではなかったりします。そのため、薬学や医学に関する専門知識がなくても、働く事が可能です。

そんな調剤事務として働く利点は、フルタイムで正社員として働くだけでなく、パートタイマーとして時間を限定して働く事も可能な点です。お陰で主婦が育児と家事をこなしながら、働くというケースも珍しくなかったりします。

しかも調剤薬局は、街中に多く存在するので、上手く探せば、通勤が便利な近所で見付ける事も可能です。更に調剤薬局は、将来的にも需要が見込める存在なので、この仕事を覚える事で、将来的な仕事の確保にも繋げる事が出来ます。

調剤事務は、資格も専門知識もなく行える仕事とはいえ、薬に関する基礎知識は必要だったりします。そして現実問題として、資格があった方が、仕事探しでも有利です。そんな調剤事務の民間資格の取得法ですが、検定試験を受けて合格を目指す事になります。

しかもその検定試験は、通信講座を受講する流れで、自宅で試験を受けて資格取得出来るモノも存在するのです。なので調剤事務として働きたいなら、先に検定試験を受けて資格を取得する事をおすすめします。

調剤事務は通信講座で資格所得可能

調剤薬局とは、病院で処方される薬の事務を中心に行う薬局のことです。以前は、処方される薬は、病院でもらい、治療代金と一緒に精算されていましたが、最近では、病院では治療費だけを支払い、薬は調剤薬局でいただく形が一般的です。そして、この調剤薬局に勤めるためには、調剤事務の資格が必要とされています。

普通の事務とは違い、調剤報酬請求事務、通称レセプト作成ができなければならないことから、薬剤のある程度の知識が必要になります。学校等に行かなくとも、通信講座で勉強することができ、仕事をしながら資格取得が安易にできます。

薬剤の知識と言っても、薬剤師並の知識も必要なく、資料を見ながらのレセプト作成が主な仕事ですから、学習内容もそれほど大変ではありません。通信講座で、添削なども丁寧に行ってくれ、必要となる資料やテキストもすべて揃っています。

現在の仕事をやめることなく、将来の資格取得のために調剤事務の勉強をしたいと思っている方には、通信講座がおすすめです。調剤事務の仕事は、パート等の業務体系で勤めることができることから、子育て中の女性などにも最適です。これからますますニーズが高まる仕事であり、有効な資格と言えます。

調剤事務の資格の難易度について

調剤事務とは、調剤薬局で勤務し、主に調剤報酬請求事務を中心に事務全般や薬剤師の補助業務を行うというのが仕事です。ただし、調剤業務に関しては、直接行う事はなかったりします。というのも調剤事務は、薬剤師の様に国家資格を有して初めて行えるという仕事ではなく、この仕事に就く際に絶対に必要な資格はないです。

なのでそもそも、調剤業務を行う事は出来なかったりします。ただし薬剤師が指示した上で、アシスタント的な補助的立場として、調剤業務をサポートする事はあります。同時に薬の整理といった業務を行う事もあるのです。そのため調剤事務の仕事を行う上では、薬に関する基礎知識が必要となる場面は、それなりに多く存在します。

同様に、調剤報酬請求事務や処方箋の入力業務の際にも、基礎知識があれば有利だと言えます。なので調剤事務の仕事を行うなら、民間の資格を取得する事がおすすめです。もっとも医療系の仕事であるため、資格を得ようにも難易度が高いんじゃないかと、警戒する人も少なくなかったりします。

ですが調剤事務の場合、資料を見ながら仕事をこなすという機会が多いものです。そのため資格試験も、テキストを見ながら必要な種類を作成したりするので、難易度的にはそれ程高くはないと言えます。

調剤事務の資格を独学で取るには

注意してみると、街中にはそれなりに多くの数の調剤薬局が存在しているものです。そのため調剤事務として働く事が出来れば、仕事を探す際には、かなり有利になります。しかも調剤事務の仕事が魅力的なのが、午前限定といった形でパートタイマーとして働いたり、フルタイムで働く等、勤務時間を選べる職場も少なくない事です。

しかも調剤事務は前記した様に、街中にそれなりの数存在しています。なので上手くすれば、自宅の近所で職場を見付ける事も可能だったりします。そのため、ライフスタイルに合わせた働き方も実現し易く、家事や子育てとの両立も行い易い仕事です。

更に調剤薬局は、将来的にも需要が見込める仕事なので、この仕事を覚える事で将来の働き口を確保する事も出来ます。

そんな調剤事務の仕事ですが、薬を取り扱う医療系の仕事なため、資格が必要だったり、専門知識が必要ではないかと考える人が少なくないです。ですが医師や薬剤師と違い、この仕事に就くために、絶対に必要な資格というのは特になかったりします。

ですが仕事探しをする上で、民間の資格を持ち、薬に対する基礎知識があった方が有利です。

そして調剤事務に必要な資格や知識の勉強法ですが、わざわざ専門学校に通わなくても、独学でも可能です。テキストを購入し、それで独学するという方法ですが、学校に通わずに効率良く勉強したいなら、通信講座という手もあります。

調剤事務の仕事につくための資格の種類

調剤薬局事務員になるには、看護師や薬剤師になるような資格は必要ではありません。未経験者とて調剤薬局に就職して、実務経験を通して、調剤事務を覚える方法もあります。もうひとつの方法は資格取得後、就職活動を行う方法で、現在は、こちらの方法が主に行われています。

調剤事務の資格の種類は、すべて民間資格で、難易度はそれほど高くはありませんし、これを選べば間違いはないといわれるものはありません。自分で知名度や合格率や難易度や、就職、転職にどれだけ必要か調べて自分に合ったものを探してみましょう。

具体的に見てみますと、調剤事務管理士で、日本医療事務センターが認定しています。年間6回奇数月に試験があり、受験資格に必要なものはありません。合格点70%以上、実技試験70%以上です。次は医療保険調剤報酬事務士で、医療保険学院が認定しています。試験は毎月行われ、自宅で受験できます。

受験をするためには、調剤報酬事務教育講座を受講終了していることが必要です。3つ目は調剤報酬請求事務専門士で、調剤報酬請求事務専門士検定協会が認定しています。試験は、全国9箇所で行われ、それ以外にもNTT回線とファックスを利用した通信試験もあります。

難易度により1級から3級までの3種類があります。もうひとつ、調剤事務実務士があります。医療福祉情報実務能力協会が認定しており、誰でも受験することが可能です。